スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

侍戦隊シンケンジャー 第27幕 『入替人生』

「呼んでも太夫はいないよ。一体どこへ行っちまったんだか・・・。」

薄皮太夫は家出中。あれから六門船には戻っていないようです。破れ三味線を抱えて、どこをどう彷徨っているものか・・・。剽軽者のススコダマが、太夫を探すように彼女がいつも奏でていた三味の曲を真似て歌いますが・・・。

「いつまでウダウダいってやがんだ!」

ドウコクがススコダマの1匹を乱暴に毟り取り、シタリの向かってテメェはやることあるんじゃねぇのかと不機嫌極まりない。夫婦喧嘩の末に勢い余って女房に「出て行け!」といったら、本当に出て行かれてしまい周囲に当り散らす関白亭主のよう。

「いってぇいつになったら溺れる人間どもを肴に酒が飲めるんだ!え?!」

「その一件、このアベコンベにお任せ願いましょう!」

妙に芝居がかった口調で三途の川から上がってきた1体のアヤカシ。ドウコクもシタリも見覚えのない面。注意深く素性を窺う。

「そりゃあさるお方の下に長くお仕えしておりやして、
 お目にかかるのはコレが初めてで・・・。」

さるお方。またまた不穏な空気が漂ってきましたね。ドウコクに組するものか、はたまた反旗を翻す者か。いずれ近々さるお方が自ら参上してご挨拶申し上げる・・・あっしはその露払いとして一働きさせていただきやす・・・と人間界へ。
まるで侠客のようですね。
さるお方って国定忠治とか清水次郎長みたいなのが出てくるんでしょうかー(^^;)

こういうときのドウコクは口を開きませんよね。尋問詰問はシタリに任せて、自分はじっと相手の本意を見定めようと様子を窺っています。やっぱりドウコクは怖いヒトだ・・・。あ、ヒトじゃないか。

さて今週のアヤカシは自分でも名乗っていました、アベコンベ、元になった妖怪は「火車」です。
いつもテレ朝の公式にUPされている外道衆の欄で元の妖怪を見ているんですが、今回は「え?火車?なんで?」という印象。火車は亡骸を奪っていく妖怪だと思ったんですが。アベコンベと繋がらない・・・。魂のある者からその者の体を奪う・・・という事なのかな。ちょっと無理やりな気もしますが・・・気にしない方向で。
古典においては、火車は虎の褌を巻いた姿で描かれたり、火車猫・・・のように猫をからめた伝承が残っていたりするので、アベコンベはあの姿なのでしょうね。



【千明とコトハ】
仲間達のお昼ご飯の買出しでしょうか、千明とコトハがゴールド寿司で源太から特盛り寿司を受け取ってます。十臓に刺し貫かれた丈瑠の肩の怪我を心配する源太に、丈瑠の様子を伝え、屋台を後にしようとしたその時。
近くをジョギングしていた若者が、おもむろに奇妙な動きをしたかと思うと、両手を高く差し上げたまま動かなくなってしまいました。怪訝そうに近づく千明とコトハ。
何事かと屋台の陰から覗き込んだ源太の背中に、妙な形の針が刺さったとたん、源太は地面に伏して丸くなりそのまま動かなくなってしまいました。

何事?!


【アベコンベ】
厄介なアヤカシです。アベコンベの針に刺されたは、もう片方の針が刺さったと入れ替わってしまうようです。

異変に気づき駆けつけてきた千明とコトハは二人でシンケンジャーに変身して立ち向かいますが、歯が立ちません。逆にアベコンベの針がコトハを狙って伸びてきます。間一髪で飛び込んできたシンケンブルーとシンケンピンクが針を跳ね返し、アベコンベの後方からシンケンレッドが斬りかかる!

