スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

JAEスペシャルイベント 俺たち、参上! Vol.03

私ってば、まだぶっちゃけトークの部分しかレポをUPしてないですねー。この後、客席からの質問コーナーとか(2つ)、スペシャルゲストが登場したり、大抽選会やあんなことやこんなことや・・・・・おいおい、もしかしてまだ全体の3分の1もレポが完成して無いじゃん・・・とウラよりも青くなっているところでございますが。なんて内容の濃いイベントだったんだ!と身に染みて感じますねー。
本当に素晴らしくみっしりと詰ったイベントでした。
本当に社運が賭かってたりして・・・。
レポも先は長いぞ!

さぁ、検索をはじめよう!

開け、私の記憶の本棚!

・・・・・ああああ、明日はWじゃないですか。ああ、もう今日か。早く寝ないとww。
とりあえずぶっちゃけトーク最後のテーマ、【印象に残った仕事】を書き上げたら、とりあえず寝ます。



【同日追記・訂正】追記・訂正部分は青字
・永瀬さんの「印象に残った仕事」
・永徳さんのターンでの次郎さんのツッコミ
・押川さんのターンで、永徳さんに飛んでいた皆さんのツッコミを追記いたしました。
仮面ゲスト様、ありがとうございました!
 
・今朝思い出したこと。高岩さんへのおぐらさんの痛烈なツッコミを追加いたしました。

【9/16 訂正】
・ラバージェル→ラバーセメント
・押川さんの○○期生→29期生
海藤アキラさん、ありがとうございました!


【印象に残った仕事】

高岩さん
  おぐらさん 「高岩さん、どんな仕事が印象に残ってます?
           かつらが飛んだ以外に。

高岩さんが一番印象に残ったお仕事は、アギトでのファイヤーアクション。
てらそまさんが司刑事役で登場した回ですね。人体発火の合成素材を撮影するのに、ファイヤーアクションはまだやったことがないからと、高岩さんが志願したというあの火達磨シーンのエピソードです。

まず、股引のようなものを履き、その上からラバーセメントを塗って火をつけると熱くないそうで
この時も試しに腕を燃やして熱くない事を確認し、全身にラバージェルを塗って点火。アクション監督から、暫くもがくような動きをしてくれと指示があり、高岩さんは燃えたまま身をよじったりして体を動かしていたそうなんですが、下に履いていた股引の丈が短く、もがいているうちにどんどん上にずり上がってきてしまったそうです。あの時高岩さんが示したのは左足だったかな。

片足のスソがずり上がって、ラバーセメントを塗っていない素肌が露出し、物凄く熱かったそうなんですが、それでも頑張って10秒ぐらいはもがいていたそうです。監督から事前に、熱くなったらうつぶせに倒れろと指示されていたので、ギリギリまで我慢してうつ伏せに倒れた高岩さんに監督が走り寄ってきて、

監督 「高岩!悪かったな、お前は足が長いかったんだよなぁ!」と言われた・・・と(笑)
べろを頬の内側にレロレロしながら、自慢げなそぶりで会場を見渡し、片手を挙げてアピールする高岩さん。お尻を突き出して大げさに前かがみになり、永徳さんに向けて片手を拝むように突き出して、「わりぃ!」としきりに謝る謝る。会場はおお喜び。

一通りおどけて永徳さんをいじった後、高岩さんはまじめな顔して「冗談はともかく」みたいな感じで仰ってたのは、ファイアーアクションを演る方は、小柄な方が多いんだそうで、高岩さんのように175cmもある方はあまり演らないんだそうです。だから股引も小さいサイズしかなかったので、取り直しの時は、股引をかなり浅く・・・殆ど腰パン状態(?)に摺り下げて、再度火達磨になったらしいですが、それを再現してくださった時の、高岩さんの内股の動きが妙に可愛かったです(^^;)
ずり下がった猿股を幻視しました!

