スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

仮面ライダーW 第05話 『少女・・・A/パパは仮面ライダー』

ガイアメモリ型のUSBメモリが開発・発売されたら全種類揃えちゃうんだけどなぁ・・・なんて、夢見ておりますが、ぶっちゃけいずれ本当に発売されるんじゃないかと高を括ってます。
一応言っとけば、実現するんじゃないかと思いまして。



【風都 風力研究所】

「第2風都タワー。本日、その建設計画が議会で承認されました!」

娘を同席させて制作発表をする女性市議会員、楠原みやび。第2風都タワー完成図を娘に除幕させ、「私早く本物がみたいな~」と言わせる茶番も演じつつ、たくさんの報道陣や関係者(?)に政策をアピールする。物々しく警備にあたる警察の中には真倉の姿もあった。

「わざと子連れで政策アピールか。」

真倉の耳元で呟きながら翔太郎と亜樹子が姿を現す。「探偵!!なんでこんなところに!!」と早速噛みつく真倉。しかし、今回翔太郎たちは正当な理由でここに居る。
市議会議員のみやびから、正式にボディーガードを依頼されていたのだった。得意げに『入場証』と掲げる亜樹子とは対照的に、翔太郎はどこか不機嫌な顔をしている。

「俺だって別に、こんな依頼は気乗りがしねぇ・・・」
「お客様は神様よ!!」

いつもハードボイルド気取って偉そうに真倉を小馬鹿にしてくる翔太郎が、小娘の亜樹子にやりやり込められているのを見て真倉はフン・・・と鼻で笑う。敏感にそれを察した翔太郎とガンの飛ばしあいをしていたその時!

楠原親子が狙撃された。正確には市議のみやびを狙った犯行なのだろうが、無造作に打ち込まれる凶弾は、そこに居合わせた人々をも巻き込み、会見場は一転して阿鼻叫喚に包まれる。
大混乱の現場で、被弾したのは真倉ただ一人だったような気が・・・(^^;)

咄嗟に楠原親子を庇い近くの植え込みに逃げ込んだ翔太郎は、亜樹子にゼスチャーでW に変身する事を伝えようとしますが・・・。鈍い亜樹子にはガイアメモリのゼスチャーは伝わらず、翔太郎が両手の親指と人差し指で形作った”W”のマークを見て、ようやく言いたい事を理解した亜樹子のOKサインを見届けて、植え込みを飛び出す翔太郎。
みやびと真倉の目には、翔太郎が一人だけ逃亡したように映ったようだ。

「フィリップ!!」

建物の陰でW に変身する翔太郎とフィリップ。

凶弾に身を竦めながら娘のあすかは、おもむろに鞄の中を探り、小さな人形をギュッと握りしめる。西洋の騎士の様なマスクを付けた、飛鳥の小さな手にすっぽりと収まるような小さな人形・・・。

「パパ!早く助けに来て!!」

か細い声であすかが呟いた瞬間、宙を舞って目の前に降り立った緑と黒の戦士。

「パパ?来てくれたのね!!パパ!!」

「パ・・・・パパ?え?・・・パパ?!」

W のうろたえっぷりがww!!
こういう演技が本当に素晴らしいです!高岩さん!最初の何気ない2度見が翔太郎っぽいですよね。いい所に登場して「決まったぜ」みたいな感じだったのに、唐突にパパ呼ばわりされて面喰い、予想外の展開にうろたえるという・・・(笑)素敵だ・・・。うろたえたW

仮面ゲスト様がこんなお宝情報をくださいました。本当はもうちょっと前にいただいていたんですが、まだOA前の画像だったので、今日まで温めておきました(笑)
仮面ゲスト様、ありがとうございました!
このシーンのロケ風景です。→こちら
茨城県ひたちなか市の茨城県那珂久慈流域下水道事務所という所で撮影が行われたようですね。
いいなぁ・・・私の街でもライダーのロケないかなぁ・・・。



あすかの言葉にすっかり動揺した翔太郎は、降り注ぐ銃弾の雨も相まって、なんだかバタバタしてますね。向こう行ってろ!!と急かす手つきが全然ハードボイルドじゃなくなってますし。
取り合えず亜樹子に依頼人親子を託して飛び出したW の姿を見つけた報道のカメラがを狙います。風都の都市伝説、仮面ライダーが目の前に現れたら、ジャーナリストとしては見逃せませんよね。自分の命を置いてもカメラを回すカメラマン!しかし飛んでくる銃弾が当たったのか、その映像は一瞬で途切れてしまいました。
カメラマンの無事を願う!!そして、そんなほんの2秒ほどの仮面ライダーの映像が、都市伝説に拍車をかけ、噂が噂を呼びそうですよね・・・!遠目に映ったビッグフットの映像とか、ピンボケのチュパカブラの画像見たいに。
この映像は、今後何らかの伏線となるのでしょうか。