アベコンベと斬り結ぶシンケンレッドでしたが、十臓との戦いで負った傷の為にいつもの戦いが出来ません。

「手負いかぁ!!」

猛烈に斬り込まれ、よろけた拍子に隙が生まれ、シンケンレッドはアベコンベの針に刺されてしまいました!!もう一つの針は・・・・招き猫に・・・!針を抜かれたとたん変身が解け、力なくペタンと座り込んでしまった丈瑠。

「ふん。こうなってしまえばシンケンレッドも倒すのは簡単!!」

招き猫に向かって刃を振り上げるアベコンベに気づき、すばやくシンケンマルで招き猫を守ったのは千明!
 
「ふん!勘のいいヤツだなぁ!!」 

それに気づき、流ノ介と茉子もアベコンベに斬りかかって行きますが返り討ちをくらって吹っ飛び、二人もあの奇妙な針に刺されてしまいます。流ノ介と茉子は一体何に?残ったのは千明とコトハの年少コンビ2人だけ。この事態をどう切り抜ける!?

「!・・・水切れか・・!だが半分は片つけたも同然!
 今日はこれくらいにしておこうか!!」

水切れのアベコンベは隙間へと戻っていきました。
危機を脱し、慌てて茉子と流ノ介の姿を探すコトハは、散乱するフリマの陳列品の中から茉子を発見しました。しかし、呼べど揺すれど反応せず、押し黙ったまま規則的に首を左右に振るばかり。

「千明!茉子ちゃんがおかしい!!」

「ああ、丈瑠も固まったまんまだ」 

見ると丈瑠は右手を高く上げてちょこんと座り、微動だにしない。あたりを見回すと、同じように奇妙な格好のまま固まった人々がいる。
千明の脳裏に丈瑠がこうなった時の記憶が再生される・・・まさか!!千明が招き猫を手にしたその時、傍らに散乱していたダンボールを跳ね上げて立ち上がった流ノ介が、曖昧な微笑を浮かべておもむろに・・・!!!!!
きゃー(////



【志葉家】もう大変(笑)

招き猫な丈瑠が本当に猫っぽくて可愛いです(^^)右手を上げているから金運を招く猫ですねー。ちなみに左手を上げているのは人を招くんだそうで。そんな無駄知識はともかく。
彦馬さんは、丈瑠の魂が入った招き猫を「おいたわしや~ ノ_;)と抱きしめて、中の丈瑠にどん引きされてます。

茉子ちゃんは扇風機・・・というのは何となくわかったけれど、源太はなんだろうと思っていたら、寿司ww!!どこまでもおいしいやつ・・・寿司だけに。
ところで問題の流ノ介は・・・?

「ああ、トイレに入れといた。なんとなく・・・・・・あれだし ^^;)

流ノ介の後姿が小便小僧そのもので、このシーン大爆笑だったんですが、相葉さんに感心してしまいました。そういえばあの中途半端な微笑みも小便小僧の表情だし。厠の窓から覗く、どこを見ているのかわからない視線と、邪気のない微笑みが無性に可笑しくてww!こっち見んな(笑)

そう考えてみると、殿のあの顔も招き猫に見えてくるし、茉子ちゃんも扇風機そのもので、それぞれの姿を思い出すと、ニヤニヤと笑いが込み上げてきて、変な人になってます、私。
皆さん”物”を演じるのは初めてだそうですが、素晴らしいですね!
みんなよく観察してるなぁと(爆笑)

流ノ介入りの小便小僧の腰にハンカチを巻かれているのを見て、「よかった~、扇風機で」と心底ホッとした表情の茉子ちゃんにも笑いました。人間、どれほどの逆境に立とうとも、自分より不幸な人を見つけると救われるもんなんだなぁと。
みんなちゃんと円坐に置かれているのもツボで。

とにかく。いくら見た目が可笑しかろうと、よく考えると恐ろしい状況です。物と入れ替わってしまった人間達は動けずしゃべれず。何と入れ替わってしまっているのかわからない状況。しかもアベコンベは丈瑠の体ではなく招き猫を狙った・・・という事は、入れ替わってその人の魂が入ったものを壊されると、その人は死んでしまう・・・。

千明の見解を聞いてぎょっとする入れ替わってしまったシンケンジャーの4人。

「おい・・・おれ一番ヤバイじゃねぇかよぉ~」(深刻な場面で吹いてしまったじゃないか!)

