スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

暑い夏に怪談はいかがですか?

今日はだいぶ涼しいですが・・・(^^;)
夏といえば”怪談”なのは何ででしょうね。日本独特のモノなのか、外国でもそうなのか、夏になるとあちこちで怪談話を扱った番組やら特集やらが組まれますよね。

私は「お化け話」には強い・・・というか、割と平気な方です。家に一人で居る時パシパシと音がしても(ラップ音ってヤツですか、私はただの家鳴りだと思ってますが)、誰も居ない2階で誰かが歩くような音がしても(私は、安普請だから隣の音が漏れているのかと思ってます。)、まったく平気で珈琲飲みながら本読んでくつろいでたりします。

ところで、タイトルですが。
これから書くのは「本当にあった怖い話」です。作り話じゃありません。
なにせ、この週末に学校合宿から帰ってきたばかりの息子が、実際に体験してきた話です。

最初に言っておきますが、本当に怖いです。
怪談に強いハズの私が、相当怖くて周りを見回せなかったくらいです・・・。
ですので。

【WARNING】
怪談話が苦手な方は、ここからお帰りください。
面白そうだから読むのだけど、いつも後悔する・・・という方も止めた方が良いでしょう。
結構ジワジワと後を引きますから。
それでも読みたい方。先へお進みください・・・。



【同日追記】
息子に監修して貰い、数行を追記いたしました。


場所は・・・横浜の某公立高校とだけ。

部活の校内合宿で学校に泊り込んだ息子たちは、そんな行事には付き物のお約束の「肝だめし大会」を企画しました。
校舎内の決められたコースを3~4人づつのグループごとに回り、最後に所定の場所に設けられた箱に、名前を書いた紙を入れてくる・・・という単純でありがちな肝試し。

息子ら数人は「脅かし役」として、低予算・人員不足を補うために、アイデアを出し合ってあれこれ考えたようです。チープですが、数人は頭からシーツを被る事にしたそうですが、困ったことに『白いシーツ』がなかったので、急遽『水色のシーツ』を使うことにし、青いライトを使うことで白に見せようと考えたそうです。

さて。
いよいよ肝試しがスタート。
「脅かし役」トップバッターの息子の役割はこうです。
息子が潜む教室の前をターゲットが通り過ぎたら、頭から青いシーツを被った息子がそーっと出て行き、ターゲットの後ろをどこまでもペタペタとついてゆく・・・というもの。
まず最初は息子が見聞きした話。

息子が教室の中で息を潜めて待っていると、ターゲットの足音が近づいてきました。彼らをやり過ごし、頃合を見計らって教室から出て行こうとしたその時。

ペタペタペタ・・・・。

彼等の後を追うように、もう一つの足音が近づいてきて教室の前を通り過ぎていきます。

「あれ?誰か遅れたのかな・・・いや、それだったらもっと大騒ぎするはずだし。
 それとも先生なのかな・・・?まあいいや。」

と、任務を遂行するために教室から出ると、ターゲットはちょうど指定された教室に入っていくところでした。けれど。
彼等と息子の間には、誰も居なかったそうです。それではあのもうひとつの足音は?

そんなことは露知らずに、ターゲットの一団は、コースを進んでいったわけですが、彼らは途中でコースを間違えてしまい、予定にはなかったルートを通ってしまいました。
とある部屋の前にさしかかりふと見ると、開け放たれた引き戸のすぐ内側に、頭からシーツを被ったヤツが、ほぼ90度身体を真横に曲げた姿勢で立ってたそうです。シーツのスソから覗く青い上履きを履いた足。
脅かし役の一人だと思った彼らは、手を伸ばせば触れられるほどの間近に立っているソイツに話しかけたのですが、ソイツは何も答えず、不自然に身体を傾けたままジッと立っているだけ。
怖がらせるための演出かと、「こんなの怖くないじゃん」と笑いながらピシャン!・・・とソイツの目の前の引き戸を閉めて、その部屋を後にしたそうです。


肝試しの後、コース外の教室に立っていた身体を傾けた「脅かし役」の話を聞いた、息子を含めた本物の「脅かし役」たちは戦慄したそうです。
ギリギリの人数で「脅かし役」を分担していたのだから、コース外に配置するような余分な人員は居なかったんですから。

それにソイツは『白いシーツ』を被っていたというのです。脅かし役が用意したのは『青いシーツ』のみ。『白』は用意できなかったはず・・・。そして青い上履き。
息子の学校は学年ごとに学年カラーが決まっていて、その晩の合宿に「青い」カラーの学年の参加者は一人も居なかったそうです。
そもそも、脅かし役はペタペタと怪しい足音を立てるために、全員が裸足だった。

