スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ヒーローであるという事。

数週間前に新聞各紙に、「仮面ライダー、逮捕!」という、センセーショナルな見出しが躍りました。覚えておりますか?何事がと思いましたら、数年前に劇場版限定登場のライダーの変身前を演じてくださった俳優さんが、酔って交番で暴れたために逮捕されたと。

お酒の上とはいえ器物破損は良くないとは思います。軽犯罪だから良いじゃないかと言うつもりもないんですけど。「なんだ、それだけの事で?」と肩すかしをくらったのが正直なところで。
ただ、逮捕の理由よりも「俳優の○○○○、逮捕!」じゃなくて「仮面ライダー、逮捕!」って書かれちゃうんだ・・・とそっちの方が衝撃だったものですから。

テレビシリーズのレギュラーライダーではなく、劇場版の中だけでライダーを演じただけでも、何年たっても「仮面ライダーだった」という事は付いて回るんですね。
仮面ライダーに限った事ではなく、それはウルトラマンであっても戦隊であっても同じです。「正義の味方であるべきヒーロー」が、「法を犯して逮捕」という事をあげつらって、面白おかしく、センセーショナルに書きたているのでしょうが、それは違うんじゃないかと、首をかしげたくなります。

俳優さんたちにとって、ヒーローも数多く演じてきた役のひとつであって、決して俳優さんご自身とはイコールで結ばれるものじゃないじゃないですか。医者の役を演じたからと言って、本当に病気を治せるわけじゃない、それと同じ事ですよね。記事を書く方も、それを承知で書いてらっしゃるんでしょうけど。

1度でもヒーローを演じたら、一生ヒーローのイメージは付いて回るんですね。自分が望むと望まざるとにかかわらず、一生ヒーローを背負っていくって、凄く大変だなぁと思ってしまいました。
あからさまに悪質な犯罪はともかく、ほんの些細な過ちも許されないのか・・・という感じですよね。いや、許される許されないじゃないのかな。ただ面白おかしく騒ぎ立てられるだけかも知れないですけど、でもそんなの物凄くみじめで厭だなぁ・・・物凄く凹みそうだし。

一体何が言いたいのか、ちっとも纏まらない文章ですね、すみません。
仮面ライダーをはじめ、子供たちのヒーローを演じるという事は、想像以上に社会的責任を伴うものなんだとそういう事です・・・・多分。ほんとかよ。
こんな事をつらつらと考えて行き着いた結論は、

藤岡弘さんって、凄い。

数々の逸話を目にするにつれ、こんなにもヒーローを体現している方って他にはいないんじゃないかと思ってしまいます。決して演じているのではなくて、生き様そのものがヒーローで。

ご本人は「自分の代わりに怪我をしてくれたアクションチームの裏方のみんなを差し置いて、ヒーロー役だったということで今さら自分だけが表に出るわけにはいかない・・・」(←思わず涙がこぼれてしまいました)なんておっしゃってらした事があるそうなんですが、40年たった今でも変わらずに、本郷猛で在り続けてくださっているんだなぁと思うと、感動で涙が出てきます。
藤岡弘さんって、凄い!

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

G4ですよね~(←言っていいのか分かりませんが)
って今スーパーニュースでディケイドの音楽が!!
まぁ運が悪かったのかな
はっきり言って「仮面ライダー、逮捕」って書かれても
ファンとしてみている俺は(みなさんもと思います)全然面白くないですがね
藤岡さんはすごいです!
憧れます!面白いですしw

ヒーローである事

役者を志して、ヒーロー役でデビュー。
その後、悪役等を演じられ役柄を拡げられるも、年輪を経てヒーロー役に戻ってこられる。

黒部 進氏や森次 晃司等は、今もウルトラマン、ウルトラセブンである事に誇りを持たれ、
カメラの前や舞台に立たれておられます。

ノラ様の云わんとする事、充分に理解出来ます。
此の世に生を受け、馴染み、愛してきた特撮やアニメのヒーローは、
同時代を生きた私達の「宝」なのですから。
演じ手の方々も、そこの処を努々、軽んじて欲しくないと深く感じます。
乱筆乱文で申し訳ありません。

こんばんわ、ミズキくん!

