スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

仮面ライダーW 第08話 『Cを探せ/ダンシング・ヒーロー』

「返しやがれ!!」
「ばかめ・・・。」

Wのドライバーから掠め取ったルナとトリガーのメモリを得意気に手の中で弄びながら、コックローチ・ドーパントは薄く笑う。
何とか取り返そうと追いすがるが、フィリップはまだ茫然としている上に、敵の動きが早くて捕える事が出来ない。何度か突き倒されフィリップも我に返り、状況を打開しようとヒートメタルにチェンジするW

突っ込んでくるコックローチ・ドーパントをシャフトで止め反撃に転じたのもつかの間、攻撃の隙を縫って、またしてもメモリを抜き取られてしまった!
コックローチ・ドーパントの手にはヒート、メタル、そしてルナとトリガー、4本のメモリが!

「へっへっへっへ・・・依頼は必ず果たす・・・。この4本のガイアメモリは貰っていくぞ。」
「何ィ?!」

気持ちの悪い笑いを残して、あっという間に姿を消したコックローチ・ドーパント。羽をパタパタすんなー!気持ち悪さ倍増するから!
地団太を踏んで悔しがるW

ルナとトリガーのメモリを奪われた後のWの動きがギクシャクしてて、フィリップがヘブンズ・トルネードに気を取られてるのかなーという印象でした。ヒートメタルにチェンジする前にソウルサイドの腕を2回振ったのが我に返ったサインかなと。
それにしても・・・背中のシャフトでドーパントの動きを止めた時のWのカッコいい事と言ったら!!翔太郎サイドが何かにつけて、いちいちカッコつけポーズを入れるのも楽しいというかカッコいいというかもう・・・!ヒャッホーな感じです。ヒャッホー♪

ドーパントを追って外に出た翔太郎は、茫然と座り込む弾吾の姿を見つけて詰め寄り、胸倉を掴んで怒りをぶつけた。しかし弾吾は抵抗もせずに顔を歪めて泣きそうになりながら呟いた。

「おい!!お前のせいでなぁ・・・!」
「もう駄目だ・・・・・あいつとは・・・完全に終わった・・・・。」

「ちょっと待って!!じゃあ・・・ヘブンズ・トルネードはどうなるの?!」

ゴミ収集車の荷台で意識を取り戻したフィリップが素っ頓狂な声で叫ぶ。


この手紙を投げ込んだのは、君なのね?」
おそらくあの後、翔太郎に連行されてきたのか、鳴海探偵事務所で弾吾が亜樹子に尋問されている。投げ文の依頼人はやはり弾吾だった。依頼人の癖に、目の前で鳴海探偵事務所の所長を名乗った自分の前から逃げた弾吾に憤慨する亜樹子。

「気持ちはわかる・・・中学生が所長じゃ・・・そりゃあ不安になるだろう・・・。」

同情するようにうんうんと頷く翔太郎に、亜樹子のなにわ美人スリッパが炸裂する!

「だ~れ~が、 美少女中学生やねん!!」

言ってねえわっ!!」

このパターンが定着しつつありますね。素敵です、亜樹子のどつき!あれは本当にクリーンヒットしてましたよね。迷いのない良い振り抜きでございましたw翔太郎のリアクションも素晴らしかったし!亜樹子にツッコミを入れる時のデフォルメチックな怒り顔がワタクシお気に入りでございます。いや、いいわー。鳴海探偵事務所の面々♪

目の前でこんな夫婦(めおと)どつき漫才が繰り広げられていても、弾吾は深刻な表情のままという・・・。そして翔太郎の切り替えの早さ。この温度差が今回とってもツボです。

「それより、どうして彼女が狙われてるとわかった?」
「闇の害虫駆除に依頼したの・・・・・・俺なんだ。」

つまりこう言う事だった。
1年前まで、弾吾と千鶴は最高のパートナーだった。
千鶴は二人で踊るダンスの事ばかり真っすぐに考え、弾吾はそんな千鶴が好きだった。
「二人で世界を目指そう。」
そんな夢を抱いてオリジナル技ヘブンズ・トルネードを練習し始めた矢先、千鶴が水泳部に入部してしまい弾吾とのダンスの練習に来なくなってしまったのだった。
理由を問い詰めても、「関係ない」の一点張りで理由を話そうとしない千鶴に弾吾は苛立ちを募らせ、ある日ふと見つけた闇サイト『闇の害虫駆除』に腹立ちまぎれに書き込んでしまったのだ。
・・・星野千鶴殺害を依頼する文章を。