ドタバタと逃げ回り、飛んでくる弾にいちいち首を竦めてビビりまくるW が、カッコ悪くて最高ですね!龍騎や電王もですが、高岩さんはこういうコミカルな動きがとっても上手いです。以前インタビューで、龍騎、電王の様なコミカルな役も好きだけど、カブトの様な気取った役も大好き・・というようなことをおっしゃられていました。そう考えると、W はその両方の要素がバランス良く合わさったキャラクターなので、何となくなんですが、高岩さん演じてて楽しいんじゃないかなーと思ってしまいます。小芝居に拍車がかかってくる事を期待しつつ。

「撃ってくる場所が全く掴めない!間違いなくドーパントの仕業だ、翔太郎!」
こっちも反撃だぜ・・・と青いガイアメモリを取り出す翔太郎、しかしフィリップは慎重だ。

「敵の位置を把握したからにしたまえ。
 トリガーは威力がデカすぎる! 」

翔太郎はフィリップの冷静な分析と判断を信頼しているんですね。無条件に無造作に相棒に命を預けられるのはいかにもハードボイルドらしいです。
トリガーのガイアメモリをあっさり引っ込めて、防御重視のメタルのガイアメモリを取り出し、サイクロンメタルにフォームチェンジしシャフトで飛んでくる弾丸叩き落とす。すげー。

突然砲撃は止み、肩すかしをくらったW は、怪訝な顔で弾の飛んできた方向を見上げ、油断なく辺りを窺う。
緊張感の高まる場面だと思うんですけどね、W のあまりのビクビクっぷりに笑ってしまったというか何というか。看板が落ちてビクッと肩を竦めたり。
いきなりどこからともなく無差別に狙撃されるシーンってのは、怖いし衝撃的な場面だと思うんですが、だいぶ緩和されます。
何度も高岩さん高岩さんて、高岩者なのでね、大目に見て欲しいんですが、こういう芝居の、思わずニヤリとしてしまう絶妙な間がもの凄く好きです。

とにかく弾丸の飛んできた方向へと駆け出すW に必死に呼び掛けるあすか。

「パパ!パパ!待って!あすかここだよ!ぱぱ!待って!」

小さなヒーローの人形を握りしめて寂しそうに目を伏せるあすか・・・。

W は狙撃者を探して建物の屋上へ。しかしそこには貯水施設があるばかりで敵がいた痕跡すらどこにも見当たらない・・・。捜索は諦め、襲撃の際に受け止めた弾をフィリップに届けることに。
「パパ!来てくれたのね!」
翔太郎の耳にあすかの声が残る。
屋上の縁にぴょんとW が飛び乗った時、高所恐怖症の私は背中がザワザワしてしまいましたよ。ああ、怖い。あの方もさぞかし。



【翔太郎の回想】

その依頼は昨日、突風のように舞い込んだ。
市会議員の楠原みやびが、自分と娘を護衛してほしいと頼んできたのだ。

陽炎の向こうにたたずむ翔太郎がカッコいい画でしたよね!BGMも効果的で。
今回メガホンを取られた黒沢監督は、日活出身の名監督なのだそうで、申し訳ない事にお名前は存じ上げなかったのですが、高橋プロデューサーが東映公式でおっしゃるには、黒沢監督はハードボイルドに造詣が深く、手がけた作品は大人なカッコよさが漂うと・・・!ホントにカッコいい!翔太郎が渋く見えます!

「KILL」と撃ち込まれた弾丸。最初からみやびは、自分を狙う犯人をドーパントと確信しているようですね。鳴海探偵事務所はドーパントの専門家・・・どこでそんな噂が流れているのか、みやびは真っすぐにその”専門家”を訪ねてきたという事になります。しかも報酬は総て前金で振り込むという。
それにしても・・・。

「犯人に誰か心当たりは?」
「いいえ。政治家なんて他人に恨まれる事の多い職業ですから。
 いちいち気にしてられません。」

翔太郎が不愉快そうに目を逸らし、ふいっと立ち上がる。上から目線の偉そうな物言いもさることながら、護衛を依頼しておいて、狙われる事を当然のように言い捨て、危険を承知でわが子を連れ歩くみやびに呆れているのか、嫌悪を感じたのか。

「娘さんまで危険だ。一緒に連れて歩くのは止した方が・・・。」

翔太郎の言葉を遮って声を荒げ、自分の政治理論をぶちまけるみやび。翔太郎は娘のあすかに危険が及ぶ事を懸念する。しかし、その当の娘のあすかは・・・。

「私なら大丈夫だよ、おじさん。私、信じてるから。」

何を?と尋ねる翔太郎に「内緒」と儚く笑う少女。
翔太郎はあすかの消え入りそうな笑顔に隠された”何か”に引っかかりを覚え、この不本意な依頼を受けることにしたのだった。



亜樹子のスリッパ回し、見事です!黒沢監督が急きょ現場で「まわしたい」と提案されたようですね。スリッパの踵の部分に輪っかが見えます(笑)装飾部のスタッフの方、ブラボーです!

今日のスリッパは「ありえへん!」

犯人を取り逃がし、しかめっ面で歩く翔太郎の額に一撃!

