スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

侍戦隊シンケンジャー 第21幕 『親子熊』

いつもならば、日曜日はディケイドのレビューを書いているんですが、今日は変則的にシンケンジャーのレビューから。
先週からディケイドもシンケンジャー編と言うことで1時間シンケンジャースペシャル・・・みたいな感じですけれど、お話的には個々で独立して成立しているみたいですね。だから気にする必要もないと思うんですが、同じ世界に存在している・・・と言う事で時間の流れに副って書きたくて。すみません、性分なものですから。よろしくご了承くださいませ。



通りすがりの仮面ライダーを名乗る男に、イカちゃんを拉致されて怒り心頭に発する源太。引き続き泥棒野郎を追跡中です。

一方、その泥棒野郎・海東は、大事なディエンドライバーをアヤカシ・チノマナコに奪われて、そのおかげでシンケンジャーの世界の街は、悲惨な状況に陥っています。ディエンドライバーで禍々しい変身を遂げたチノマナコ。そのディエンドに似た異形の、自らの”隙間”から無尽蔵にナナシ連中を生み出し、人々を襲います。

その時、あたりに鳴り響く陣太鼓。いつものように陣幕が張られ幟がはためき、シンケンジャー見参!
・・・・・なんですが。ひとりやる気なさそうなヤンキー座りの黒子が混じってます。首から下げられたマゼンタのカメラ。いますね、彼が。(笑)
マゼンタ(マジェンタ、magenta)は、色のひとつで、明るい赤紫色。紅紫色(こうししょく)とも呼ばれる。

しょっぱなっからシンケンジャーの大立ち回り!いつ見ても素晴らしく迫力がありますね。短いパートの中にもそれぞれのターンがあって見ごたえあります。
あっという間にナナシ連中を片付けたシンケンジャー。

「今回はナナシだけだったみたいですね」

親玉がいたはず・・・。ナナシ連中だけ送り込んでチノマナコはどこへ?また当て所もなく彷徨いナナシ連中を吐き出し続けているんでしょう。なんてメイワクな。
当面のナナシ連中は倒したとはいえ、何かが引っかかる丈瑠の指示で、シンケンジャーは周辺に異常がないかを調査する事に。

いつも通りのシンケンジャーの流れなんですが、場の空気に溶け込んでいないやつがいますね。テキパキと撤収作業にかかる黒子さん達の中で、仕事もせずにカメラをいじっている妙な黒子。先輩の黒子さんにせかされ怒られて、ようやく立ち上がり、調査に散って行くシンケンジャーを眺めつつ、頭巾をめくりあげたその顔は士。この世界でなすべき事がわかるまで、とりあえず黒子として志葉家に留まり、様子を見るようです。



【三途の川・六問船】
珍しくドウコクも太夫もシタリも姿が見えません。三途の川からご陽気に上がってきた今週のアヤカシはササマタゲ、元になった妖怪は『瓶長』。付喪神の一種ですね。水をかけて脅かす妖怪らしいですが、実態はわからないようですが、『どれほど水を汲んでも飲んでも尽きない』という本来はおめでたい妖怪みたいですね。
ササマタゲの腰につけた瓢箪はお酒かな。”ササ”はお酒を意味する女房言葉の”ささ”なんでしょうね。ササマタゲの瓶は酒で満たされているという事か・・・。
どうでも良いですが、瓶と亀をかけてるんですね・・・・・(^^;)
ちなみにCVは電王のブルーバードイマジンの方です。


手分けをして周囲を調べるシンケンジャーの面々、千明と茉子が組んでいるのなら、流ノ介とコトハ、殿は単独・・・と言うことですね。わかる気がするナイスな組み分けですよね。
取り立てて異常は見つからず、いったん屋敷に戻ろうと提案する茉子。

「姐さん姐さん!ちょお休んでこ?」


なんだか本当に姉弟みたいで微笑ましいですね、このあたりのやり取りが。千明が『姐さん、姐さん』と連呼する様が可愛いですし、茉子もまんざらでもなさそうで。困った弟のわがままに、小さくため息をついて微笑む茉子ちゃん。そういえばシンケンジャーになる前は保育士の仕事してたし、”子供”に甘いのかも。
そして、やっぱり志葉家にはクーラーがないんだwと。(笑)あの佇まいに室外機があったら興ざめですが。どんなに猛暑になろうとも、千明以外はみんな涼しい顔して過ごしていそう・・・。



シンケンジャーの世界でも猛暑のようですね。
暑そうに足を止め汗をぬぐうサラリーマンの並木史郎さんの背後に突然現われたササマタゲ。無理やり男を座らせると、頭の上に奇妙な玉を吐き出します。これはどうもササマタゲの卵らしい。うひゃあ。とたんに凶悪な表情に変わり暴れだす男。
人間の身でナナシ連中を従え雄たけびを上げちゃったりして・・・一体どうしたというのか・・・。

ストレスが溜まって爆発・・・と言うことではないですね。頭の玉に原因があるようで。

【ファミレス】
茉子はアイスティーかな。千明は・・・オレンジジュースと、パンケーキ!なんというお子様演出!でも千明らしい(^^)
先週のディケイドの中での丈瑠と彦馬の可愛いケンカがちゃんと続いてます。
その後、彦馬はなんだかんだ言いながらも医者に行ったようですね。




吉田接骨院 光寫眞舘】
彦馬が向かった先はなんと光寫眞舘!ディケイド一行がこの世界に来る前までは、彦馬さんかかりつけの接骨院だったようですね。

光寫眞舘は行く先々の町に溶け込んで出現しています。もともとそこにあった建物(店など)は、ディケイド一行滞在中、一体どこに行ってしまうんでしょうねー・・・。
クウガ編の時も、ユウスケは喫茶店のつもりで光寫眞舘の扉を開けていますし。クウガ編以来そのあたりは描かれてきませんでしたので忘れてましたが、久々に「そういえば・・・」とその疑問を思い出しました。

接骨院に腰の治療をしにきた彦馬さんが、怪訝な顔で店内を見回していると、奥からひょっこりとエイジローさんが顔を出します。ここは寫眞舘・・・ときいて戸惑う彦馬さんを、「でもちょっとした手当てなら出来ますよ!」と奥へいざない・・・。

何でも出来ますね、エイジローさん。凄い!電王のオーナーといい、何気に万能なお惚けキャラはとっても好きです(^^)あ、どっちも小林脚本だ・・・!