あちこちで仮面ライダーの曲がSEとして使われるのは、やはりノリが良くてカッコいいからでしょうかー?何気にテンション上がりますよね。

「仮面ライダー、逮捕」って書かれ方、不愉快ですよね。薄ペらい記事だなと思ってしまいます。

藤岡弘さんはホントにカッコいいです!前に買おうと思って断念した「仮面ライダー=本郷猛」ホントに買おうかなと・・・。

こんばんわ、M NOMさん!

皆さん誇りを持ってヒーローを演じてくださっていると思うんですよね。それは番組が終わっても変わることなく、ヒーローだった日々をいつまでもずっと、とても大事にしてくださっていると信じたいです。

それはそれとして、上手く言えないんですけれど、いつまでもその俳優さんのイメージをヒーロー像に縛り付けておくのも、違うかなと。ヒーロー以降もいろんな役に挑戦して、役者としてどんどん進化していかれているわけですから、その方が素晴らしい栄誉を得られたり、逆に過ちを犯したりしたとしても、それはその方個人として評価されるべきではないかと思うのです。過去に演じた役名を引っ張り出してくる必要性はひとつもないし、まして「仮面ライダー」とか「ウルトラマン」という名はその方個人の物ではないじゃないですか。

面々と受け継がれてきたヒーローの系譜、そしてその作品に携わってきた多くの人々の情熱や愛、憧れ見守ってきたファンの想い、その総てがその名に込められてます。

それを、ただインパクトのある見出しにしたいが為に、軽々に使って欲しくないなと思いました。

そう考えると、ヒーローの名を背負って生きていくって、大変な覚悟がいるんだなーと。

こんばんわ、仮面ゲスト様!

本当に短絡的で薄っぺらな報道の仕方ですよね。
私も前後不覚になるくらい酔っぱらって暴れたり、絡んできたりという方は怖くて近寄れないんですが、逮捕うんぬんよりも、まずその事に不快感を持ちました。
それはその人個人の不祥事とは関係ないでしょ?!と。

「仮面ライダー」という名には、本当にたくさんの人の情熱や愛や憧れが詰まっているんですもんね。話題作りの道具にするな!と不愉快になりました。
また、「仮面ライダーの癖に・・・」と不当な評価をされる俳優さんも気の毒です。

確かに仮面ゲスト様がおっしゃる通り、それは「仮面ライダー」とか「ウルトラマン」という作品が誰もが知っている歴史ある作品であるという事の裏返しなんですけどね(^^;)
そういえば、最近ではおめでたい話題ですけど、
「レッドとピンクの戦隊婚!」という見出しもありましたね。
(おめでとうございます!岸さん、菊地さん!)

何年たってもヒーローの影を連れて歩いてくれている方・・・そういう方は確かに嬉しいですね!ひょんな所でポロリとご自身が演じたヒーローのお話を嬉しそうにしてくださったりすると、ホントにファンとしても感激します!

上手く言えないですけど、ライダーを演じられていた俳優さん達のその後の俳優としての経歴や実績は十分に認め、評価させていただいた上で、それでもやっぱり、藤岡さんはいつまでも私にとっては本郷猛で、佐々木剛さんは一文字隼人で・・・・・(中略)・・・・・倉田てつをさんは南光太郎で、世界的な俳優になってもオダギリジョーさんは五代雄介で・・・・・キリがないから以下省略しますが(笑)
それは多分、一生そうなんだろうなと思います。仮面ライダーという作品は、私にとっては特別な宝物ですから。

佐々木剛さんのように、ライダーを演じてこられた皆さんが「たくさんの役を演じても、こんなに経っても 役名で呼んでもらえることは他の作品にはない」とおっしゃってくださったら嬉しいですね。

それにしても・・・・藤岡弘さんは素敵な方だ・・・!

そうそう!石ノ森作品の声の方、ホントに楽しそうですね!情報ありがとうございます!
石巻の石ノ森萬画館、一度訪れてみたい!!

http://ameblo.jp/kazufan/entry-10359325962.html

こんばんわ、仮面ゲスト RX様

RX様も、この件で書かれていたんですね!拝見できないのが残念です。やはりこういう報道のされ方は本当に不愉快ですし、悲しくなりますよね。
私の場合はエントリを書くまでに少し時間が空いたものですから、その間にはそらもう色々と感情が爆発したり、テレビに向かって文句言ったり(笑)一通り吐きだして、ようやく冷静に書くことが出来た次第で(^^;)>