「ありえへん!!」
「なにがぁww!」
「あんたが子持ちだったとはねぇ。」 
「んな事あるかぁ!」
「じゃ、フィリップくんの方?」

なぜ軽くショックを受けているんでしょう>亜樹子(笑)
なかなかいいコンビネーションになってきましたよね。鳴海探偵事務所の面々。それぞれのキャラが定着してボケツッコミのリズムが出来上がりつつあるんでしょうか。やり取りにいい意味での軽さが出てきたような気がします。

翔太郎がW として戦っている間に、楠原親子は風都警察に保護されていた。犯人の手掛かりとなる弾丸をフィリップに届けるよう亜樹子に託し、翔太郎は依頼人のもとへ。
彼(彼ら)が仮面ライダーW である事は知られていない。みやびには、翔太郎が依頼人である自分たちを放り出して自分だけ逃げたようにしか見えていなかった。

おそらく翔太郎が来る前は、警察の失態も散々責めていたかもしれませんねー。責任を問われる翔太郎を嬉しそうに眺め、みやびのご機嫌をとるように一緒になって翔太郎の失態をあげつらう刃野。双方責任の押し付け合いを始めます。真倉さん、死んだ事になっちゃっているし(笑)

「明日は土地売買の交渉です!決して今日の様な事のないように!!
 あなた方の名誉の為にもです!!」

あ、やっぱり(笑)
そんなやり取りを聞きながら絵を描いていたあすかが、「大丈夫!」と笑う。

「大丈夫。パパがまた助けに来てくれるよ!ほら!」

画用紙にはクレヨンでW が描かれていた。
なかなか味のある絵です♪素敵。



【鳴海探偵事務所・ガレージ】
若菜ちゃんとは違った趣の舌打ちをして、憤懣やるかたない様子の亜樹子が、翔太郎から頼まれた犯人の手掛かりをフィリップに渡すために事務所に戻ってきた。
所長の私を上から目線で使い走りに使うとはww!と、鬱憤をフィリップにぶつけようとガレージの階段を上がった亜樹子は、フィリップの異様な状態にすっかり毒気を抜かれてしまったようです。

そこに居たのは、尻に大きなブリキのゴミ箱をくっつけたフィリップ。どうやら変身して意識を失った時、傍らにあったゴミ箱の上にフラフラと座り込んでしまったと。そいえば、最初の変身シーン、フィリップの後ろにこのゴミ箱が。

そんな状態でも検索には支障がない・・・と全く気にならない様子のフィリップは、早速弾丸の分析に入りますが・・・亜樹子の方が気になって気になって・・・というところです。
亜樹子役の山本ひかるさんの芝居、私は好きですねー。

「敵はどこから撃ってきたんだ・・・?」



【楠本みやびの事務所】
みやびの言っていた土地売買の交渉とは、第2風都タワー建設予定地の為の物なんですね。

その時、窓を破って凶弾が撃ち込まれた!照明が消え暗闇の中、みやびに駆け寄った翔太郎が、彼女をドアの外へと連れ出した。
どこから何者が狙撃しているのか、翔太郎はバットショットを飛ばし、事務所周辺を満遍なく撮影して手掛かりを得よう考えた。
攻撃の止んだ事務所のベランダに出て、辺りを見回しても静かに打ち寄せる波の音しか聞こえない。

「それにしてもこの執拗さ・・・ただ事じゃねぇ・・・。
 なぜここまで彼女を狙うんだ・・・。」

事務所の外の車の中の男性のもみあげが、高岩さんぽくて見えて・・・。
あああ、末期だw、私。



【園崎家】

「いかんなぁ、これは!
こんな宇宙基地みたいなものを建てられたら、町の風情も何もあったものではない!!」

琉兵衛さんは、手酌でワインを飲みながら、不満をぶちまけています。昨日からその話ばっかり・・・と拗ねたようにいう若菜に、
「まぁ、そういうなよ、わかな。私はね、わが町風都の未来を憂えているんだ。
 本当に馬鹿な政治家がいたもんだ。何が子供あっちの未来の為に!だ。」
と笑う琉兵衛さん。ミックも気に入らないと言っているかどうかは別にして、園崎琉兵衛は、市議会員・楠原みやびに良い感情を持っていない事は確かなようです。

問題なのは建設予定地・・・。しかも冴子の会社の管轄。
若菜は、最近、お姉さま、社員とうまくいっていないみたいなの・・・とほくそ笑む。
琉兵衛さんも不満の矛先を冴子に向けます。

いつも思う事は、園崎家の皆さんの会話って、文字で読むとファミリードラマなんですよね。当たり前の会話をしているのに、この方たちが演じると不穏な雰囲気が漂ってくるんですよねー。不思議。



バットショットが送った映像には、不審な物は何一つ映ってはいなかった。狙撃中に全周囲・上空・周辺の建物を映したにも関わらず!!まさに姿なき狙撃者。
撃ち出された弾丸は、”生物の歯”だった。狙撃方法さえ分かれば、ガイアメモリの生物を特定できる!必ず付きとめると燃えるフィリップ。
亜樹子はフィリップのバケツを必ず取る!と燃えているようです。

酢を飲むと身体が柔らかくなる・・・と、私が子供のころ、まことしやかに囁かれておりましたが、あれって根拠はなかったんじゃありませんでしたっけ?かえって酸で歯にダメージがあるとか・・・そんな話を聞いたような、聞かなかったような。
そんなことはともかく、山本さん、見事なブリッジです!凄い!しかもこの状態で、こんなに張った声を出せるなんて!笑ってるし!尊敬します。
これも黒沢監督がその場で思いついて、急遽演るハメになったと東映公式で。御出演の役者さんたちも日々戦ってるんですねぇ!



