スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

仮面ライダーW 第09話 『Sな戦慄/メイド探偵は見た!』

「さあ!おまえの罪を数えろ!」
数えねぇよ!!」

え?!まさか亜樹子が2号ライダー?!・・・なんてこたぁ思いませんでしたけど(笑)
の決め台詞・・・そうか、こういう活用法がw(笑) これは色々な場面で活用できそうですな。どこかで使いたくてウズウズしている私がいる。

翔太郎が大事そうに抱えているダンボールにはハードボイルド小説がぎっしり。その中に領収書を叩きつけ、”亜樹子のあのスリッパ”が翔太郎の後ろ頭に炸裂する。今日もいい音

「これ必要経費で落ちないの?!」
「ハードボイルド小説なんて必要経費でおwちwるwかぁw!!」

ハードボイルドを気取ってスタイルからそれらしく整えようとする翔太郎と、カッコばかりつけて・・・と小馬鹿にしたように鼻で笑う亜樹子のやり取りは軽妙で面白いですね。
面白いんですけど、本好きから言わせていただければ、スリッパで本をグリグリすんなよー!とツッコミたい。スリッパを本の上に置くなよー!大事に扱えよー!と。細かくてすみませぬ。

「お父さん一体何を教えてたんだろ?
 キミは、再教育して貰った方が良いと思うよー!」

亜樹子の言葉に強張った笑顔を浮かべて目を泳がせる翔太郎・・・。
亜樹子の父・鳴海壮吉は、すでに・・・・・。
翔太郎の脳裏に甦るあの”ビギンズナイト”の悲劇。血に染まった白いスーツ・・・。

連絡ぐらいつかないの?・・・と、翔太郎を覗き込む亜樹子の視線を避けるように落ち着きなく目を泳がせ、しどろもどろになりながら言葉を探す翔太郎。
その時、探偵事務所の呼び鈴が鳴った。久しぶりの仕事の依頼に大喜びの亜樹子は、翔太郎への質問を放り出して小躍りしながら行ってしまった。
翔太郎の心底ほっとした表情が印象的でした。

扉の向こうには一様に悲痛な表情をした5人の依頼人()が立っていた。

「お願いです・・・父を探してください!」

彼らは1人の失踪者の家族ではなく、5人の失踪者のそれぞれの家族・・・5人の依頼者だった。彼らの行方不明の家族には、『同じ職種』という共通点があったのだ。
その職業は・・・パティシエ



暗闇の中を、必死に身を引き摺って”何か”から逃れようとしている白衣の男。その行く手に薄気味悪く光る緑色の文字が浮かび上がる。

ニガサナイ


その文字は漆黒の闇に溶けるように歪み、次の瞬間、伸びる触手となって男に襲いかかる!



亜樹子のあのスリッパ、今週の文字は「あかん!」でしたねー。
東映ヒーローネットで、満を持して(・・・かどうかは知りませんが)発売された”商品名・亜樹子のあのスリッパ”。書かれた文字は「ありえへん」と「なんでやねん!」の2種類だけですが、後付けできるステッカーとかあればいいのに。
・・・・・つか、いろんな文字のバリエーションがあるストラップでもいいなー。
ガシャポンで出ないかなー。そのうち出るかなー。今から小銭ためな・・・。



今週のクレジットには永徳さんのお名前がありますねー。そろそろ永徳さんのキャラも登場してくるんでしょうかねー。期待が高まりますねー。テレマガに気になるシルエット+名前がありましたしねー。どのタイミングでご登場なんでしょうねー。今週はなさそうですけどねー。
ねー。


今回の依頼はなんとも不可解だぜ。
街中の名パティシエ達の連続失踪事件だ。
まったく・・・ダンディな俺には堪える仕事さ。
甘ったるいクリームの香りは、ハードボイルドには似合わねぇ・・・。


ハードボイルド小説の領収書を律義に亜樹子に提出して、必要経費として請求している時点で、すでにハードボイルドじゃなくなっていると思うんですが(^^;)
ハードボイルドに酔いしれる翔太郎に、亜樹子のスリッパが容赦なく炸裂します。

久しぶりの依頼なんだから、贅沢言ってられないのは翔太郎も承知の上なんでしょうねー。わかった、やるよ・・・としぶしぶ亜樹子から資料を受け取った。

「だから、お前は事務所に戻ってろ。」

どんなに亜樹子が口をとがらせて抗議しても、翔太郎には責任がある。今は亡きおやっさんへの責任が。残された娘・亜樹子をおやっさんに代わって守らなければならない。
そんな翔太郎の気持ちも知らずに、口を歪めて翔太郎の保護者目線をせせら笑う亜樹子に若干切れ気味の翔太郎。依頼人登場でその振りあげた拳も宙ぶらりんで終わってしまいましたが。