元に戻すにはあのアヤカシ・・アベコンベを捕まえて聞くしかない。

「うちらだけで?」

自分に言い聞かせるように「うちらだけでやるしかない・・・」と不安げに口の中で繰り返すコトハの、胸の前で固く握り閉めた小さな手を見て、ふっと笑う千明。

「けどさ、丈瑠のこんなカッコ見れんのなんて、貴重じゃない?ピポーン!」

急に楽しそうにはしゃぎ、丈瑠にちょっかいを出し始めた千明は、おもむろにショドウフォンを取り出し、丈瑠の顔に落書きをw!「お前達、行っくにゃーん♪」
圧し掛かる重責に強張っていたコトハの顔に笑みがこぼれる。少しは肩の力が抜けたかな。
千明流の何気ない気遣い、優しさ、好きですねぇ。

その代わりに自分は彦馬さんに怒られて追い回されているし、招き猫の丈瑠も睨みつけてますけど。



【三途の川・六門船】
アベコンベの趣向に喜ぶシタリ。これで三途の川の水も増えるとホクホク顔。しかし。

「お言葉ですが、シタリさん。
 我が主、さるお方の狙いはそんなちっぽけなもんじゃねぇんで。」

物になってしまった人間は、物としてしか扱われない。人は知らず知らずのうちに、人の命を奪ってしまう・・・。この世を人が人の命を奪う地獄にする・・・!

あまりの外道っぷりに、さすがのシタリも二の句が継げない。
突然笑い始めたドウコクが、手に持っていたススコダマをポイと六門船の外に投げ捨てて立ち上がる。

「気に入ったぜ。テメェの言う地獄、楽しみにしてるぜ。」

「へい。」

ドウコクに頭を下げてますけど、侠客ってのは自分の親分が一番ですよね。そもそも”さるお方”ってのも得たいが知れない。アベコンベが語ったこの世の地獄も、その裏にある思惑は見えていない。ドウコクは笑ってはいるし、気に入ったとも言ってますが、気を許しちゃあいないですよね。傍観する態度を崩しちゃあいないなと、そんな感じを受けたんですよねー。
ドウコクに惚れてるから、カッコいい方へいい方へと考えちゃうんですよ、どうしても。
あら、サラッと告白しちゃった。

ドウコクから投げ出されたススコダマは、隙間を通ってこの世の川にポチャリ。
流れていくススコダマを、川岸からそっと救い上げたのは薄皮太夫。

「どうした?流されたのか?
 ふ・・・一緒にいるか?一人では話し相手もおらん・・・。」

薄皮太夫に逢えて嬉しいのか、声を立てて笑うススコダマを胸に抱き、呻く三味線を片手に、何処へともなく歩きだす太夫。寂しそうで、悲しそうです。心まで彷徨っているようで。

このススコダマもいずれ何かの伏線となるんでしょうか。小林さんの脚本はふとしたところに繋がったりしますから、気が抜けません。



【志葉家】
一心不乱に竹刀を振るうコトハと、縁側に座って策を考える千明。今回は倒すのではなく、入れ替わった人々を元に戻す方法を聞きださなければならない。倒してしまった方がまだ楽だが、人々の魂が元に戻る保障はない。

座敷では、源太が腐りかけてます(爆笑) 早く冷蔵庫に入れないと!
今週のシンケンジャーの緩急の”緩”担当は源太ですかねー。彼はコンスタントに”緩”ですけど。

何か考えなければ、今戦えるのは自分達だけだから・・・と張り詰めるコトハに、千明は軽い調子で声をかける。

「あんま力みすぎんなよ。身体、動かなくなんぞ!」

うん、大丈夫・・・振り向いて「千明のおかげ。」とコトハが笑う。

「うち・・・責任重大やって、めっちゃ緊張してて。
 ほら、ホンマにうちらだけって、初めてやん・・・年下組みって言うか。」
「実力もな(^^)」
「そやけど、さっき殿様いじって笑わせてくれたやろ? 
 それで力抜けた。・・・ありがとう。」