伊藤(教)さんの運転する車で、土地売買交渉の相手のもとへ向かうみやび一行。

「昨日の夜は、ママを助けてくれたんだってね。」
「おお・・まあ・・・仕事だから。」
「ありがとう!おじさん!」
「いやだからもう、おじさんは勘弁してくれ・・・。」

ちゃんと「ありがとう」が言えるあすかは良い子だなと、ちょっと感動してしまいました。
一生懸命クレヨンを走らせるあすかの画用紙には、ままとわたしと・・・そしてパパ・・・W が描かれている。

「仮面ライダー、そんなに好きか?」

うん!!

あ、私が・・・じゃなくてですか?スンマセン、つい条件反射で。
ま、あすかも満面の笑みで答えてましたし。

「仮面ライダーはホントに君のパパなのか?」
「なんでそんな事聞くの?」
「ああいや、そのー・・・俺知り合いでさ!仮面ライダーと!」
「パパと知り合いなの?」
「ああいや、だから、パパとじゃじゃなくて・・・」

これだから子供は苦手なんだ・・・。
翔太郎は優しいですよね。優しくて不器用。フィリップに対してもそうですけど、弱者に対して、守ってやりたい、何とかしてやりたいと思わずにはいられない性分なのかもしれないですよね。
どう接したらあすかを傷つけずにいられるかと考えてしまうから、苦手・・・と感じたのかも知れないですよね。

「おじさん!これ見て!!」

大事に持っていた人形を翔太郎に見せるあすか。この人形は、一体この少女にとって何なのか。
問いかけようとしたその時、運転していた男が事務的に目的地に着いた事を告げる。

「後でパパのコト教えて?おじさん!」



【冴子の会社・DIGAL】

あ!!ここはBOARDの社長室!!陰から蒲田が顔を出しそうです。

おそらく不手際があったらしい第6開発チーム全員を、冷たい声でばっさり解雇する冴子。不機嫌そうな妻の様子を愉快そうに眺め、「電撃人事だねぇ・・・」とニヤリと笑う霧彦。

「明日は我が身じゃなくて?」

突然の声に表情をこわばらせて見回すと、天井に若菜・・・クレイドール・ドーパントが“立って”いた。
イライラとした調子で妹を睨みつける冴子の前に、逆さまのまま降りてきた若菜は、琉兵衛がひどく不機嫌である事を、わざわざ忠告に来たのだった。姉の為・・というより、姉の不振が楽しくてしょうがないと言った様子。

「あのタワーの事だろう、冴子のイライラは。私に任せてくれ。」

冴子の肩に手を置き、悠然とほほ笑む霧彦。



【鷹村】
第2タワー建設予定地では、地主の鷹村が手下らしい男とともに、無邪気にラジコンに興じていた。

なんか懐かしいですねー。息子らがまだ幼稚園くらいの頃、旦那さんがラジコンに凝っていて、休みの日はいつも公園に走らせに言ったんですよね。しかもこういうピックアップトラックタイプのだったので、余計に懐かしい!

みやびは一生懸命交渉を始めようと試みるのだが、鷹村の答えは変わらない。政策としての風都第2タワーを断る理由が、ラジコン場として必要だから。痛快だなーと思ったのは内緒です。

「お願いします!ママの言う事を聞いてあげてください!!」

鷹村に深々と頭を下げるあすか。つかつかとあすかの傍らに歩み寄ったみやびは、イライラした様子で傲慢に鷹村を見下ろしている。

「全く・・・君はママによく仕込まれてるねぇ!
 子供はさぁ、仕事なんかしないで子供らしく遊んだらどうだい?」

いちいちまともな事言うんですよね。ドーパントって。なんででしょう。
この時点で鷹村がドーパントとは明らかになってないですが、ちょっとフライング気味ですが。
先週までの優子といい、今週からのみやびといい、人間の方が共感できないという逆転現象。面白~と思います。
シンケンジャーの敵役・外道衆は、そりゃもう教本通りの外道な輩ですが

「あんたこそ、いい年こいて遊んでばっかりいると、ママに叱られるぞ。」

あああww耳が痛い!翔太郎の言葉が心臓に刺さります。ごめんなさい、いい年して特撮三昧の日々で。今度シンケンジャーショーと仮面ライダーW ショー観に行くの。うふふ。
ママはもう何にも言わないけど、時々だんなと息子に叱られたりして。
笑ってこらえてキュピッ

「僕はね、ママに叱られた事なんてなかったよ。
 大体感心しませんね、こんな小っちゃな子供使って仕事して!」
「政策実現のため、親子で力を合わせてるだけです!!」
「そんな見え透いた綺麗事ばっかり言ってるとな、周りから反感買われるんじゃないですか?
だからあんたの旦那だって、あんな事に・・・!
「鷹村さん!!」

血相を変えて鷹村の言葉を遮るみやびの様子に、ただならぬ様子感じた翔太郎。
あすかの父親が何らかのキーワードになっている・・・!