RX様のおっしゃる通り、仮面ライダーという名は知っていても、一般的にはその作品に出てくる人物など知らないという方が大多数ですよね。今回の方は、ライダーを演じてらっしゃいましたけど、だいぶ前ですが確か「仮面ライダーの父逮捕」ってのもあった記憶があります。劇場版のラストのほんの1シーン、セリフも一言、”主人公の父”としてご出演されただけだったのに、そんな風に報道されて、その時も「なんだよ、これ!!」と憤慨した覚えがあります。そこまでほじくり帰して煽るかと。

「仮面ライダー」「ウルトラマン」
長い歴史のある作品だからこそ、制作にかかわった方たちやファンの想いの深さを知ってほしいと思いますよね。
目先のインパクトに囚われた無神経な扱いは止めていただきたいし、演じる方たちも「子供達のヒーローを演じる」という事の重さをしっかりと心に止めて演じていただけたらと思いますよね。

細川茂樹さんのお話も感動ですね。番組終了後も「響鬼さん」と呼んでくれる人たちの為に、仮面ライダーの事を話していきたい・・・と言ってくださる細川さんのお心が嬉しいですよね。

2006年にミラーマンのリメイク版が劇場公開されているのは知りませんでした!ちょっとレンタル屋さんで探してみよう・・・!






ヒーローとは

このたびの記事の作り方は書き立てるためだったようなので残念ですが、それはそれとしてやっぱり役者の方々には「ヒーローであったこと」を大切にしていただきたいと思います。

永遠のヒーローというと宮内洋さんも!
宮内さんは、たとえ車の影も見えないような交通量の少ない横断歩道であっても、必ず信号を守って横断していたそうです。またスモーカーでいらっしゃるそうですが、ロケ先でたばこを吸うときは必ずロケバスの中で小さくなって吸っていたとか…。
今も当時のままのスタイルを維持されているのも、ひとえに「自分はヒーローなのだから」と。宮内さんも本当にどこまでもカッコイイ方です。今、投げキッスをしても相変わらず絵になる方です!

演じた方はそのことを好むと好まざるとに関わらず背負っていくことになるでしょう。役者として、人として…その重さは相当なものだとは思いますが。

ちょっと話はそれますが…
やはり、ヒーロー番組は基本的に子供たちが見る番組であり、ヒーローは子供たちが憧れる存在であってほしいと私も思います。

なかなかことばでは説明しにくい「人としてあるべき姿」----つまり「正義」や「大切な人を守る強さ」なんかを子供たちに見せてくれるのがヒーロー番組の要だと思います。
戦隊などで定番の「好き嫌いを克服する」エピソードなんかも、子供たちにとってはぐっと身近なネタですが、広くいえば「あるべき姿」のひとつでしょう。

うちの相方は昔気質(?)な人なので、「電王」でハナがイマジンたちを一喝するために、足を机の上にダンッと置いたシーンなどを挙げて、「あくまで子供番組である以上、やはりメインキャストのこういう演出はいかがなものか」と疑問を呈しておりました。
そのシーン、私は何の気なしに見てたのですが、たしかに一緒に小さい人たちが見てたら「おぎょうぎわるいんだよね?」とか言ったかもしれません。「あれぐらいしないとイマジンたちはいうこと聞かないから特別…かな?」とでも返さないと説明がつかなかったでしょう。

演じる方も制作に携わる方も、子供たちの目線を常に忘れないでいてほしいと願っています。

反論というのではないのですが、わたしはたぶん、皆さんと意見が若干違うと思います。

今回の件に限らず、マスコミに登場する人(企業)は芸能人も政治家もスポーツ選手も、皆そういう扱いを受けています。そうやって面白可笑しく書き立てないと読んでもらえない、新聞が売れない、視聴率が稼げないとマスコミの方が思い込んでいるということ(そしてそれは長年の間数字が証明してきた真理なのでしょう)が問題だと思うんですね。
「仮面ライダー」というブランドがファンに限らず広く認知される、人目をひきやすいものであることも事実です。

煽りに関係なく、読者・視聴者が情報をきちんと取捨選択できるようになって、マスコミの思い込みを否定しなければいけないなと思うんです。

ですが、ただマスコミに怒るだけでなく
「さすが藤岡さん」というところに結びつくところがさすがノラさんですね。

こんばんわ、なゆさん!