今回の依頼人(代表して・・・ということになるのかなー?)浅川麻衣から失踪した父親の資料を受け取る。彼女の父・浅川勇三は風都No.1のパティシエだった。

「警察は何をしてるのかねぇ・・・。」

翔太郎は顔なじみの刑事に話を聞く為に出て行った。
亜樹子と二人残された麻衣が呟いた。

「だぶん・・・原因はあのお屋敷だわ・・・。」

そういう大事な事は、翔太郎がいる時に伝えようよw。ねぇ。



風麺の屋台で、翔太郎は刃野と真倉から話を聞いている。
翔太郎とマッキーの掛け合いが楽しくて、何気に好きなんですよね。モモとウラみたいで。

「そいえばまだ・・・一か所だけ調べてねぇ所があったな・・・。
 浅川勇三が消えたと言われている現場・・・あの有名な、園崎家だ。」

刃野の話によると、園崎家を捜査しようとして門前払いを食らったらしい。
これまでの琉兵衛さんを見てると、決して声を荒げたり、威嚇する様な物言いをしたりはしていませんけど、むしろ穏やかな物腰ですけど、対面した時「この男はヤバイ・・・」と本能が警告する様な尋常でないオーラをまとっているんでしょうね、きっと。

警察を前に園崎琉兵衛羽こう言い放ったのだった。

「捜査なら自費でやるので、警察は立ち入らないで頂きたい。」



フィリップは地球の本棚で検索を開始している。絞り込まれた1冊の表紙には『PATISSIER』というタイトルが書かれている。(英語だ!英語で書かれている!)

「4人の被害者に共通しているのは、
 全員その屋敷にゲストとして訪れた事がある・・・という事だね。」

「園崎家では、甘いものが好きな当主の為に、
 週替わりで一流パティシエを読んで、スウィーツタイムをとるのが習慣らしい・・・。
 どうやらそこに何かありそうだな。」

亜樹子からフィリップに伝えられたらしい情報と、翔太郎が刃野たちから聞き込んで来た情報を合わせて、ようやく一つの方向が見えてきた。

「園崎・・・。」

フィリップの喪われた記憶の奥底で何か触れるものがあるのか・・・その名前を聞いた途端に思いに沈むフィリップ。ところで、いつも賑やかな亜樹子の姿が見えないようですが。

「そんなに心配なら会いに行きたまえよ。」

何気に亜樹子を心配する翔太郎とそんな翔太郎の心配を冷静に察するフィリップ。



園崎家では当主が午後の紅茶の味をいたくお気に召したようです。紅茶を入れたのは、今日新しく入ったメイド・・・・・そのメイドはモップ片手に屋敷内を所構わず疾走しています。

「そこかww!!トゥッ!!」

ちょうど帰宅した若菜の目の前に身軽に着地した新米メイド・亜樹子は遂にターゲットを追い詰めたようです。特製猫まんまを無理やりブリちゃん・・・違った、ミックに食べさせようと躍起になっている亜樹子を、茫然と眺めていた若菜がようやく我に返り、険しい顔をして問いかけてきました。

「ちょっと、あなた誰!?」

園崎若菜は風都のアイドル。アイドルに会えて素で大はしゃぎの亜樹子に、イライラと舌打ちし、「質問してるのは私よ!あなた、誰!!」と威圧的に質問を繰り返す若菜。
そんな若菜の不機嫌オーラなどなるっきり感じていない様子の亜樹子は、どこまでもマイペースに自己紹介。
「ラブラブ」ってなんなんだw。
信じがたいものを見るような若菜さんの表情が、なんだかとっても可愛かったです。



「亜樹子が潜入調査ぁぁ?!」

今回の依頼人、浅川麻衣は父親の弟子のパティシエなのだ。今週はその麻衣自身が屋敷に招かれたので、亜樹子はそれに同行し紹介してもらって、メイドとして潜入した・・・と、そういう事らしい。
あれほど言ったのに・・・・怖いもの知らずな上に非常識なほどの行動力。クラクラとめまいを起こし、天を仰いで顔を覆う翔太郎。亜樹子をフォローするために、慌ててガレージを飛び出していく。



その頃亜樹子は、園崎家で、メイド長にこっぴどく怒られていた。
若菜お嬢様やミックになんたるご無礼をw!
亜樹子の作った猫まんまを食べたせいで、ミック様は一発で元気をなくしたて・・・(^^;)