その時。

「客が来たので、帰ってくれませんか。」
「いいえ!向こうの水辺で待たせていただきます!」

鷹村を訪ねてきた、血が滲んだような模様の入った白いスカーフの男・・・。すれ違いざま、何かを感じたように互いに相手に鋭い視線を送る、翔太郎と霧彦・・・。

楠原みやびの命を狙っていたのは園崎冴子。鷹村は、冴子の命を受けて、任務を遂行しようとし2度に渡って失敗していたのだった。
「私が代わりましょうか?」
霧彦の言葉に「他人の出世の邪魔をしないでくれ!」と不愉快そうに吐き捨てる。同じドーパントでありながら、セールスマンから幹部になったラッキーボーイ・霧彦に対する妬みや対抗心は、かなりありそうです。



【鳴海探偵事務所・ガレージ】
相変わらずお尻にゴミ箱をくっつけたままのフィリップに、翔太郎が電話で気になる人物の名を伝える。

鷹村源蔵。

目つきが気にいらねえ・・・という翔太郎に、フィリップは「論理性のかけらもないね」と一蹴し、代わりに第2風都タワーについて検索した事を告げる。

楠原みやびの夫、楠原大三郎は、昨年殺されている。



ようやく重い口を開き、みやびが夫の事を話し始める。
大三郎は、去年凶弾に倒れたのだった。犯人は未だに逮捕されていない。
みやびがなりふり構わずに推し進めようとしている第2風都タワー計画は、もともと夫・大三郎の夢だったのだ。そして、それを引き継いで完成させるのがみやびの夢。

そのために、みやびはあすかに嘘をついた。自分の仕事を手伝っていれば、パパに会える・・・と。

「良くないぜ。そんな嘘。」
「たとえ嘘でも、それがなければ生きていけない子もいます。」

水辺で人形を握りしめてじっと見つめ続けるあすかに、みやびは悲しそうに視線を送る。
親子3人揃って幸せだった頃、あすかはパパに頭を撫でてもらうのが好きだった。
クルクルと2回撫でて、ポンポンと軽く頭を叩いて。それだけで幸せな笑顔になれた。



【地球の本棚】
「古代生物と歯」

本棚が動いていくつかに絞られる。

「ここまではほぼ間違いない。だが、最後のキーワードがどうしても見つからない・・・。
 敵はどうやって姿を消せる?どこにいるんだ・・・。」

地球の本棚の中で最後キーワードを探ろうと想いに耽るフィリップは、亜樹子の一言で唐突にひらめいた!亜樹子GJ!

「そりゃあ、写真に写ってないんだから、そこ以外の場所に居るんじゃない?」

当たり前の事ですけど、最高のヒントですね。頭の良過ぎるフィリップには辿り着けない答えかもしれないです。ある意味天才…ですね。

「写真に写らないのではなく、写していない場所から撃っていたと考えればよかった!
 上空と周囲、つまり、空と陸の生物を総て検索対象から外せば
 ・・・・・アノマリカリス。メモリの正体はアノマロカリスだ。」

そう、あのなんかこう・・・エビみたいなやつです(笑)

アノマロカリス・ドーパントは食道の内側に生えている無数の歯を、水中から誘導弾のように射出していたのだった!すぐさま翔太郎に検索結果は伝えられる。
敵は水中に潜んでいる!

そういえばこれまでの襲撃は、いずれも近くに水場があった!
楠本みやびを水際に近付けるな!!

すばやく視線を左右に走らせ、みやびの姿を探す翔太郎。折悪しく彼女はあすかを伴って、今まさに水際に向かって歩いて行くところだった!もはや一刻の猶予もない!

「お前の頭脳は百点満点なんだがよ!いつも妙に間が悪いんだよな!!」

W に変身する二人!
フィリップのお尻からバケツが外れて大喜びの亜樹子。変身のたびにフィリップが意識を失う事にはもう慣れてしまったのでしょうか、完全スルーです。

水中から射出される歯に、SPが一人撃ち抜かれた。駆けつけたW は飛んでくる歯の前に立ちはだかり、楠原親子を安全な所に避難させ、姿の見えぬドーパントを追う。
飛んできた歯をバシッと受け止めるW がカッコよかったです!
この場所、今は無くなってしまった高岩さんのブログの、まだお名前を公開される前の記事で写真がUPされていた場所ですね。人口の湖で噴水もあるから涼しいけど・・・と書かれていたと思います。

「敵の居場所は分かった!今度こそ良いよな!フィリップ!」

満を持して。サイクロントリガーにチェンジするW
おお!トリガーは胸に銃がくっついてるんですね!それにしても、水中の敵を地上まで弾きだしてしまうんですから、相当な威力です。無様にベチャッと岸に放り出されたアノマロカリス・ドーパントを見て、物凄く得意そうなW がなんか可愛かったり。とーっても楽しそうですね。銃好きなんでしょうか、翔太郎。一番ハードボイルドに似合う武器だし?