他の参加者は、肝試しの最後に名前を書いた紙を入れる箱が、所定の場所に設置されていなかったので探したら、別の場所にあった・・・と言うのですが、その場にいた参加者に確認しても、その箱を触った人間は誰も居なかったと。

そして別の脅かし役から聞いた話。
彼は自動販売機の中に携帯を仕込み、その前をターゲットが通ったらタイミングよく隠した携帯に電話をして音で脅す・・という役でした。
彼が潜んでいた場所は照明も消えた薄暗い場所たっだのですが、それが突然パッと照明が付いたんだそうです。その場所の照明のスイッチは、彼から見える場所にあったので、そちらに目をやったんですが・・・・・誰も居ない。

自動販売機付近の照明のスイッチは、『白いシーツの脅かし役』が出た教室の真ん前にあり、ゴールの箱が設置されていた場所はその教室の真下にあったそうです。

そもそも。
ターゲットがコースを外れないように、間違えやすい場所には必ず脅かし役が配置されていました。白いシーツを被った妙なやつに遭遇したグループが、おそらく間違えたであろうと思われる分岐点は、2人の脅かし役が見張っていたそうなのですが、彼等は2人とも「ずーっとその場所を見ていたけど、ターゲットの姿を見ていない」と言っているそうです。けれど、そのターゲット達は、『白いシーツの脅かし役』に遭遇した後、ちゃんと最終の部屋まで辿りついて、名前を書いた紙を箱に入れている。
女の子たちばかりのグループです。当然きゃあきゃあと大騒ぎしながら歩いていたと、本人達も言っているのですが、彼女らの声を聞いたのは、最初の脅かし役だった息子だけ。そこから先に配置されていた脅かし役達は誰一人、彼女らの声も姿も聞いていないし見ていないそうです。


一体、彼女らはどこを通って、『白いシーツの脅かし役』のいた部屋まで行き、最後の部屋まで辿りついたのでしょうか。


もう一つ。
『白いシーツの脅かし役』が出た部屋を確認するために、数人で見に行ったそうなんですが。
合宿で使われていなかったその部屋には施錠がされ、戸は開かなかったということです。



いかがだったでしょうか。この学校は以前から『4階には出る』という噂があったそうなんですよ。

話を聞いた時には、
「あら~、じゃあきっと楽しそうだから、参加したくなっちゃったんじゃない?
 手伝ってくれたんだねー。近年まれに見る凄い肝試しじゃん♪」
なんて笑ってたんですが・・・。夜、戸口が見れないんですよね。
もし閉めたはずの戸が開いていて、その内側に白いシーツを被り、90度身体を傾けた脅かし役が立っていたらどうしよう・・・と思うと。


関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

こんばんわ、仮面ゲスト様。

怖がりな性分でらっしゃるのならば、お読みにならなかったのは賢明なご判断だと思います(^^;)
「ギャー!!」と悲鳴を上げるような直接的でショッキングな怖さではないんですが、後からぞぞぞ・・・っと薄ら寒くなってくるんですよ。

私もこの話を息子から聞いた昨夜は、お風呂とかトイレとか怖かったですよ。なるべく回りを見ないように見ないように・・・という感じでした。
もともと怪談には強いので、もうだいぶ薄れてきましたが。

ジャパニーズホラーは怖いですよね♪(←?)

こんにちわ、仮面ゲストRX様!

明らかにこの世の者ではないモノに遭遇してしまった場合の恐怖も言い知れぬものがあるとあると思いますが、絶対に普通の人間だと思っていたのが実は”そう”だったかもしれない・・・と知った時のぞぉぉっとくる寒気ってのは、また格別の怖さがありますよね。
見てしまった状況が日常に近ければ近いほど、ことさらに。

体験談をありがとうございます。その若者は何か無念が会ったのでしょうか、それとも自分が死んだことも知らずに彷徨っているんでしょうか。いずれにしても哀れな・・・。
ゲストRX様の職場は、確かにそういうお話が多そうですね(^^;)場合と場所によっては、かなり年季の入った方々も彷徨ってらっしゃいそうです。

私自身はまったく心霊体験がないんですよね。
長男を出産した晩、神経が高ぶって一晩中眠れなかったんですが、翌朝、私の真向かいのベッドに入院していた方ボソッと、「昨夜トイレに行ったら、女の子がついて来ちゃって、一晩中ベッドの上で飛んだり跳ねたりしてたんだよね。」なんて言い出して。霊感の強い方だったみたいですね。
でも私には何にも見えなかったし、感じられなかったなぁ・・・。
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。