  おぐらさん 「あ、じゃあ全身火達磨になって、自分の足が長いことがわかったと。」

でまた、謝り倒すポーズで永徳さんに「スマン!」とやって、ついでにおぐらさんにも「わりぃ!」ってやって・・・。高岩さんの足の話が出たら永徳さんをいじるってのはお約束なのかー(笑)

それにしても、火傷はしなかったんでしょうかー。大事にならなくて良かったですよね。

永徳さん
お待たせしました、永徳さんのターン。永徳さんが印象に残っているのは、ディケイドの中で、リュウガが登場し、ディエンドと戦った、あの海岸でのシーンだそうです。ちなみにリュウガは次郎さん。

でぃえんどは、ほかのひとよりはやくうごくので・・・ほかのひとがゆっくりうごいているときに・・・ぼくははやくうごかなきゃいけなくて・・・んーーーー、かぶとのくろっくあっぷみたいなかんじで・・・・。

いやもう一生懸命、ディエンドのすばやい動きを言葉を捜しながら説明する永徳さん。つまり、敵の数倍の早さで動くと言う設定なので、適役、この場合は次郎さんは実際にゆっくりとしたアクションをし、相対する永徳さんは早めの動きをしながら立ち回りをしなきゃならない・・・という事を言いたかったらしいです(^^;)

だから、かっとがかかっても、まけたはずのじろうさんはへんぜんとしているんだけど、かったはずのぼくはぜいぜいしてて、たいへんだとおもいました

  次郎さん  「俺が楽してたって言いたいのか。」

いえいえいえっと慌ててプルプルする永徳さん。(Special Thanks:仮面ゲスト様) 

そして。

  おぐらさん 「永徳、お前・・・今度(マル)で(文章を)切ったら、ぶっ飛ばすぞ!」

そんなw!永徳さんをいぢめないでw!
しかし・・・・永徳さんが喋ると、会場中から笑いが巻き起こるんですよねー。保護欲をそそるというか、こんなに可愛らしいのに、アクションは素晴らしくキレがあってかっこいいんですよねー。

押川さん
押川さんの印象に残ったこと。それは高岩さんとの出会い。
実際にそのシーンを再現してくださることに。

  高岩さん 「え?俺も演るの?」
  押川さん 「いえいえ。・・・永徳!」

サポートに永徳さんが呼ばれまして、なにやら耳元に何か指示してました。配役は高岩さん役を押川さんが、新人の押川さん役を永徳さんが演じます。
仮面ゲスト様にコメ頂いて思い出したんですが、高岩さんとの出会いエピソードの話が出た途端、永徳さんが不審な動きを始めて、場内の笑いを誘っていまして。その後押川さんに呼ばれた永徳さんに、メンバーから「ネタ仕込んでたろ!」の声が飛び交っておりました。(Special Thanks:仮面ゲスト様)

押川さんが高岩さんとであったとき。高岩さんはトラックの荷台の所に座って、神尾さんからバンテージを受け取り、手に巻いています。そこへ挨拶に行った押川さん。

  押川さん 「第29期生、押川です!よろしくお願いします!」

すると高岩さんは巻き終ったバンテージの端をチッ・・・と歯で噛み切り、低く渋い声で

  高岩さん 「新人か。
  押川さん 「はいっ!!」
  高岩さん 「 怪我するなよ。 」

かぁぁ~っこいいぃぃ~!思わず溜息とどよめきが起こる会場。押川さんはとにかくその出会いが強く印象に残っていて、まさかこんな人とそれから先10年も一緒に仕事が出来るとは思わなかったですよ~・・・と、察するに今まであちこちでそのお話をされている様子なのにも関わらす、少々興奮気味にそう仰ってました。

  高岩さん 「お前さ、その話何回も聞くんだけど、俺ぜんっぜん覚えてないんだわw。」

と居心地悪そうな高岩さん。隣で次郎さんも突っ込みを入れ始めます。
  
  次郎さん 「何でバンテージ巻いてたの?」
  高岩さん 「・・・腱鞘炎・・かな?(^^;)」
  おぐらさん 「怪我するなって言った人が、怪我してたんですか?」         
  高岩さん 「俺、なんで歯で切ったんだろぉー?
         ねぇ、ハサミ使やーいいのにねぇ・・・。」

ばつが悪そうに、しきりに髪に手をやる高岩さん。畳み掛けるように・・・・!!