かなわないと見たアノマロカリス・ドーパントは身体を丸めて妙なガス状の者に身体を包む。
W はスタッグフォンにヒートのガイアメモリを挿入して、マキシマムドライブを発動!・・・ってそんなことも出来るんですね!ガジェット単体でもマキシマムドライブ発動できるんだー!

とどめはやはりサイクロンジョーカーのスーパーエクストリームで!
あれは微妙な技なんですけどね。
ドーパントを倒したあとにくりっと手首をまわしてましたけど、今回2度目ですね。これ、W の癖にするんでしょうか♪かこいいです!

アノマロカリスのガイアメモリは破壊され、ドーパントから人間に戻った男の顔を見たW は愕然とする。この男は鷹村じゃない!!破壊されたガイアメモリを拾い上げたその時、あすかが手を振りながら嬉しそうに駆け寄ってくる。

「パパー!!」

刹那!水面が盛り上がり、もう一体のアノマロカリス・ドーパントが姿を現し、凶弾があすかとみやびを襲う!!

「来るなー!!」

W はあすかとみやび親子を守る事が出来るのか!

いい所で待て、次週!です。
いや、面白かった。高岩さんのコミカルな演技がたっぷり見れましたし、サイクロントリガーの得意満面な様子が、ホントに「撃ちたくて撃ちたくて仕方なかったんだろうなー」と。銃なんてめったに撃てませんもんね。思わず「ぷ」と笑ってしまいました(^^) 



次週、解決編。
翔太郎はあすかに何を伝えていたのか。
みやびは、なぜ嘘をついたのか。
ナスカ・ドーパント相手に繰り出すW のキックが美しい…(ため息)
そしてルナトリガーがなんかに乗ってるww!



関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

パパは仮面ライダー?ママは魔女?

ヒーローの人形見たら龍騎のナイトかと思いました。
ナイト来るのか!と期待してしまいました。
…ディケイドに毒されすぎですか?おのれディケイド!

パパは仮面ライダーとかコミカルな話かと思いましたが、
意外とヘビーな話でした。

父親は行方不明で、最後に帰ってくるのかな? と思っていたら、既に死んでいるとか、Wは色々予想を裏切りますね~。
子供に嘘をつくにしても、絶対父は帰ってこないのですから、
ついて言い嘘と悪い嘘があるなと思いましたね。
子供を利用しての政治活動も自覚があるようですが、
酷い母親ですね。
母親は、子供を騙していることに対して悪いとは思っているのでしょうが、夫が果たせなかった第二風都タワーの建設を果たす事の方を優先している感じがします。
 嘘がないと生きられない人間も居る、というのがみやびの言い分ですが、それは自分に対するいい訳ですよね。
結局は子供のパパに会いたい気持ちを
利用してるわけですからね。

ノラさんの言うとおり、
この点では鷹村が言っている事の方が正論なわけで、
最終的には翔太郎がみやびを正すとしても、鷹村が間違っていたという論調には持って行けないですね。
まだ、前半なので後半どう解決するのか期待です。
きっとヒーロー番組らしく母親も改心してくれるでしょう。

しかし私的に亜希子はウザイwと思ってましたが、
意外と馴染んできましたね。
探偵物ではお約束な、事件の解決のヒントになる
素人の何げない一言を言う役割が出来ましたしw
それに文句言っても何だかんだ言って
弾丸届けるんですから根はいい子ですね^^

>いいなぁ・・・私の街でもライダーのロケないかなぁ・・・。

私の今働いてる所が、
アギトのロケ地だったとライダー好きの地元のバイトの子が
言ってました。何か毎回出てくる重要な施設?がある場所だとか。私はアギト観てないのでよくわかりませんが、確かに私も地元でライダー(高岩さん)を見かけたら嬉しいですね^^
生のカブトライダーキック観てみたい!

>アノマロカリス・ドーパント

カリス…だから幼女を襲うのか!とか思ってしまったのは、
駄目でしょうかw

しかし相変わらず高岩さんはうまいですね~。
中の人が翔太郎にしか見えません。

Wは堅実な話作りで派手さはないですが、
安心して見てられます。
前編はいい所で引くので来週も楽しみですね~。

風都探偵物語

ノラ様、こんばんは。先ずは情報から。

お正月上映の劇場版Wに出演する、鳴海探偵長役にミュージシャン・吉川 晃司氏が、
キャスティングされました。彼も又『ライダースカル』に変身。(スカルマンオマージュ)
事実上のエピソード0、全ての始まりは如何に?

黒沢監督。日活。ハードボイルドの薫りが、プンプンしますね。
翔太郎と刑事の啀み合い。護衛依頼に纏る裏模様。全てがセオリー通りです。
鳴海探偵事務所の面々、コミカルな掛け合い漫才の、歯車が回り出しました。

一方で妖しさ丸出しの、園崎家御一同。何気に、大物振りを見せつける父。
名優・寺田 農さん、流石の存在感です。そして、テーブル下から父の膝に顔を出す妹。
エロチックで、インセストタブーを連想させますね。
園崎家の人々。何処かで『身内殺し』を、平気で行って来た過去が、有りそうです。

娘に嘘を教えて、形振り構わず生きてきた母。
Wに父の面影を見つつも、健気にも、全てを悟っていそうな娘。
後半は、家族の苦い苦い崩壊劇が展開するのか? それとも?