「マジだなんて思わないだろう?!普通!
 だけど・・・そのサイトに名前を書かれた奴がマジで殺されるとわかって・・・!」
「それで依頼しに来たのか。あんな幼稚なやり方で。」

なんなのよそれ・・・自分勝手で最低じゃん!!嫌悪を込めて亜樹子が投げつけた言葉に、弾吾は黙って顔を歪める。
亜樹子に言われるまでもなく、弾吾が一番そう思っている事は確かですよね。心底後悔して、そうでなければこんなに必死に千鶴を守ろうとしない。

「わかった。とにかくやるべき事は一つだ。まず・・・」
「彼女と仲直りすれば、ヘブンズ・トルネード、出来るんだよね?」
「はぁ?!まずはあのドーパント見つけて退治だろぉ!!
 メモリ4つも奪いやがったんだぞ!!」

フィリップの頭にはヘブンズ・トルネードを見る事しかないみたいですね(^^;)翔太郎の怒鳴り声など耳に届いていないかのようにように(むしろ、まったく聞いちゃいねぇのかw)
踵を返してガレージに消えていくフィリップ。
フィリップの検索なしで、どうやってゴキブリ野郎の居場所を特定すればいいのか・・・途方に暮れる翔太郎。でもガレージまで追っていかないのは、こうなったフィリップは何をどう説得しても無駄とわかっているからなのだろうなぁ。鳴海探偵事務所で一番振り回されているのは・・・やっぱり翔太郎だなぁ・・・。がんばれ~!

地球の本棚に籠ったフィリップは検索を開始した。

「男子と女子」 「喧嘩」 「仲直り」

なかなか絞れないな・・・・ってそりゃそうですな。なんじゃそらですな。
そんな女の子向けティーン雑誌の特集の様なキーワード。甘酸っぱいです。
これが奥様向けだったら「男と女」「泥沼」「復縁」みたいな。うわー、ドロドロね(笑)
見たくない世界だなー。大人の世界はやーね。面倒くさくて。

フィリップは十数冊残った本の中の手近にあった1冊を無造作に開いて、そこに書かれた方法を実行に移す事に決めたようです。



フィリップの検索が当てにならないのなら・・・・ハードボイルダーを駆って街に出た翔太郎は、風都イレギュラーズの情報を元に闇の仕置き人の居場所を突き止める事にしたのだった。

サンドイッチマンのサンタちゃんはすぐに見つかった。急いで駆け寄り、翔太郎は彼の持っている情報を確認する。サンタちゃんが大きな袋から取り出したものは、ゴキスターにまつわる1冊の同人誌だった。

『風都 仕置き人疾る』 studio G‐★

漫画同人誌なのだが、話の通りに事件が起こるので「ゴキスターが作者なんじゃないか?」と街ではもっぱらの噂。(つか、はっきりくっきり<studio G‐★>って書いてあるし。)
つまりは・・・漫画版のあからさまな殺人予告。
しかし奥付にも居場所を特定できるような情報は書かれていない。この本から割り出すのは難しいか・・・と、渋い顔でページを捲っていた翔太郎が、ふとある事に気付いた。

この漫画に描かれている風景は、まぎれもなく風都の街。しかもかなりリアルに描かれている。この風景を辿っていけば・・・あるいは・・・!

『風都 仕置き人疾る』の一コマに描かれているボロアパート『五木荘』・・・・・えーと、電王の時は『大江戸荘』でしたねー。ヒーローの癖に良太郎が女の部屋で目覚めたという、あの優美さんの部屋は、Wではゴキスター・伊刈の萌え部屋に。
ちなみに「五木荘」は「いつき荘」じゃなくて「ごき荘」・・・。だろーね、うん。