コトハちゃんとわかってたんだなーと。本当にいい子ですよね、コトハ。可愛いなぁ。
千明も・・・千明のこのいい具合に力の抜けた所が(父譲り?)自然な形で仲間に冷静さを取り戻させている気がします。さすが、シンケンジャーのツッコミ担当。オチコボレな侍だった千明も、いつの間にか頼りになる仲間に成長したことが、おかあさん嬉しい。(←違う)

絶対みんな助けような・・・と笑いあう二人をじっと見守り、うなずく彦馬さん。
そのときスキマセンサーが鳴り響き・・・って、緊迫の場面なのに緊迫させてくれない今日のお話は何?!すわ・・と緊張するそれぞれのアップが招き猫だったり、扇風機だったり、小便小僧だったり・・・。黒子さんは源太にラップをかけようとして途中で放り出し、冷蔵庫にも入れずに放置したまますっ飛んでいってしまいました。
台所に虚しく源太の叫び声が・・・(^^;)

出陣する若い二人に、彦馬さんが声を掛ける。

「千明。コトハ。お前達も戦いを積み重ねてきたのだ。
 お前達なりの戦いを思いっきり戦え!
 そこに活路がある!」

インロウマルを千明に託し、「頼むぞ!」と送り出す。
戦いの場に急ぐ途中で、千明はある作戦を思いつきコトハに持ちかける。
ちょっと無茶だけど・・・・でも大丈夫。きっと成功する!

戦いに赴く途中で、千明がある作戦をコトハに提案する。ちょっと無茶だけど・・・。
でも大丈夫、きっと成功する!

街ではアベコンベに入れ替えられ動けなくなった人々が転がっている。
そこへ。

二人だけの陣幕。二人だけの口上。二人だけの変身!
「シンケンジャーの残り物か。」と鼻で笑うアベコンベに、怯まずに挑みかかる千明とコトハ!
もはや一刻の猶予もない。こうしているうちにも、命を危険にさらされている人がいる。声なき悲鳴をあげる物になってしまった人々を元に戻す為に!!

志葉家でも、源太に死の危険が忍び寄る・・・!今週のシンケンジャーの中で、一番ハラハラしたのがこの場面(笑)そりゃもう、思わず「シムラ、うしろ~!!」状態で。源太、逃げてww!!と本気で叫んでしまいましたよ、マジで。

さてアベコンベ相手に善戦する年少組みの二人ですが、遂にアベコンベの針に千明を捕らえられてしまいます。入れ替える物をポストに定めてもう一本の針を伸ばすアベコンベ。
絶体絶命・・・とおもいきや、実はこれが千明の思いついた作戦だったのです。

コトハがポストに向かって伸びてゆく針を捕らえ、それをアベコンベに突き立て、千明とアベコンベの身体を入れ替えてしまいました。戸惑うアベコンベ。

コトハとハイタッチするアベコンベがシュール(笑) 
アベコンベの体を人質に人々を元に戻す方法を問い詰めますが、身体を人質・・・というならお互い様。アベコンベもシンケンマルを千明の体の喉元に突きつけてきます。
でも千明の作戦にはぬかりはありません!針を伸ばして再び千明の体に針を刺すと、コトハはすかさず持っていたサッカーボールに針を刺して、アベコンベとサッカーボールを入れ替えてしまいました。ナイス
「遊ぶんじゃねぇよ、ボウズども!!」

「遊びなんかと違う!!」
「みんなの命賭けてんだ!自分がどうなろうと覚悟の上だよ!」

啖呵を切る二人がカッコいいです!こんな凛と強いコトハも新鮮です。もともと芯が強い子なので、秘めていたものが仲間の危機に発露したのでしょう。
千明、意外と頭が良いのかもと。そして発想が柔軟ですよね。

遂に観念したアベコンベは、「仕方がねえ・・・ボウズ、動くなよ。」と、シンケンマルを片手に近づき、自分の身体の胸を切払う!!切り口から飛び出した光が上空で四散し、人々は本来の姿を取り戻したのでした。

源太も(笑)
近づいてくる猫。源太が喰われるw!
源太の寿司にがぶりと喰らい付く猫の口元のアップが素晴らしいですねー!!物凄い牙!カメラのレンズのトコにマグロ置いといたんですよね、これ。感動した!