ソファーの上でテンション急降下のミックの後姿に、思わず「ミ・・・ミッックゥゥゥ!!!大丈夫かぁぁぁ!!」と絶叫してしまいましたよ、日曜日の朝っぱらから。
それにしてもブリちゃんてば、素晴らしい演技力です。ああ、抱っこしたい。

亜樹子の教育係を仰せつかった萌えないメイドコンビ(東映公式)が言うには、園崎家は普通のお屋敷と違って、飛びぬけて厳格なのだそうで。
何があっても「見ざる・言わざる・着飾る・聞かざる」が鉄則。
ご家族の方と、お仕事以外の時は、「会ってはならない」「話してはならない」「皆様の事を聞いてはならない」のだと言うのが絶対訓。

ムwwwリwww!亜樹子には絶対に、ムwwwリwww!!(レイコ風に)

先輩メイドの指導虚しく忽然と姿を消して、屋敷内をウロウロ嗅ぎまわり始める亜樹子。とりあえず屋敷内にいる人間の身辺調査を開始です。
似顔絵が上手いんですね、亜樹子。いつ描いたんだろう・・・なんて細かい事はこの際置いといて、意外な特技です。わかりやすいですしねー。



亜樹子を心配して園崎家の門前までやってきた翔太郎は、お屋敷から放たれる異様な威圧感、不気味なオーラ、只ならぬ気配に気圧され、思わず反射的に身を伏せてしまう。この屋敷は一体・・・!



お屋敷の調理場では、浅川麻衣がスイーツを作っている。(ああ、美味しそう・・・)この様子を厳しい目で見つめていたスキンヘッドで強面の料理長が麻衣に言葉をかける。

「まあまあみたいだな。親父さんほどじゃないが。」

そう言って背中を向ける料理長に丁寧に一礼する麻衣。
その後ろに湧いて出た亜樹子は、早速手帳に料理長の進藤について書き込む。

「感じ悪い・・・と」

いや、それ調査じゃなくて、亜樹子の感想だから(^^;)
料理長の厳しい言葉も当然・・・と麻衣は言う。園崎家の当主に招かれると言う事は、パティシエにとってたいへんな名誉らしい。
それでも、園崎家の面々は亜樹子の目には全部怪しげに映る。

美人なお嬢様。小うるさいメイド長。噂好きのメイドたち。無愛想な料理長。
亜樹子は絵に描いたような人物が目白押し・・・と言うけれど、どのあたりがどのように怪しいのか、根拠はなさそうな感じですよね。いうなれば・・・亜樹子の勘?・・・・ていうか印象?

「父はこの業界の宝なんです・・・。」

パティシエの頂点に立つ父を敬愛している麻衣を見て、名探偵の父を持つ自分と重ね合わせているのでしょうか、にっこりとほほ笑んで、力強く「大丈夫!」と太鼓判を押す亜樹子。
亜樹子もなんだかんだいって、父親・鳴海壮吉を尊敬しているのだろうなーと感じました。

その時。
窓の外に、ガタックゼクターが・・・クワガタモードのスタッグフォンが!
急いで亜樹子が外に出ると、門の外には翔太郎がたっている。

オイコラ・・・スタンドプレイもいい加減にしろよ!」

この屋敷が危なそうな所だって知っているのかよ!・・・そんな翔太郎の心配にも聞く耳持たず、知ってるから潜入捜査したんじゃなーい!と得意気な亜樹子。

「名探偵、鳴海亜樹子の出番だわ♪」
「名探偵のー!!鳴海亜樹子の間違いだろ!?」

「俺の方がおやっさんに探偵のイロハを教わってるんだから言う事聞け。」とか「ちゃんと教わってハーフボイルドなんだー。」とか。それぞれの図星を突く突く(笑)
そのたびに「かっちーん」とSEが入るのが妙に可笑しいです。

しかし・・・。
「そもそもキミは、お父さんの事をちゃんと話さないじゃない!」
という亜樹子の一言に、翔太郎は表情を一変させる。翔太郎が言葉を詰まらせているのを、自分が言い負かしたと勘違いしたのか、所長の報告を待っておれwと得意気にお屋敷の中に帰って行く亜樹子。



どこか辛そうに沈んだ表情で事務所に帰っていた翔太郎に、フィリップが問いかける。

「そろそろ亜樹ちゃんに・・・・真実を話さないのかい?