部屋の主でゴキスターと思しき一人の男が、仮面ライダーから奪った4本の戦利品を自慢げに報告している受話器の向こうの相手・・・それは園崎霧彦だった。
一通り自分の生体コネクターにWのメモリを差して試してみたらしい男は、変化がない事に不満そうだ。霧彦は電話の向こうで妖しく微笑み、Wが装着していたドライバーが必要だから、奴を倒してベルトを手に入れれば、あなたはもっともっと素晴らしい仕置き人になれますよ・・・と優しく唆し、出来ますか?と虚栄心を煽る。
「簡単だ。」
ニタリ・・・と笑って自信満々に答えるゴキ男(←ひどい)

上手く男を焚きつけ、自分の謀略に自信満々の笑みを浮かべて電話を切った霧彦。その様子を冷ややかに見つめる冴子。思ったほど“使えない”夫に、妻はすっかり冷めきっているようです。自慢げに自分の計画を語り始めた霧彦の言葉をうるさそうに遮って、冴子は一瞥もくれずに言い捨てた。

「いいわ、言わなくても。結果で私を喜ばせて頂戴。」
「僕は君をがっかりさせるようなことはしないよ。」
「そうだったかしら。期待しないで待ってるわ。」

Σ(○Д○|||)うわぁぁぁ・・・・が・・・頑張れよ―、婿殿―。
あああ、Wの敵だから頑張っても困るかー。

でも・・・こうやって精神的に追い詰められて、どっかでバンっと突き抜けちゃいそうですよね、霧彦さん。このまま“残念な婿殿”で終わらずに、いつか化けそうな気がする・・・。

「私の力を見くびるな。
この害虫(千鶴)を駆除すれば、あいつ(W)も出てくる。
 両方とも完璧にやってやる・・・。」

片桐さんいいですねー。素晴らしいですねー。妖しい!怖い!気持ち悪い!伊刈の部屋の空気が淀んで据えた匂いが漂ってきそうです。もう目がイッちゃってますもん。まさにゴキスター!力に魅入られ、間違った正義感で自分がヒーローであると勘違いしてしまった男の狂気が伝わってきますねー。ブラボーです!

それにしても・・・同人誌の絵がとってもプロっぽい!!凄い!どなたがお書きになったんでしょーかー?!まさか・・・・・石ノ森プロじゃないとは思いますが・・・。
また描いている手の下に、原稿が擦れないようにティッシュを敷いたりして細かいところが妙にリアルです。そうそう、夏は何回か取り替えないと汗でしっとりしちゃうんですよね。

ゴキスター男が描いた原稿そのままに、街の中を何かから逃げ惑う千鶴。ぴたりを壁に身を寄せて辺りを窺っても誰もいない。怯えながらも一息つく千鶴の背後に影が迫る。
いきなり肩を掴まれビクッと身体を硬直させた千鶴がおそるおそる振り返ると、そこには見ず知らずの少年が立っていた。

「あれ?この捕まえ方・・・何か問題あった?」

まだ懲りずに外を出歩いてるんですね、フィリップくん。おいおい。



一方、アナログな方法で調査を続けていた翔太郎は、遂に五木荘に辿り着いた!描かれていたボロアパートそっくりの建物が目の前にある。

今思い出しましたが、キバん時は健吾がこのアパートに住んでたなーと。



さて、ヘヴンズ・トルネードを見ようと躍起になっているフィリップの仲直り大作戦は、亜樹子の協力のもと、着々と進んでいるようです。
愉快なアイマスクを着けられてガレージに連れてこられた弾吾は、リボルギャリーの中に押し込まれ、そこにいた誰かにぶつかった。

「千鶴・・・!」
「弾吾・・・・。」

二人揃ったところで、リボルギャリーのハッチが閉じて、突然閉じ込められた弾吾と千鶴はパニックに陥る。出せ!開けろとわめく二人の声が響く中、フィリップが検索した方法を亜樹子に説明する。

「仲直りする最高のシチュエーションを検索したらコレが出たんだ。
 暗くて狭い所で二人でじっくり話せばオーケーなんだって♪」

一体何から引っ張ってきたんでしょ、そんな方法(^^;)セオリー通りにいけば、世の中の男の子も女の子も苦労していないわけで。亜樹子の不安通り、暗くて狭いリボルギャリーの中で大喧嘩を始める弾吾と千鶴。