寸での所で元に戻った源太の絶叫が長く尾を引い志葉家に響き渡るw。凄い!良くこんなに息が続くなぁとビックリです。タップリ10秒以上は叫んでましたよね。いや、凄い!

元に戻った丈瑠たち。源太はあまりの恐怖体験にぐったりと意識を失ってしまいました。大喜びでトイレから飛び出してきた流ノ介を、茉子がものすごーく厭そうに避けるのが・・・(^^;)茉子ちゃんて、潔癖症?

元に戻ったことを確認した千明とコトハ、これで思う存分戦えますね!コトハが敵の攻撃を防ぎ、その間に千明が満を持してスーパーシンケングリーンに変身!殿の隙のないアクションも好きなんですが、千明の元気なアクションも大好きなんですよ。だからタップリ見れて嬉しい♪真・木枯らしの舞、背景の景色が綺麗ですよねー。風になびくヒラヒラと、刀の露を払った時に木の葉が舞うのが美しかったです。

インロウマルは他のメンバーが揃わなくても、全折神は使えるんですね。ダイカイシンケンオーでアベコンベの2の目に対峙する二人。年少組み2人のモヂカラだけでダイカイシンケンオーを動かすのは、やっぱりきついんですね。モヂカラが尽きる前に、早いところ決着をつけなければ。

ダイカイシンケンオー、後から文字が飛び出すとは!そんな隠し弾が!まだまだポテンシャルを秘めていたんですねー。
とどめは二天一流乱れ斬りで2の目も撃破!やったね。
これにて一件落着!

責任を果し、へなへなと座り込む二人は満足そうに笑顔を交わす。



【志葉家】
「いやぁ、千明もコトハも、いつの間にか一人前ですな。」
嬉しそうな彦馬さんに、「まぁな。」と丈瑠も微笑む。
源太はどうやら発熱した様子で、まだまだダメージから立ち直っていません。
シャワーを浴びてすっきりと爽やか笑顔の流ノ介とは対照的に、眉をひそめて嫌悪感丸出しの茉子。

「ねぇ、ちゃんと手とか洗った?」

嫁入り前の娘さんには、トラウマになりそうなほどの衝撃だったようです(^^;)ははは・・・。

殊勲の二人はショドウフォンを見ながらなにやら楽しそうに盛り上がっています。
招き丈瑠の写メw!撮ったんだ。やっぱり。
この画像を公式で配信希望です。縁起がよさそう・・・。

いやそれよりも、ショドウフォンてカメラ付き携帯だったんだ!という驚き。
もしかして、お財布機能とか、ワンセグとか・・・期待したんですが。
機能ボタンは、筆・折神?・電話・メール・カメラ・・・最後の太陽のマークはなんだろう?
変身?

いや、面白かった。楽しかったです。やはり流ノ介と何と言っても源太にやられました。

さて、三途の川からは”さるお方”が姿を現したようですよ。禍々しい姿。いやらしい笑い。
一体どんな外道なんでしょうね。



次週のシンケンジャー。気になる言葉が。
「せめて・・・これが俺の形見だ。」って誰の台詞?
新たな敵、筋殻のアクマロ。一体どんなヤツなんでしょ。なんだかいやらしい感じ。
そして・・・なんだこの提灯ロボは!!


関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

第27幕感想

ノラ様、こんばんは。今日も、蒸し暑かったですね。

シンケンジャー・入替人生>
笑いのオブラートに包まれていましたが、アベコンべの妖術は恐怖満載。
素面で入れ替えられた人々の姿は、将にホラー展開です。
入れ替えられた物が破壊され、断末魔の絶叫が画面に轟いたら・・・(怖)
特に源太、恢復後も猫トラウマ必至か?

サッカーボールに閉じこめられたアベコンべ。
千明とことはで、思いっきり蹴っ飛ばした(ブロッケン伯爵の頚)方が良かった?