 いかにして僕たちがWになったのか・・・

 あの日・・・・・ビギンズナイトの事を・・・!」

弾かれた様に顔を上げ、驚いてフィリップを見上げる翔太郎。
ビギンズナイト・・・・それは翔太郎にとっても身を引き裂かれる程辛く悲しい夜。いつかは亜樹子に父親の死を伝えなければならない・・・・それは、亜樹子が初めて鳴海探偵事務所を訪れた日からずっと、翔太郎の胸の中にあった重く苦しい澱。

「このままずっと伝えないわけにもいかないだろう。
「言えるかよ!」

フィリップの言葉を遮り、居た堪れないように翔太郎が叫ぶ。

「俺が・・・・この俺が・・・・・おやっさんを殺しちまったなんて事を・・・・・。」

その言葉に、フィリップもゆっくりと顔を背ける・・・。

翔太郎は、おやっさんの死を自分のせいだと思っている?それは単純に自分を庇って代わりに凶弾に倒れたから?それともビギンズナイトには、まだ語られていない真実が・・・・・・あああ、それが12月12日公開の劇場版で語られるのかな?



浅川麻衣が作ったスイーツは、琉兵衛さんの舌を十分に満足させたようです。

「うん、良い出来だね。このところでは”当たり”だな。」

今日は何というパティシエだったかな・・と名前を思い出そうとする琉兵衛さんの言葉を物陰から聞いていた亜樹子が、急いで麻衣を引っ張ってきた。

琉兵衛さんを見て「凄いオーラだな」と言っていたくせに、本当に物怖じしない娘ですねー、亜樹子って。

「今日のパティシエはこの人ですぅぅww!浅川麻衣さんでwwす!」

冴子様はこのところいつも不機嫌であらせられるけど、ますます不機嫌におなりです。氷点下の眼差しで「質が下がったものね、この屋敷のメイドも!」と一瞥し、メイド長を慄かせています。
琉兵衛さんはさすが大物ですね、毛ほども揺るぎません。麻衣はめでたく名前を覚えていただけたようです。

若菜姫は亜樹子を見て実に楽しそうに笑っています。

「この子意外に面白い! わけわかんない!

というセリフがツボでした(笑)
若菜姫が本当に亜樹子を気にいって面白いと笑っていたのか、それとも亜樹子の登場で冴子が実に不機嫌な顔をしてイライラしている事が面白いのか・・・。私はなんとなく後者なんじゃないかと思ったんですけどね。

「新人メイドくん。君も、覚えたよ。」

琉兵衛さんの頭の中に亜樹子もインプットされてしまいましたよ。これは後々まずい事にならなきゃいいですけどね。



破天荒な新人メイドにキィィィっ!!となったメイド長に説教を喰らっている途中、亜樹子の目に、辺りの様子を窺うようにして木立の中に消えていく料理長の姿が飛び込んできた。メイド長を振り切って料理長を追いかける亜樹子。



園崎家の門前で心配そうに中を窺う翔太郎のスタッグフォンに、フィリップから衝撃の検索結果が届いた。

「次に狙われるのは、浅川麻衣だ!」

犯人は、風都パティシエのランキングの上位から狙っている。雑誌にはベスト5までしか掲載されていないが、検索の結果第6位に浅川麻衣の名があったのだ!今、麻衣は疑惑の園崎家の中にいる。一刻の猶予もない。早速乗り込もうと門に近づいた翔太郎は、厄介な奴に捕まってしまった!

「君は、若菜ちゃんのストーカーだな?」

園崎霧彦・・・!名誉挽回に屋敷のまわりを巡回しているってわけではないでしょうが、これから屋敷に乗り込もうと言う時に、まずい相手です。若菜姫のストーカーと勘違いしているようですが。

「ちげーよ!ファンではあるけどストーカーじゃねぇよ!」
「見え透いた低次元の言い訳・・・これがこの街の若者の実体か・・・。
 聞きたまえ。私はね、こよなくこの風都を愛している。」

この男・・・よく見たらどっかであった事がある・・・・。霧彦の顔をマジマジと見、翔太郎が呟く。
そういえばアノマロカリス・ドーパントの回に、変身前の姿で一度この二人はすれ違っていましたっけ。

「お前・・・よく見たらどっかで・・・・!」

思い出そうとする翔太郎の唇をギュッと指でつまんで塞ぎ、霧彦は遠い目をして語りだした。

「良いから!沈黙して聞きたまえ。
 私がいかにして成功し、この街の名士となりえたか・・・!」

なんかおかしい。一体どうした・・・どうしたんだ、霧彦さん!