「伊刈さーん!宅配便でーす!」

五木荘のごき男の部屋をどうやって特定したんでしょうね。同人誌の中に描いてあったのか、それとも、見るからにボロアパートだから、住人はゴキさん一人だったり・・・?
ともかく。声を変えてまんまとドアを開けさせた翔太郎の顔を見て、慌ててドアを閉めようとする伊刈。その隙間に手を入れてこじ開け、指の関節を鳴らしながら部屋に踏み込む。

「あんたがゴキブリの正体か!代金はメモリ4本で勘弁してやるよ。」

慌てて部屋の中に取って返した伊刈は4本のメモリを抱え、コックローチのガイアメモリを片手に凄んで見せる。

「お前とやるのは星野千鶴を駆除してからだ!」

生体コネクターが足の裏って、とっても撮影に苦労したそうですねー。バランスとるのが大変だったとか。特に変身後。ガワを着てたら視界も悪そうだし。お疲れ様です!

コックローチ・ドーパントに変身した伊刈は、4本のメモリをひっつかんで窓を破って逃走した。すぐにスタッグフォンを飛ばして追跡を開始する翔太郎。



ますますヒートアップして、一向に仲直りする気配を見せない弾吾と千鶴。
逆効果じゃな~い?と言う亜樹子の言葉に凹み気味のフィリップは、目に入った弾吾のバッグからおもむろにラジカセを取り出した。
リボルギャリーの中では弾吾が千鶴の胸倉をつかみ、状況は最悪の雰囲気になっている。
その時、外から聞こえきたメロディに二人ははっと動いを止めた。この曲は。
突然涙を流し濡れた瞳で弾吾を見上げる千鶴。戸惑う弾吾・・・。
う~ん。甘酸っぱい・・・・・。



追跡してくるスタッグフォンに気付いたコックローチ・ドーパントは、青い変な粘液を飛ばしてスタッグフォン撃ち落としてしまった。

その移動の仕方がホントのゴキブリっぽいからヤメレ。ゴキブリにハエ呼ばわりされたスタッグフォンが哀れだ・・・。



二人で世界を目指して一生懸命ヘヴンズ・トルネードを練習していたこの曲・・・。リボルギャリーの中で、千鶴がポツリポツリとこれまでの想いと水泳部に入った理由を話し始めた。

いつも弾吾に引っ張って行ってもらうばかりだったから、もっとお互いの力をぶつけ合って高め合えるようになりたかった・・・。千鶴の告白に衝撃を受ける弾吾。
千鶴はダンスを捨てたわけじゃなかった。この曲でシンクロの練習をしていたのだ。
シンクロはバランスを崩したら成立しない競技だから、ヘヴンズ・トルネードを完成させる為の何かをつかめるかもしれない・・・そんな思いを抱いていたのだった
弾吾にも言わずに一人で頑張っていたのは、話したら甘えてしまうのが怖かったから・・・。

「だって私・・・絶対弾吾と世界一になりたかったんだもの。」

二人の間の誤解は解け、お互いの夢にかける思いを確かめ合い、微笑みあう。
も一回やろうぜ、二人で。

リボルギャリーの外で聞き耳を立てていた亜樹子は感涙にむせび、仲直り成功を喜んでフィリップの手を取る。ところが、フィリップは面倒くさそうに亜樹子の手を振り払い、リボルギャリーの中の弾吾と千鶴に催促する。

「そんなのどうでもいいから。
 二人ともー!!は・や・く・見・せ・て!ヘヴンズ・トルネードォォ!!」



「あ、取り込み中ごめん!
 こっちは解決して、これから弾吾くんと千鶴ちゃんに
 ウェーザーサイドスクウェアでヘブンズ・トルネード見せてもらう事になったから!」

亜樹子からの業務連絡を聞いていたのは、翔太郎ではなかった。粘液まみれのスタッグフォンを投げ捨て、ターゲットの星野千鶴がいるウェーザーサイドスクウェアにカサコソ急ぐコックローチ・ドーパント。



踊り始めた二人を、キラキラした目で見守るフィリップ。初めて見る少年らしい生き生きとしたフィリップの横顔を見つめ感動の表情を浮かべる亜樹子。

「私、フィリップ君のそんな顔、初めて見たかも・・・!」
「そう?」
「うん。でもその顔いいよ、フィリップ君!!」

踊りも最高潮に達し、いよいよ大技ヘヴンズ・トルネードに入る為に千鶴が助走を始めた途端、マンホールの蓋が勢いよく開いて飛び、千鶴の足を直撃した!
倒れ込み苦痛に顔を歪める千鶴。