外道衆の今後>
「正に外道!!」と呼べる所業の数々で、外道衆もパワーアップ!! 今後は、

・小中学校へ偽児童・生徒に化けて、特定の相手をターゲットに定めて
 クラスを操りまくり、シカトし放題の狼藉に振る舞う。
・子供たちを人形大に縮めて、好き放題嬲り者にする。

等々のアヤカシが登場したら??
ノラ様から見た、前半登場のアヤカシで、外道指数の高い奴は誰でしょうか?
後、童子・童女系、美女系、翁・媼系のアヤカシは登場しませんよね。何故に?

こんばんわ、M NOMさん!

M NOMさんのお住まいの方は蒸し暑かったんですね。横浜は今日は台風で、長袖を一枚上に羽織る程の肌寒さでした。昨日は蒸し暑かったのに、体調しそうです(^^;)

アベコンベの妖術でギリギリの死の恐怖に怯え絶叫する人々の姿は、見ていてゾッとするほどショッキングでした。だからこそ、六門船でアベコンベが語っていた人が人の命を奪う世の中・・・そんなのは、本当にこの世の地獄なんだと実感できます。そんなのは絶対にあってはいけない事なんだと、小さなお友達も感じたんじゃないでしょうか。

ブロッケン伯爵w!マジンガーZ!懐かしい!!
いましたねーそんなのが。一気に記憶が甦ってしまいましたw。

シンケンジャーもキャラクターが出揃って、折神も出揃った辺りから、外道衆の外道ぷりにさらに拍車がかかってきたような気がします。
結構、衝撃的だったのがやはりズボシメシで、受験直後のデリケートな時期に、「不合格!」と言い放ったのを見たときは、こいつなんて外道なんだ!と思いましたねー(笑)

>前半登場のアヤカシで、外道指数の高い奴は誰でしょうか?

どいつもこいつも・・・と思うのですが、やはりこんなんでも子供を持つ身ですから、ナキナキテに親を奪われた子供の泣き声が辛かったですねー。

>後、童子・童女系、美女系、翁・媼系のアヤカシは登場しませんよね。何故に?

後半は登場したりするんでしょうか(^^;)妖怪が元になってるのなら、一通りいそうですよね。その中でも人に悪さをする妖怪で、しかも後半に突入するので強い妖怪となると、絞られちゃいますかねぇ・・・。

こんにちわ、仮面ゲスト様!

今回のシンケンジャーも、見所満載でしたねー!!
お笑い要素も、怖さ加減も、外道っぷりも、あとは千明とことは
頑張りも。全部ひっくるめて、最後までガッツリ惹きつけられて、目を離せませんでしたよね。・・・というか目を離させてくれない(^^;)

アベコンベの柄の悪い声、ピッタリでしたよね。
「うわ~・・・朝から檜山さんだー」と思いながら聞いておりました(^^;) ウルフイマジンが記憶の底から甦ってきますねー。
檜山さんも基本はヒーロー声なんですよね。ガオガイガーの獅子王凱とか。でも色んな役がこなせる、引き出しが多い声優さんですよね。

千明は、きっとシンケンジャーの中で一番世間と言うものを知っていて、挫折も知っているから人の痛みもわかって、やんちゃだけど以外に冷静なのかも。そして人に気を遣わせない励まし方とか慰め方とか出来ますよね。ああ、あのお父さんの背中を見て育ったんだなーって。
仰るとおり、モモの優しさとちょっと似てるかもしれませんね。
私の好きなタイプです。・・・・・あ、そんなことは聞いてないですか。そうですか。失敬。

シンケンジャーはお話が一続きなのがいいですよね。先週、大怪我した丈瑠はまだ完治せずに、それが元でピンチに陥る・・・なんて。しかも、来週は、今週の一件で源太がトラウマになるそうじゃないですか。どんな些細な伏線でも、小林さんは忘れずにどんどん拾って繋げますからねー、気が抜けません(^^;)

そうこうするうちに、その次回お話はあさってですよ!
楽しみです!
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。