人目を気にするように庭の奥へと歩いていく料理長を亜樹子はこっそりと尾行していく。やがて立ち止り屈んで何かをしている料理長に、亜樹子はモップを振りかぶって声をかけた。

「何をしてるんですか!!料理長!!」
「・・・・・・見たな・・・・・。」

振り向いた料理長の鋭い目に、緊張が走る・・・!
その手に握られているのは・・・アイアン(・・・ですよね、コレ。ゴルフの事はよくわからないですけど)

「練習してたの、黙ってってくれよ。オレ、下手でさ。うふふふふ♪」

意外と可愛らしいおじ様でした>料理長(^^;)
肩すかしをくらった亜樹子も脱力したような、ホッとしたような微妙な表情。



「ご主人に気に行っていただけた・・・お父さんみたいに・・・。」
 
調理場に戻った麻衣は、嬉しそうに呟いた。その時、背後から奇妙な声が聞こえてきた。

「お前は私の舌先に乗る資格を得た。」

振り向いた麻衣は、壁に浮かび上がる奇妙な文字を見た。

オメデトウ


たちまちその文字は溶けて一つになり、触手となって麻衣に襲い掛かる!足を絡めとられ、どんどん壁に引き摺りこまれていく・・・!



「その時だ!僕が運命の女性に出会ったのは!!ふふふ・・・それは偶然じゃない!」

霧彦さん・・・・・ストレス溜めてるんだねぇ・・・(ノ_;) 見ていて翔太郎に「話くらい聞いてやれよ~。」と思ってしまいました。いつかきっと認めてもらえるよ!頑張れ!霧彦さん!

屋敷の中から絹を裂く女性の悲鳴が聞こえて来る!霧彦の手を振り切って門をよじ登り、屋敷内に突入する翔太郎!その目に飛び込んで来たものは、触手に絡め取られていましも壁に引き摺りこまれようとしている浅川麻衣の姿だった!一刻の猶予はない!

「ドーパントだ!フィリップ!」

Wに変身!ひゃっほー♪(スミマセン・・・)
こう言う所が高岩さんは上手いなぁ・・・と感心してしまうんですが、変身してすぐに調理場に向かって真っすぐ走って行くんじゃなくて、走り出そうとして入り口を探すんですよね。視線を一瞬左右に走らせて。細かい芝居ですけど、自然でリアルですよね。
そして、緊急事態だったり、不測の事態だったりすると、Wの動きがドタバタする辺りが翔太郎ぽい(笑)ハードボイルドの仮面が外れちゃうと言うかなんというか。

麻衣を引っ張り出した拍子に、壁の中からドロドロベトベトしたクリーム状の塊が飛び出し、弾みながら屋敷の外へと逃げていく。クリームにまみれたWも、麻衣の無事を確認して外へと飛び出していく。

自分の自慢話を聞いてくれそうなストーカー君を追いかけてきた霧彦さんは(ノ_<。)、屋根伝いに追いかけっこをする謎のクリームの塊と宿敵(・・・と霧彦さんが一方的にライバル認定しているように思えるのですけど・・・)仮面ライダーWを目撃し、ナスカドーパントに変身する!
これはチャーンス!汚名返上のチャーンス!と思ったのかも(^^;)

クリームの塊は形を得てドーパント態に変態した。追いかけてきたWの「なんだ?こいつ・・・」って時の動きが翔太郎だー、と喜んでみてました。このシーン(笑)

毎週毎週、同じ事しか書いてないですけど、サイクロンジョーカーの蹴りアクションがカッコよすぎて、変身した後のレビューが遅々として進まないという弊害がw(爆)あああ・・・もう一回見よう♪
カッコいいなぁ・・・ホントに。41歳にしてこの柔軟性とキレ。キックのフォームホントに綺麗で・・・見惚れちゃいますって。

サイクロンジョーカーの絶え間なく繰り出される蹴りに、スイーツ・ドーパントは得体のしれないクリーム状の物体をまき散らす。両足にべっとりと付いたソレは、徐々に固まり始め、Wは動きを封じられてしまった!そこへさらにスイーツ・ドーパントのクリームが吐きかけられ、Wのソウルサイド・・・フィリップの腕も封じられ、ヒートにチェンジする事も出来ない。是ってい絶命のW・・・!