やwめwれww!マンホールからその登場の仕方はヤメレww!!シチュエーションがリアルだからヤメレwww!身体が見えないと、本当に巨大ゴキブリ3兄弟の様だ。朝から怖気が走っちゃったじゃないですか!先週から思ってたんですが後ろ頭にチョロッっと見えるゴキブリの腹が生々しくて・・・おおお厭だ。

依頼人である弾吾がいくら「もういい」と言っても「依頼の撤回は許されない」と冷酷に言い放つコックローチ・ドーパント。千鶴を守ろうと素手で殴りかかる弾吾。

負傷して蹲る千鶴に駆け寄り、介抱するかと思いきや、「踊れる?踊れるの?ヘブンズ・トルネード!」と問いかけるフィリップ。亜樹子のスリッパ攻撃にもノーリアクションの熱心さです。おいおい。
千鶴は足を抑え、悔しそうに呟く。

「せっかく二人の波、掴めそうだったのに・・・!」
「波?」

それがキーワードだ!
ロックされた本が解錠し、ヘブンズ・トルネードの情報がフィリップの頭に流れ込んでくる。

「ヘブンズ・トルネードの鍵は、二人で生み出す波のリズム!」

ここの演出が洒落てて面白いですよねー。本から飛び出したページが連なり、アニメーションの様な手法で二人のダンスが映し出されてくなんて!鍵も綺麗だったし。このシーン好きだなぁ。



さんざんいたぶっていた弾吾が遂に崩れ落ちると、コックローチ・ドーパントは今度は千鶴の方に向き直って迫ってくる。
そこへハードボイルダーで乗り付けた翔太郎に「遅いよ」と一言言葉をかけて、さっさと変身の体制に入るフィリップ。なんだかやる気満々です。

たった2本残ったサイクロンとジョーカーのメモリで変身する二人!
サイクロンジョーカー、変身直後の手首回しとマフラーがはためくのが・・・あああ、癖になる。何度も巻き戻しちゃう。サイクロンだけに。・・・・・・すみませn・・。

「さぁ!おまえの罪を数えろ!」
「ふん!ここにあと二つ貰う!そのベルトもな。」

ヤメレww!翅を捲って仕舞うなよw!!
なんかヤダ。取り戻したらちゃんと消毒してね。ガイアメモリ。

ダンスが苦手と仰っていた高岩さんが再びダンスアクションに挑戦ってんで、先週からそりゃもう楽しみにしておりました。こんな言い方はとっても失礼かと思うんですけど、格段に上達されましたよね。特に「いよぉ、弾吾!」「あんたは好きに踊っててくれ!」から後は、ホントにカッコいいです!ちょっと見切れちゃってるのが残念ですよねー。Wのスーツがシンプルでスッキリしてるってのもあるかもしれないですけど、やはり高岩さんのプロポーションの良さを再認識したというか、ダンスは魅せるものなんだなーと感じたというか。
惹きつけられます・・・目が離せない!
ダンスの得手不得手はともかく、高岩さんてリズム感はいいですよね。電王の各種PVも先月のJAEイベントの歌の時も、曲に合わせて身体を動かした時、動きが曲に会ってましたもん。
高岩者の贔屓目?いやもう、どういう状況でどう動いてもカッコいいです。

「おい!本気かよ!俺たち戦ってんだぞ!!」

のところ、もう大爆笑で。右半身が勝手に踊ってるよw!しかもノリノリだよー(爆)。
左半身が動いてないのにー(笑)ホントに素晴らしいですねー!
現場の爆笑が聞こえる様だw。

弾吾とのセッションがもうもう!何度巻き戻したか!とてもダンスが苦手には見えません!
特に、ヘブンズトルネードに入る前の所!思わず吹き替えを疑って仕舞いました。
高岩さんのダンス引き出し、深く大きくなってますよね。なにが一番感動したって、苦手なものを苦手なままにしておかない所が凄いなぁ・・・と思うんですよね。最初にR電王が出てきたときのダンスは見ていて「高岩さん、頑張れ!」と思わず声援を送ってしまいましたけど、ディケイドのR電王の時は新しステップに挑戦してらしたし、今回のダンスシーンはドキドキしながら見入ってしまいました。もうすぐ41歳になられるというのに、まだまだ進化を続けてらっしゃるんですよねー。凄いなぁ・・・。
見習わなくちゃなぁ・・・。