  永瀬さん 「高岩兄さんはヤらしいですよぉ~!!」

今度は永瀬さんによる高岩さんいじりのターン。アギトが始めてG3と対面した時の高岩さんの芝居を、実演付きで熱く語ってらっしゃいました。しかもマイクを置いての熱演だったので、他の5人の皆さんがご自分のマイクを永瀬さんの声を拾おうと周りに突き出してました。地味に麿さんもマイクを差し出してましたし。

アンノウンとの戦いがおわりました。アギトは舞台右手に去っていこうとします。そのときアギトの後方、(舞台で言うと左手方向)でG3が動きます。それに気づいたアギトが立ち止まり、右の肩越しに後を一瞥します。

  永瀬さん 「ここで、普通はどうします?後を見てなんやこんなヤツ・・・って行こうと思ったら、
         そのまままた前を向いて歩いていけばいいでしょ?
         高岩兄さんはヤらしいんですよー。」

散々引っ張って引っ張って、高岩さんからも早く言えと突っ込まれつつ熱弁を振るう永瀬さんの仰ることには。

舞台右手方向に立ち去るアギトが、立ち止まり右肩越しに後のG3を一瞥、その後、高岩アギトは、わざわざG3の方に体ごと向き直ってから、時計回りに再びG3に背を向け立ち去る・・・。最初の立位置から、時計回りに1ターンしてから舞台右手に立ち去っていったわけです。しかも視線をG3に残したながら。やらしいですよね~!を連発する永瀬さんに、高岩さんは

「それも覚えてないわw」

と言いつつも、居た堪れなくなったように、椅子の上からずり落ちそうな格好になってくる高岩さん。でも長い足で支えてるからズリオチナ~イ!
トーク用の高い椅子って背もたれが低いじゃないですか。浅く腰掛けて思いっきり後にのけぞって・・・う~んなんていえばいいのかな、椅子に接しているお尻を支点に大の字に目一杯体を伸ばす感じ。
いやもう・・・ご自慢の長い足を惜しげもなく・・!本当になんて長い足!

  高岩さん 「俺のイメージが変わっちゃうよー!」

もう照れくさくて仕方がないような、身の置き場がないような。

  永瀬さん 「いや変わってないですよぉ!カッコいいって言ってるんですから!
         ボクはそれを見て、師匠と呼ぼうと思いました。」

「師匠なんて、呼んだことないだろ!」と突っ込まれ、「いや、心の中でね」と。
                          (Special Thanks:仮面ゲスト様) 


それを聞いた高岩さんは、おもむろに起き上がって、トーク用の高い椅子に、モモタロスが良くやるように高く上げた長い右足をダンッ!と椅子の上に乗せて・・・・ポーズをつけ、会場は大盛り上がり。

  おぐらさん 「カッコいいが一昔前ですけどね。」

おぐらさんの高岩さんに対するツッコミが年々容赦なくなっているような気がする・・・。

次郎さん
次郎さんの印象に残った仕事はBLACK RX。
石切り場で、敵の槍を避けながら、転がるシーンの撮影の時、崖のギリギリのところまで転がって止まるという芝居をしたときの事。後一転がりで止めようと思ってぱっと手を突いたら地面が無かった。そのまま傾斜が80度(?だったかな)の崖を10m位だったかな、ざーっとしたまで転がり落ちてしまったんだそうです。そのとき補助で付いていた、今シンケングリーンに入ってらっしゃる竹内さんが一部始終を目撃されていたそうですが。
すぐさま監督が「大丈夫か!!」と駈け寄ってきたそうですが、次郎さんはちょっと怪我をしてたけど、体は平気だったので(!)「面が割れました」と。すると監督は「面なんかいいんだよ!!お前の体は本当に大丈夫なのか?!」と体を気遣ってくれたそうで。

  次郎さん 「はい、大丈夫です!」
  監督さん 「そうか、じゃあ続けよう。」

ええええええwwww?!次郎さん崖から落ちたんですけど。その素晴らしい監督は・・・。
そこにいた6人が、しーっと唇に指を当てたり、フルフルと首を振ったり・・・・。
言っちゃなんねぇ・・・・名前を言ってはいけないあの人なんですね、やっぱり(^^;)