Wがそんなこんなの苦戦を繰り広げている時に、亜樹子は相変わらず屋敷内を嗅ぎまわっています。怪しい度チェック◎の料理長の当てが外れて、亜樹子的捜査は振り出しに戻ってしまった感じ?解決の糸口を見失って途方に暮れる亜樹子の目の前を、園崎の当主・琉兵衛が横切って行く・・・取り敢えず後を尾行け、琉兵衛が入って行った部屋をそっと覗くと琉兵衛の姿は忽然と消えていた。

「ご主人・・・さま・・・?」



クリームの硬化で動きを封じられたWは自由の利く翔太郎サイドだけメタルにチェンジ、シャフトにバットショットが合体したソニックシャフトの超音波で、硬化したクリームを粉砕して自由を取り戻した。
高岩さんはシャフト見たいな長物の取り回しも綺麗ですよねー。あああ、もう一回見よう♪
レビューが進まねーったら(笑)

シャフトで吹っ飛ばされて地面に転がっているというのに、意味不明の事を口走るスイーツ・ドーパント。

「ありふれた平凡な菓子を舌先に乗せると、私はそれだけでもどしてしまう・・・。
 極上のスイーツがないと生きていけないのだよ。」

「てめぇ・・・何を勝手な事・・」

スイーツ・ドーパントめがけてシャフトを振りあげたWを後ろから攻撃した者がいた。斬りかかってきたのはナスカ!

「面白い場所で会ったね、仮面ライダー君。
 今日こそ君を倒して・・・その秘密を暴く!!」

「今相手をしている暇はないんだよ!!」

焦るWに、ナスカとスイーツ2体のドーパントが襲い掛かる!その様子を木陰から眺めている園崎冴子。

「ダブル・・・・」



大階段をゆっくり降りる園崎琉兵衛。その手にはドライバーが握られている。

「ずいぶん屋敷が騒がしいなぁ・・・。」

琉兵衛の手を離れたガイアメモリがドライバーに吸い込まれる。
「うぉおおおおおおおおおおお!」

雄たけびと共に琉兵衛の身体が宙に浮かびあがり、禍々しい青い光に包まれたその姿はテラー・ドーパントへと変わって行く。

・・・と言うところで待て、次週ですね。今回はスイーツ・ドーパントの正体も謎のままだし、コメディーのようで何気に亜樹子の父・鳴海壮吉の話が辛くて切ない影を落としています。
次週、翔太郎は亜樹子に真実をつげるんでしょうかね。




やったー!1時間を残して、今日中にUP出来たぞ。私はやり遂げた。
よし!ご褒美に・・・・・も一回Wの蹴りアクションを見よう・・・♪
誤字脱字、後で直しまーす。




 

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

真実は一つ

今回は美人なお嬢様に小うるさいメイド長、噂好きのメイドたちに無愛想な料理長と探偵物にはよくある人物が揃ってましたね。
浅見光彦とかと津川警部シリーズとか好きな私としては、
誰が犯人か推理したくなりましたよ^^
しかし、何か足りないような?
そうです!
橘さんが見ていた(ナズェミデルンディス!!)…じゃなくて、
『家政婦が見た!』でおなじみの家政婦さんがいませでんしたね。
おしい!

>亜樹子の教育係を仰せつかった萌えないメイドコンビ(東映公式)

私は亜希子に萌えなかったです^^;
どうも亜希子は子供っぽくて……
あの亜希子のウザさって子供のウザさなのかな?
と最近思ってきましたw子供ならしょうがない。
あと個人的にメイドは夏みかんが似合うと思います!(独断)

>窓の外に、ガタックゼクターが・・・クワガタモードのスタッグフォンが!

カブトゼクターが天道を呼びに来たのを思い出しました。
トントンと窓を叩くのが可愛かった。
しかしカブトゼクターは麺も切れるから性能上ですねw

しかし翔太郎と霧彦さんが出会うあのシーン。
普通は正体を知らないライバル同士が合うシーンて緊迫するシーンのはずなのに、
突然自慢話をしだす婿養子とドン引きする探偵とはw
本当にWはコメディですね。
霧彦さんが名護さんに見えてきましたw

そういえばサイクロンは
華麗な高岩さんの蹴り技が見れるのでいいですね。
わたしも何度も見返してます。
もう立派な高岩者でしょうかw

そして次回は謎解き…。
誰が犯人でしょう?
あの太ったメイドが本命かな?とか思いますが、
もしかしたら依頼主の娘さんのお父さんとかはないですかね?
そうすると悲劇ですが、
意外とシビアなWならあり得るかとも思ったり…
と探偵物っぽい楽しみ方もできますよね^^

映画のCM観ましたが、ディケイドが悪役っぽい顔になってませんでしたか?Wのビキンズナイトや仮面ライダースカルも楽しみですね~。ああ12月が待ち遠しい…。

第09話感想

SHT>
粘着大苦戦のみならず、吉本新喜劇ネタも被っている様ですね。
万人向けオーソドックスな戦隊と、若者向けマニアックなライダー。

仮面ライダーW>
翔太郎と刑事コンビの警察コントが、板に付いてきた様子。
「ビギンズナイト」と、何気にリンクするエピソード。
コミカルさと、翔太郎の陰影バランスが、ハードボイルドっぽくGJ。