ところで。金の卵の時に感じたんですが、高岩さん少し痩せられた様な気がするんですが。
Wをよりカッコよく着る為に体重を落としたのでしょうかねぇ。
それとも気のせいでしょうかねぇ。

弾吾と二人でキメたヘヴンズトルネードで、(またヘヴンズトルネードの体勢が、長い脚を惜しげもなく!これ、デフォルトの技にならないかな・・・。高岩さんが死んじゃうかー。だめかー。)コックローチ・ドーパントを圧倒し、奪われた4本のガイアメモリは無事Wの手の中へ戻った。
ヘヴンズトルネードがありえねー技なのは、これは特撮番組と言う事でおk!細かい事はこの際気にしない!カッコよかったから全て良しと言う事で。

「スゲェ・・・スゲェよ、あんた!(←ホントになー)
 今のがあいつが見たがっていたヘヴンズトルネードだよ!!」
「ああこれが・・・・ヘヴンズトルネード!」

意識がないはずのフィリップがニコリとほほ笑む。満足そうな微笑み・・。

「翔太郎!メモリブレイクだ!」
「おう!」

取り返したばかりのメモリでルナトリガーにチェンジしたW
マキシマムドライブ・フルバーストで、闇の仕置き人・ゴキスターはあっけなく消えた。
最後にトリガーマグナムを「ふっ」としてクルリと回すアクションが(笑)翔太郎のカッコつけポーズがいちいち昭和で笑っちゃうんですよね。昭和の人間としては見ていて嬉しくなっちゃう。

未練たらしく壊れたガイアメモリに手を伸ばす伊刈は、警察に連行されていった。この目は懲りてませんねー。絶対。なぜ逮捕されたのか納得してない顔してますもん。「俺は害虫を駆除しただけだぁぁ!!」なんて取調室で絶叫してそう。

伊刈が連行される様子を苦々しく眺めているのは、園崎霧彦。
彼はいつになったらミックを超えることが出来るのか!!頑張れ婿殿!



【報告書】
千鶴の足は大怪我にはならなかった。
いずれ弾吾と二人で世界を目指すだろう。
それにしても・・・・フィリップが。
今回は怪我の功名だったが、何かにのめり込んだ時のアイツは
迷惑以外の何者でもない。

翔太郎の報告書を横から覗き込んで亜樹子が口をはさむ。

「そんな事無いと思うよ。
 ストリートダンスの話をしている時のフィリップ君、凄くいい顔してたもん。
 あの情熱がフィリップくんを変えてくれそうな気がする。」

年相応な少年らしさを持たないフィリップを亜樹子は気にかけていたのかもしれないですね。亜樹子の表情に母性を見た!!のは私だけですか。
弾吾と千鶴から手紙が来ている。
復帰一発目のイベントで、遂にヘヴンズトルネードをやるつもりで練習を始めたらしい。フィリップの目の前に二人からの手紙を翳す亜樹子。けれど。

「興味ない。邪魔だよ。」

手紙を読みもせずに丸めてぽいと捨ててしまったフィリップ。
ヘヴンズトルネードを見る事が出来てすっかり満足してしまった彼の興味は、すでに別の所に向いてしまったらしい。

「それよりさ!凄い山を見つけたんだ!富士山って知ってる?」

お前はナイツか!と思わず・・・。
翔太郎のズッコケ方がナイスです(^^)いいなぁ。
やっぱり何かにのめり込んだ時のあいつは・・・迷惑以外何者でもない。



来週はWお休みなんですよねー。寂しい・・・ショボーン(´;ω;`)
なので次回はさ来週。何と亜樹子がコスプレメイドに扮して園崎家に潜入捜査!!