永瀬さん
さっき永瀬さんが大熱演していたのでうっかり忘れるトコでしたが、永瀬さんの一番印象に残った仕事、それは、さら電での落馬ですって(笑)

  永瀬さん  「アレは事故ですからね!」

と声を大にしてアピールされてましたよ。




このターンは、高岩さんが肴にされるターンだったので、高岩者としては非常においしいテーマでした。「俺のイメージ」って、高岩さんカッコいいんだからいいじゃないですかー。
いやーでも、昔の自分って、物凄く恥ずかしい場合がありますよね。



一応あらかじめ決まられたテーマに沿ったトークはここまでなんですが、まだまだトークショーは続くんですよ。本当に濃いですねー。こんなに高岩さん達が出ずっぱりのイベントって、なかったですものね。なんて贅沢な時間なんでしょうね。

続く・・・・・。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

うわぁ~こんな遅くまでやってらしたんですね。ノラさん大丈夫ですか?ありがとうございます。お体に無理なく、ゆっくりとお待ちしてます。
(⌒~⌒)

おはようございまーす、めめさん!

うわぁ~!もう朝やーん!と私も思いました(^^;)

書き始めてから、ああ、そういやこのトークテーマは高岩さんネタやら次郎さんの仰天エピソードやらてんこ盛りだったんだっけ・・・と思い出しました(笑)
永瀬さんの印象に残ったお仕事を書き落としていたので追記しましたよ。

SHTも観たし、少し寝ようかな~・・・ははは。

おはようございます!仮面ゲスト様!

あああ、色々思い出しました!ありがとうございます!
早速・・・いや、今ならまだ間に合う!(笑)
急いで追記しておきます!本当に人間の記憶もメモリに保存できたらいいのにと思いますよねー。
そして私の脳みそも、もうちょっとメモリの増設をしたい・・・。

またゆっくりと(笑)

ノラさん、すごいです!

もうこの部分については、ほとんど欠けるところはないんじゃないでしょうか?
素晴らしいです。
私ね、帰った後に、アギトの1巻見直したんですよ。戦闘不能になったG3を振り返りつつ帰るアギト・・・。
でも、永瀬さんが実演したみたいに、くるっとは回っていませんでしたよ。永瀬さん・・・盛ったな。
でも、振り返った状態から、肩の回し具合、視線の外し具合、首のめぐらせ具合・・・
ヤらしいですね~
で、永瀬さん、テーピングピッとやったシーンについて、
きっと高岩さんの目線の先は撮影スタッフかなにか、女の子がいたんでしょうよ・・・みたいなツッコミをいれていたのですが、どんな言い方をされてたかまで思い出せなくて・・・。

こんばんわ、れいさん!

Vol.03は、完成形に近づいてきましたか?!
永瀬さんのツッコミ、そういえばそんなツッコミがありましたよね!えーと・・・ちょっと記憶を掘り起こしてみます!

アギトのワンシーン、私も見直してみたんですが放映シーンはちょっと違いますよね。
永瀬さんは現場で直接見てらしたから、カット割していない一連の動き見てらしたのか、もしかしたら何テイクか演った中に、実演通りの動きがあったのかなーなんて思うことにしました(^^;)

ヤらしい動きには変わりなかったですしねー(笑)

たびたび失礼しますー

お届けものでーす( ´・ω・)つ【ガイアメモリ】←そのメモリ増強じゃない

火だるまスタントの時に塗りたくったのはラバージェルでなくてラバーセメントだったと思います。
あと押川さんは29期生だったかと。「怪我、するなよ?」の言い方とても渋かったですね。

お邪魔しましたー。三河屋でしたー。

コレで本当に私は超人になれるんだろうね?!

ネ申の記憶力を手にwww!

こんにちわ、海藤アキラさん!
ガイアメモリ・・・もとい、訂正コメ、ありがとうございます!
訂正させていただきますね(^^)d

それにしても・・・ガイアメモリって、三河屋さんが売り歩いていたんだ・・・。(ハードボイルド・サザエさん)
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。