園崎家へメイドに化けて潜入した亜樹子。園崎ファミリーから浮きまくる浮きまくる。
化け猫ミックを取り押さえる場面は、ある意味肝っ玉が太いですね。

メイドの凸凹コンビとは、トリオが組めそうな雰囲気。「園崎家三馬鹿トリオ」結成か?
今後も園崎家に出入りして、ギャグで笑わせてくれそうですね。

甘党で、スイーツに五月蝿い琉兵衛氏。
此のさり気ない場面で、強烈な存在感を発する寺田 農氏。首領の貫録充分。
亜樹子の存在も「よきに計らえ」と鷹揚に構えておりますが、その正体を知った日にゃ、
烈火の如く激怒するのは必至の展開ですよね。

其れに引き換え、ショボさ丸出しの女婿・霧彦君の、明日はどっちだ?
翔太郎を相手に、躁状態で捲し立てる展開は、鬱病怪人変貌への布石か。

明智小五郎シリーズ>
先日再放映の『黄金仮面』で、何と伊吹 五郎氏が黄金仮面役を怪演。
役名も『ロベール佐藤』って、思わず吹き出しそうになりました。

毎回ラスト、殺された筈の被害者が出現(名探偵の変装)
            ↓
居並ぶ容疑者達を前に、真犯人の正体とトリックを開陳。
            ↓
変装を解いて、名探偵颯爽と登場。陰影を含んだ大団円、が定番でした。

浴室や寝室で、美女や美少女に襲いかかる猟奇的犯罪者達。
エロスとスリラーに満ちた江戸川乱歩世界を、Wでも魅せて欲しいものです。
翔太郎とフィリップ、どれだけ名探偵振りを発揮するか?

こんにちわ、仮面ゲスト様!

人見さんのメイド姿、可愛いですよね~。本編ではお顔は出てませんけど、ご自身のブログで披露されているのを見て、か~わいいなぁ~・・・とすっかりおっさん化してました(笑)

亜樹子って、やんちゃな仔犬と言う感じですよね。リードがピンと張ってもうそれ以上前に進めないのに、必死で飼い主引き摺って散歩してるような(笑)飼い主の言う事なんててんで聞きやしない感じで。
フィリップは猫っぽいですけど。
飼い主の翔太郎は大変だー(^^;)
亜樹子役の山本さんの芝居、私も好きですねー。間が良いです。それにクルクル変わる表情とか。おっしゃるとおり、芝居臭さがない所が私好みです。

Wの後姿!セクシーでございましょー?!ボディラインの曲線が綺麗なんですよね。男の方に変な言い方ですけど。カメラ位置を常に頭に入れてらして、どういう角度でどのように立つと綺麗でカッコいい画になるのか、意識してやってらっしゃるのか、身についてらっしゃるのか。それプラス、高岩さんから滲みだす”何か”です。多分(笑)

こんにちわ、白いのさん!

今回のW 、言われてみればちょっと火サスの香りが・・・(笑)
探偵物にはデフォルトな人物が目白押しだったわけですね。やはり、亜樹子が市原さん(家政婦)のポジションなんじゃないかと・・・。

亜樹子は白いのさんの守備範囲じゃないのかー(^m^)
なるほど~、子供はダメ・・・と φ(.. )メモメモ
夏ミカンはメイド姿が似合いそうですね。てか、ディケイドでメイド姿を披露してましたっけ。可愛かったですよねー。

スタッグフォン・クワガタモードは絶対ガタックゼクターに見えますよね!顔にまで力の入った加賀美君が駆け込んできそうな気がしてなりません。

>霧彦さんが名護さんに見えてきましたw

そういえばw(笑)最近は登場するたびに「がっ・・・頑張れっ!」と声援を送ってしまいます>霧彦さん。
とっても美味しいキャラですよね。人気が出そう・・・。

>そういえばサイクロンは
>華麗な高岩さんの蹴り技が見れるのでいいですね。

そうなんですよー!もう変身すると嬉しくって!身体の中心にしっかり芯が通っているからなのか、回し蹴りでもハイキックでも飛び蹴りでも、身体がぶれないんですよね。決してバランスを崩したり、フォームが乱れたりしない。身のこなしが本当に美しいです。
ああ、かくありたいです。憧れるなぁ・・・。

犯人・・・私も最初の犠牲者・浅川 勇三かなーと思ったんですよね。スイーツに魅入られた者の末路・・・なのかなと。トップを守り続ける事って、物凄くプレッシャーもストレスも掛かりそう・・・。

12・12の劇場版、CMでそろそろ断片的な映像が流れ始めていますね。気になる場面もちらほらと。
名ばかりの最終回から3カ月も開いて、テンションが持つかなー・・・と自身が無かったんですが、予告を見るとやっぱり気になってきますし、俄然楽しみになってきますよね♪ 

こんにちわ、M NOMさん!