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

YOU TUBEにて鑑賞

ノラ様、こんばんは。
W初回放映時、所用で鑑賞出来なかったので、見出しの場所でチェックしました。
今週のSHT「舞踊で和解・仲直り」が、コンセプトでしたね。

ラストバトル。弾吾と組んで、ヒップホップファイトを展開するW。
シンケンジャーも拍子木リズムで、歌舞伎調のお囃子付き立ち回り入りだったら、
好対照な展開になっていたでしょうね。

コックローチにガイアメモリを奪われた翔太郎。
其の人間態。「キモい」の一言が、ピッタリ合っていました。
併しフィリップ。何もフェチな性分を、ドーパントに合わせなくても・・・。

仰っしゃる通り翔太郎と亜樹子、夫婦漫才の様相を呈して来ましたね。
まあ、この二人に恋愛模様は似合わないので、毎回この路線で笑わせて頂ければGJ。
弾吾と千鶴の仲直り検索でボケるフィリップも、良い味出していました。

併しWの正体、依頼人カップルに口止めしたのでしょうか? 鳴海探偵事務所の諸氏。

婿養子として肩身の狭い霧彦氏。
この先、園咲家で奈落が待っていなければ良いのですが。

鳴海壮吉のキャラネーム、ジャッカー電撃隊・行動隊長からも被っていました。
番場壮吉。益々、宮内氏の御出演に期待してしまいます。

ノラ様こんばんわです。

何かに夢中になったフィリップは翔太郎にとって迷惑な存在なのだ。
廻りが変人だらけで、(かっこつけだけど)唯一の常識人な
翔太郎は振り回されて大変ですねw
苦労してる姿は傍から見ていたら面白いですけどね^^
何か天道や他の変人ライダーに振り回される加賀美を思い出してしまいました^^;
そういえばなんとなく弾吾って加賀美に似てるなと
思ったのは私だけでしょうか?

Wはメモリ奪われても変身解除しないのは、
555のファイズフォンと一緒なのでしょうかね?
しかし、メモリーがないと必殺技が使えないというのも、
弱点ですね。その点クウガとかベルトが内蔵されてると、
便利w

Wはコメディチックですが、電王とは違った面白さがありますね~。
しかし、ゴキブリドーパントはいたるところがリアル過ぎてもうww中の人までキモいしww

そして高岩さんのダンス!
確かにリュウタロスの時より進化してますね!
流石は高岩さん!!踊りながら戦うのもかっこよかったです。
やはりスタイルがいいと何でも様になりますね~。
って最近はノラさんの影響なのかすっかり高岩さん信者ですよw困ったものです。

来週はWは休みですか~残念です。
メイドもそうですが、次のドーパントはスイーツ(笑)とかw
もうガイアメモリ何でもでもありですね。

そういえばWの主題歌もうすぐでますね。
あの歌テンポいいし、Wにピッタリで映像もかっこいいし
お気に入りです。
PVもいい感じです。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8610458
ノラさんは買いますか?
私はおそらく買います!
ディケイド主題歌も買いましたし、
私もどんだけはまってるんだって感じですね(苦笑)

とまた長文失礼しました。

こんばんわ、M NOMさん!

やはりSHTはM NOMさんがおっしゃるように、共通のキーワード、テーマがあるんでしょうか。面白いですね(^^)

Wのダンスアクションは見応えがありました!弾吾も生身の人間でありながら、なかなかのファイトでございましたねー。ノリノリのフィリップと息のあった所を見せてくれましたが、おいてけぼりの翔太郎が可笑しかったですよね。

コックローチ・ドーパントの人間態を演じたラーメンズの片桐さんの怪演が素晴らしかったですよねー。ゴキブリの人間態がいたらこんな感じという、得体の知れない気持ち悪さが(笑)片桐さんの額に、あの長く伸びた触角を幻視したのは私だけでしょうかー?ちなみに大好きです、ラーメンズ(^^)

鳴海探偵事務所の3人はいいコンビネーションですよね。亜樹子は翔太郎には容赦ないけど、フィリップは可愛い弟みたいな感じなんでしょうかね?今日は何となくお姉さんの顔をしてフィリップを見ていたような感じがしました。

>併しWの正体、依頼人カップルに口止めしたのでしょうか?

あ!!そういえば!!

霧彦さん、今回も企み失敗でどんどん園崎家での立場が危うくなってきましたね。冴子さんの冷たい対応を見るにつけ、毎回心の中で「がんばれ!婿殿!」と声援を送らずにいられません。そのうち化けると信じてます!