すいません。

えっと私は携帯でいつも見ているのですが、最近重たくてせっかくの記事が拝見できません。
何か変えられたのでしょうか?
なんとか読めるようがんばってみます!

こんばんわ、白いのさん!

あすかの人形、面がナイトっぽかったですね。
そうオーロラの向こうからナイトが・・・出てこないちゅーの。

ストーリーだけ追うと、確かにとってもシビアで重い話ですよね。それでもそれほどヘビーな印象を受けなかったのは、監督上手さかもしれないですね。それとW の動きがごく自然にコミカルだったし。

みやびがあすかに吐いた嘘。
「たとえ嘘でも、それがなければ生きていけない子もいます。」
と言ってあすかを見たみやびの悲しそうな目が引っかかっています。
パパが大好きだったあすかは、パパが凶弾に倒れた時、一緒に傍らに倒れてました。大三郎さんが娘を庇って凶弾に倒れたのなら・・・、そうでなくとも目の前で父親を喪い、あすかの幼い心にどれほどの傷が残ったか。予告ではあすかはベッドの上に横たわっていましたね。娘を元気づける為の小さな嘘が、思いの外娘にとって大きな心の支えになってしまって、今更嘘とは言えなくなったかもしれないですしね。

まだまだ前半、みやびの真意も次週を待たねばなりませんが、私は同じ母親として、みやびの母性を信じたいです。
それに・・・母親も弱さを抱えた人間なんですよ。突然、夫が凶弾に倒れて心の支えをなくした時、それでも子供の支えにならなければならなくなった時、自分自身を何で支えたら良いでしょう?
夫の夢を実現するのが私の夢と、語っていたみやびの必死な様子が切ないです。

先週までのミリオンコロッセオ編の優子さんも、最初は店を立て直す資金を得るためにカジノに足を踏み入れてしまった訳ですし。みやびが子供を利用してまでも政策を実現しようと躍起になるその影には、どんな思いが隠されているのか、それは総て来週を見てから・・・ですね。楽しみです(^^)
また良い意味で裏切られる展開になるかも知れませんしねー。

Wを見ていると、ドーパントになる人間とならない人間はどこが違うんだろう、どこで別れるんだろうと考えてしまいますね。ガイアメモリで誰もが簡単にドーパントという超人になれる。ドーパントの言う事がいちいち正鵠を射ているのも面白いなーと思っています。そんなまっとうな事を言う人間でも、ドーパントになるのだと思うと。

鳴海探偵事務所!上手くまとまって役割分担が決まってきましたね!いいチームです。
憤慨してガレージに戻ってきて、フィリップのお尻のバケツを見て怒りを忘れる・・・という。あと先考えない痙攣的な行動とか、思いつきをすぐ口にするとか。お前B型だろ!と突っ込みたくなります。>亜樹子。

>アノマロカリス・ドーパント

>カリス…だから幼女を襲うのか!とか思ってしまったのは、
>駄目でしょうかw

誰が上手い事を言えとww!

高岩さんの魅力全開ですよね!>
毎週楽しみで楽しみで♪

こんばんわ、M NOMさん!

冬の劇場版の情報ありがとうございます!そろそろ各所で情報が公開されているようですね。鳴海壮吉役に吉川晃司さんがキャスティング!いかにもふさわしいですね!ライダースカルに変身というのも感慨深いです。

仮面ライダーが企画された時、石ノ森先生は始め「ドクロ」をモチーフにした仮面ライダーを描かれたんですよね。怖すぎるという事でバッタのモチーフに変えられましたが、そう考えるとライダースカルは、仮面ライダーの真の原点へのオマージュと言えるかもしれません。

黒沢監督の作品は今回のが初めてですが、大人なハードボイルドなカメラアングルとか演出とか、ゾクゾクしますね!それともう一つ感心したのは、フィリップのバケツを亜樹子が躍起に取ろうとする部分。あれは本来話の中では不要なエピソードのはずなのに、それがうるさくないどころか、チームの中での亜樹子の立ち位置をちゃんと主張していますよね。そもそも翔太郎とフィリップだけいれば成り立つ話に、ちゃんともう一人の相棒・亜樹子を絡めてくる辺りが憎いなと思いました。
また黒沢監督が撮られたの別の話を拝見したくなりました。

>そして、テーブル下から父の膝に顔を出す妹。
>エロチックで、インセストタブーを連想させますね。

こういってはなんですが・・・ハードボイルドにエロは付き物・・・みたいな所はありますよね?ね?子供番組でそこは表現できないだろうと思ってましたが・・・そうきたかと(笑)
分かる視聴者のお父さんだけが嬉しいという、隠しエロ。
さすが黒沢監督!