今週は、ベトべトなものに固められるSHTでしたねー。本当に共通項があって楽しいです>SHT

そろそろ12・12の劇場版に向けて付箋を打ってきましたね。今週のお話で「ビギンズナイト」というキーワードが急に重みを増した気がします。「俺が殺した・・・」と言う翔太郎の心にも深く大きな瑕跡がありそうですし。ビギンズナイトに一体何があったのか。気になります。

>化け猫ミックを取り押さえる場面

そうですよね!言われてみれば仰る通り!怖ww。ミックってば、スミロドン・ドーパントじゃないですか。いや~・・・・知らないって幸せな事ですよね。

寺田農さんの存在感は凄いです!穏やかな物腰のセリフ回しばかろだと言うのに、この言い知れぬ不安と圧迫感はなんでしょう。理由もなく物陰に隠れたくなるような・・・。さすがですね。

その反対に、霧彦さんが登場するたびに、涙で前が見えません(笑) 霧彦さんに明るい未来がやってくるんでしょうかー。最初は気障で切れ者・・・みたいな印象だったんですけどね。段々面白キャラに成長しつつあります。全裸で登場した時点で気付くべきでした。

今回は探偵物のドラマの香りが強いですよね。犯人がわかってませんしね。来週までの1週間、犯人探しであれやこれやと頭を悩ませそうです。

>先日再放映の『黄金仮面』で、何と伊吹 五郎氏が黄金仮面役を怪演。
>役名も『ロベール佐藤』って、思わず吹き出しそうになりました。

それ、見たいです!私もロベール佐藤に会いたい(笑)

こんばんは

今回もダブル面白かったですね~!
スーパーヒーロータイムオープニングでのフィリップくんの「青と緑でサイクロントリガーみたいだ」にしょっぱなから思わず吹いてしまいました。
そしてアキコ、萌えないメイド先輩の浜田さんの「破壊的な新人」て言葉がツボでした(笑)
それからダブルの主題歌、元JUDY&MARYのタクヤさんだったのが個人的にとっても嬉しかったです!バンドブーム世代なもので(^_^;)つい興奮してしまいましたo(^-^)o

こんばんわ、マミーさん!

今週のWは、かなりミステリー色の濃い展開でしたねー。犯人=ドーパントの正体が皆目見当がつかない・・・というのも気になるところです。コメディーパートもテンポよく、おやっさん絡みのシリアスパートも劇場版に向けて布石を打ってきましたし。来週が楽しみですね(^^)

SHTのオープニング、何気に面白いですよね!最初の頃、<strong>W</strong>が終わった後にもやっていたセッションも楽しかったんですけど、もうやらないのかな・・・。カブトのころは毎週やっていたんですけどねぇ。

>ダブルの主題歌、元JUDY&MARYのタクヤさんだったのが個人的にとっても嬉しかったです!

ああ!そうなんですか!JUDY&MARYは名前は聞いたことあるなぁ・・・と思って検索してみたら、1993年テビューなんですね。
私はちょうどその頃は下の息子が生れて、2人の子育て真っただ中でしたよー。一番、自分の趣味から遠ざかっていた時代ですねー。
それはそれで楽しかったんですけど。(自分の息子で遊んでたし。(笑))

カブトと言えば…

確か、今をときめく水嶋ヒロさんでしたよね。山本裕典さんも一緒でしたよね!ライダーでイケメンパラダイスでした(笑)
おばあちゃんが言っていた…かっこ良かったです(^^)ライダーから人気者になる俳優さん多いですね。カブトといい電王の佐藤健さんといいイケメンパラダイスです(2回め)
そして桐山さんシンケン千明、源太同じ事務所なんですよね!これまたイケメンパラダイスです3回めでしたすいません(^_^;)

そうですね。

最近は、どのドラマを見ても、必ずライダー出身者が御出演されている・・・と言う感じですよね。
他にもオダギリジョーさんとか、要潤さんとか、半田健人さんとか・・・。ライダーに限らず、SHTはイケメンパラダイスですねー(笑)
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。