宮内先生、御出演していただきたいですねー。Wという番組の雰囲気にピッタリの大物ゲストだと思います!

こんばんわ、白いのさん!

Going my wayな人々の中に一人だけ一般常識人が混じってると苦労しますねー。カブトの加賀美君もそうですが、微妙なところで、実はモモタロスもそうなんじゃないかと私は思ってます(^^;)今回のお話、鳴海探偵事務所の可笑しな面々と弾吾&千鶴のシリアスパートがくっきり分かれていて、それでい一つのお話の中にあって絶妙な構成だなと思って見てました。

Wのメモリ、フォームチェンジやマキシマムドライブなんかで、しょっちゅう抜いたり差したりするから、抜いただけじゃ解除にはならないシステムになってるんでしょね。
ベルト内蔵型のクウガ!あれは盗ろうったって取れませんからねー、確かにw(^^;)

今回のドーパント、もうゴキブリを余すところなく体現してましたね!ドーパント態も人間態も(笑)トリガーフルバーストでぶっ飛んだ時は最高のカタルシスでしたし。片桐さんGJでございますv-218

>すっかり高岩さん信者ですよw

ふっふっふ・・いらっしゃいませ、高岩者の世界へ。
本当に憧れますよー。長い脚でキック・ステップ・キック・ステップて。小芝居も全開だったし(笑)あのダンスバトルの場面を何回繰り返して再生したか!

次回はスイーツだし、メイドさんだし、亜樹子メインだし
コメディ要素バリバリですが、公式観ると亜樹子の父・・・おやっさんの話にも触れてくるみたいですね。

動画情報ありがとうございます!!かーっっっっこいい!!これは良いPV!PVの内容次第でDVD付きにするか付いてない奴にするか決めようと思ってたんですが、迷わずDVD付きの方を買いですね!

もちろん買いますとも!私は!Wの曲はカッコいいです!好きです、こういうの。サントラ盤がでたら、それも絶対に買っちゃうな・・・。

みどころ満載でした

原稿を描いてる時のティッシュ…
私もチェックしてました~!なんか妙にリアルで、なんとも(-_-;)
ちなみに私は要らないハガキを使ったりもします。へたらなくて結構便利。

しかしまあ、今回のドーパントは今まで観てきた作品の中でも、新旧問わず一番イヤだったかも。
しばらく前に観た「コンドールマン」にもGモチーフのモンスターがあって、かなりイヤな感じだなぁと思ってましたが、遥かに凌駕するものでした。

とはいえ、Wのダンスは堪能できたし、やっぱりよかった!確かにR電王のときより余裕があるような気がしました。高岩さんはいったいどこまで進化されるのでしょうか。
あのスーツは身体の線がきれいにでるし、半身ずつ色が違うから回し蹴りすると画的に映える!新体操やフィギュアスケートの衣装でもありますよね。

アクションもストーリーも当初思ってたよりハマり気味です、W。

こんばんわ、なゆさん!

>原稿を描いてる時のティッシュ…

昔同人やってるときは色々試しましたよー。書き損じの紙とか、ウエスとか。はがきは試した事なかったですが、確かに丈夫だしサイズも程々で良いですね!アナログで描く時、試してみよう・・・。

コックローチ・・・なんてカッコつけた名前じゃなくて、てめぇなんかゴキブリドーパントで十分だw!!という感じでしたよね。
あのテラテラした質感、動くとカサカサいいそうな茶翅!
ガワのデザインもさることながら、動きがリアルで気持ち悪さに拍車をかけてました。ライダー怪人史に伝説を刻みましたね!

亜樹子のあのスリッパで一回スパーンとやって欲しかったなぁ・・・と、今、思いつきました(^^;)

高岩さんのダンスシーン!カッコいいの一言です!
サイクロンジョーカーは蹴りを主体にしたアクションなので、ダンスも足が・・高岩さんのあの素晴らしく長くて形の良い脚が強調されて・・・魅了されてしまいますよねー。

なゆさんがおっしゃるように、あの半分このスーツは本当に回し蹴りが映えますね!
>新体操やフィギュアスケートの衣装

たしかに!!

Wは私のツボを刺激する要素が満載で、1回目からすっかり嵌ってしまいました。Wテンポもいいし、なんたってカッコいいですv-218
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。