来週の展開は本当にどう展開していくのか、ドキドキしますね。ハードボイルドの小説を読んでいるような感覚にとらわれています。早く次のページをめくりたい・・・!

こんばんわ、めめさん!

いつもありがとうございます!
私は特にこれといって設定を変えてはいないのですが、テンプレをハロウィン用に変えたのと、最近FC2の管理画面が多少整理されて変わったかな?それは関係あるのかないのかわかりませんが・・・。

それとも私の文章がバカ長いから重いとか・・・Σ(◎◎;)
何とか原因が分かればいいんですけど、ごめんなさい。ご不便をおかけします。
テンプレが原因という事もあるのかな・・・。別のに変えてみますね。物は試しに。

読めました!

ありがとうございます(≧∇≦)昨日とはうって変わってサクサクと。
テンプレまで変えていただいてすいません。


あの『パパぁ!?』のリアクション高岩さんの生声で聞きたいです。(^w^)ってか鳴海荘吉を高岩さんにやって欲しかった。
吉川晃司さんもいいですが、たまにはそんな事もあってもいいかなと思ったんですけどね。

しかし、スカルマン(笑)あれを実写可するとは。どこからか聞こえてくるのは黄金バットの唄♪
黄金バットは好きだけどあれはちょっとキモいかもです。動いたらまた変わるんでしょうね。
キックに惚れて吉川さんにオファーしたという事ですから、やっぱり中は永徳さんでしょうか?
今から楽しみです(o^∀^o)

それはよござんした(^^)

おはようございます、めめさん!

テンプレが原因でしたかー!変えてみて良かったです。
テンプレによっては、時々そういうこともあるんですねー。
何はともあれ、原因が分かって良かったです(^^)

の『ぱぱ?』の下りの生声!いいですねぇ!聞いてみたい!高岩さんの素面のお芝居も見てみたいです!

キバのキャラクタービジュアルブックの03だったかな、松田賢治さんが「高岩さんは本当に芝居が上手い!」「いつか人間体・高岩さんのお芝居を見てみたい」とおっしゃってたじゃないですか。電王では石丸さんも絶賛してらしたし。ベテランの俳優さんに絶賛される高岩さんのお芝居・・・見てみたいですねー!!

高岩さんの鳴海壮吉!ハマるかもしれないですね!!

ライダースカル、画像見ました!!
ライダーは動くまでわかりませんからねー!電王やディケイドで学習しました(笑)怖いマスクですけど、以外にカッコいいかもしれません。
画像見る限り、立ち方が永徳さんっぽいですけど、実際はどなたなんでしょうねー。

永徳さんといえば、最近クレジットにお名前がないのでとても気になっています。アクション監督補助として11日放送分にはお名前があったんですが・・・。

追 記

どうも。シンケンジャー感想を書く前に、先回書き忘れた内容を。

メモリディスクの組み合わせで、9パターンのスタイルに化身するW。
サイクロンジョーカーを009だとすると、残るパターンも00ナンバーの能力を、
踏襲していたりして。Wは、将に「1人・00ナンバーサイボーグ」ですよね。
どの組み合わせが、001~008に当て嵌まるのやら・・・?

苦い結末>
ハードボイルドストーリーで探偵は、事件解決や依頼人の命を救う事が出来ても、
依頼人の『魂の痛み』や、性(さが)や業(ごう)を鎮撫する事迄は、
守備範囲外、契約外の事項なんですよね。

事件解決。なれど、母親の嘘を知った少女は、心を閉ざして「人形」になりました。
等々の末路も有る訳で。
「苦味を背負って生きて行く依頼人の姿」を描き切る事が、ハードボイルドの真骨頂と
感じるのですが。4クールのエピソード(A~Z)に期待大です。

再びのお越しありがとうございます!M NOMさん!

>1人・00ナンバーサイボーグ

ちょうど9人だし!面白いですね、そう考えると。
ルナジョーカーは007かなとか、ヒートトリガーは004かなーとか、いやそれはちょっと違うんじゃない?とか。001はフィリップ一人でよさそうな気もするし、そういう観点で考えると亜樹子が003・・・ってのは、ありえへん!!
楽しいですね。

>「苦味を背負って生きて行く依頼人の姿」を描き切る事が、
>ハードボイルドの真骨頂

確かにハードボイルドという観点から見ればその通りですよね。依頼人の魂の傷までフォローしていたら、それはハードボイルドじゃなくて、ハートボイルドになってしまいます。

しかしまぁ、こういってしまうと元も子もないんですが、仮面ライダーは、大前提として子供番組ですから(^^;)
「本当はお母さんは子供を愛しているんだよ」という結末にしないと、視聴者である子供たちの心に影を残しことになってしまうと思うんです。どのような形であれ、やはりそこはフォローしてもらいたいという、個人的な希望ですけどね。

ハードボイルドな演出でありながら、絶妙なギリギリのところで何気なくハーフボイルドがちらりと見えたり、無愛想な背中からハートボイルドが滲みだしたり。

子供番組という枠の中で、いかにハードボイルドを描くか・・・というのが仮面ライダーの挑戦ではないかと。
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。