宮内洋さんも藤岡弘さんも、本当に素晴らしい方たちですよね!番組を離れてもなお、ヒーローたらんとしてくださっている。子供の頃、目を輝かせて見ていた私達の憧憬を何年たっても壊さずに、相変わらずカッコいいヒーローで居てくださる。嬉しいですよね!

>ヒーローは子供たちが憧れる存在であってほしい

それは私も全く同感です。ヒーローは憧れ、思わず真似したくなるようなカッコよさを持っていてほしいと思います。
これは大人も子供もない事ですが、好きな人、憧れの人の言う事なら素直に聞けます。なゆさんがおっしゃるような言葉では説明しにくい「人としてあるべき姿」「人として正しい道」を身をもって示して戦うヒーローの姿を見て、子供たちは自分もこんなヒーローになりたいと、小さな胸に決意するかもしれません。

ただ、ヒーロー番組は教育番組ではないですから、綺麗なものばかり並べなければならないといものでもないと思うのです。

クウガの五代雄介。彼は相手がグロンギであったとしても、戦って命を奪う事を躊躇っています。でも、守るべき者を守る為に血の涙を流して戦っている。血にまみれた拳を美しいと思うか、残酷と思うか。

その是非を決めるのは見ている人、それぞれの価値観です。子供は年齢が低い程、親の価値観に左右されます。
親がよろしくない・・・と思った場面があったら、これこれこうだからイケない事と、親自身がしっかり考えて、なぜいけないのかという理由も忘れずに子供に伝えればいいのではないかと思うのです。
子供の教育は親の仕事ですから。

とはいえ、楽しい番組の最中に説教が始まったら子供も興ざめですもんね。
言い方にも工夫が必要ですよね。

うちは男の子2人なので、結構ラフでしたけど。
「お前達がコレやったら、ぶっ飛ばす」みたいな。もし「モモタロスだってやってるw」と言われたら、「モモタロスでもぶっ飛ばす!」と切り返すと思います(^^;)
だって、トイレとか埃だらけの床とか歩いた足だよ~?汚いじゃん!そんな足が乗ったテーブルでご飯食べれる?母ちゃんはごめんだね。・・・くらい言うかもしれません。

電王でテーブルに乗ったりするの、演じている中の方たちもなかなか悩まれたようですよね。「子供たちが真似するとまずいんじゃないか・・・」と(笑) 

こんばんわ、makiさん!

今回の報道の仕方に対して不快感を感じた方々も、それぞれ様々な想いがあってこその怒りなんですよね。それは私も含めて。

でもここでその憤りを声高に唱えたところで、やはりなんの根本的な解決にはならないのですね。また同じ事が繰り返されて、同じ思いをされる方が後を絶たないのでしょう。
マスコミの思い込み…おっしゃる通り、そこが問題なのでしょう。

今回報道のされ方にも納得いかないものを覚えたんですが、毎回こう言った報道がある度に、俳優さん個人がおざなりにされたような気がして、それもなんだか気持ち悪いというか。
仮面ライダー以外にも、沢山の役を演じてこられた俳優さんなんだけどなーと。注釈に「代表作・仮面ライダー」なら納得なんですけど。

というか、「仮面ライダー」って一括りにすなと。どうせ書くなら「仮面ライダー○○」まで書けと。良く知らない人に軽く扱われているかと思うと、余計に面白くないなーと思ってしまいました、今。

こんばんわ、仮面ゲスト様!

親の反応を、子供は物凄く見ているんだな~という事を、
子供が成長してから気がつきました(^^;)
「子供は親の鏡」という言葉の意味を、今知ったという。
怖いですよ~。自分の持っていた価値観が、そのまま子供に反映されてしまうんですよ。
趣味嗜好とかではなくて、基本的な価値観が。

ウワー!と思っても遅いですしね、理屈がわかるようになってから一生懸命修正しようとしても、刷り込まれた価値観はなかなか・・・。親もこうやって人間的に成長させてもらっているんだなーと思う毎日です。親もまた、子供に育てられているんですよね。

子供って純粋な分、すぐに好きなキャラクターの良い真似も悪い真似もしたりしますけど、大人が考えているよりもずっとちゃんと、大切な事を見ていたりするんですね。

確かに私達は、報道と言う物は「偏見」や「思い込み」のない正しく公平なものであってほしいという期待を持っているのかも知れませんね。報道世界の中にも、そう思ってそれを目指している方もいると信じたいです。

非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。