【某喫茶店】
「ホントに病院行ってれば良いけど・・・」・・・・行ってません(^^;)

丈瑠と彦馬のケンカの話をする二人を後ろの席から除きこむ妙な男。なんだかニヤニヤと嬉しそう。
自分の父にも彦馬の頑固さがあったら、侍としては強くなったかも・・・と言う千秋に茉子は。

「自分の力不足を親のせいにする気?」
「そうじゃねぇけど・・・・半分くらいはな。」

「半分は親のせいなんだよな♪」
突然二人の会話に明るく口を挟んできた男の顔を見て驚く千明。

「オヤジ!!」
「ちょーショックなんスけどー」


軽いお父様ですねー。でも妙に納得できました。これが千明のお父さん(笑)
早速ウェイトレスさんに頼んで千明の隣に移動してくる父・蔵人。注文品が千明とおんなじオレンジジュースとパンケーキと言うシンクロ親子っぷりに爆笑しました。
千明がうっとうしそうに
「相変わらずパンケーキかよ
といった瞬間に、千明のパンケーキに視線を走らせる茉子ちゃんの表情が最高でした

「だって美味いじゃん」

と素直に答える蔵人さんのこの飾り気のないシンプルさが千明のそれと重なって、ああ、親子なんだなぁと感じました。千明のよりもいい具合に肩の力が抜けた感じですが。
千明も反発して憎まれ口を叩いていますけど、仲はよさそうですよね、この親子。千明の目がちょっと嬉しそうに見えます。父親に対して尊敬の気持ちはあまりなさそうですが。

「千明ちゃんと戦えてる?弱いっしょ?コイツ。」
ぅをい!」
「そんな事ないです。ちゃんと稽古してますし。」
「ほ~んとかな~。学校だってズイブンずる休みしてたからな」
「いいから帰れよ~
「カッチ~ン。食っちゃお♪」

二人で仲良くパンケーキの奪い合い始めようとしたその時、店内に響き渡る女性の悲鳴。
振り返ると、一人の男が女性の喉元に大刀を当てて人質に取り、店をのっとるとわめき散らしています。その傍らには、突然、母親を人質にとられ、恐怖に泣き出した男の子の姿が!!瞬時にシンケンジャーの顔になる茉子と千明。茉子は男を押さえ、その隙に千明は男の子を救出する・・・とすばやく作戦を立て、即行動に移る二人。


図らずも「千明ちゃんと戦えてる?」の答えを蔵人に見せる形になってるなーと思いました。
それと同時に、これまで戦ってきた経験は、ちゃんと千明を成長させているんだなぁと、ちゃんと侍になってきたなぁと・・・思わずにはいられません。

男の死角に身を隠すように近づいた千明の合図で、同時に飛び出した二人。千明は男の子の保護に成功しますが、攻撃を仕掛けようと前に出た茉子と、大刀を振り上げた男の間に突然蔵人が飛び出し、男の確保は失敗。蔵人は腕を斬りつけられて負傷してしまいます。

咄嗟に店内の客を誘導して店の外に避難させる千明。茉子と父親の身を案じながらも、男の子の安全を優先して客らと共に店を出る千明。
男の確保に失敗しただけでなく、店内にはナナシ連中まで湧いて出て、危機的状況に置かれた茉子。ふと見ると、人質だった女性がいすの陰から必死に赤ちゃんを抱き寄せている姿が目に飛び込んできます。驚いて目を見張り、蔵人を見つめる茉子。
邪魔をしているように見えた蔵人の行動は、実は赤ちゃんの命を護るためのものだったのです。




一方、店の外に出た千明は、そんな事は露知らず、「オヤジが邪魔しなければ・・・」と苦い顔です。
その時、けたたましくタイヤを鳴らしながら突っ込んでくる一台の暴走車。運転席には、先ほどの男同様に狂気を含んだ目をした男が。そして他方では、同じく凶暴化した人間が大暴れしています。
異常事態に、丈瑠を呼び、その間一人で奮闘する千明。

凶暴化しているとは言え、どう見ても人間。斬るわけにはいかない・・・。ナナシ連中の大刀を振りまわす村岡さんと押し合いながら、ふと視線を上げると、頭の上の奇妙な卵が。

「そういえばファミレスのヤツにも・・・!」

千明が男の頭の上の赤い卵を一刀両断に斬って捨てると、たちまち正気を取り戻し、あたふたと動揺しながら逃げてゆきます。そこへ駆けつけた丈瑠達。

「暴れているヤツの卵を斬れ!そうすればみんな元に戻る!!」


ちょっと感動したのは、千明の言葉を「わかった!」の一言で躊躇わずに即実行に移した流ノ介たちの千明に対する信頼ですね。彼らにはなんの説明も要らないんだなぁ・・・と。
そうか、「信じる、信じない」じゃないんでしたよね。うんうん。

ササマダケの卵を斬り捨てて、人々を正気に戻したシンケンジャー。残るは人質をとってファミレスに立てこもった男のみ。中の茉子とショドウフォンで連絡を取り、状況がわかったら一気に踏み込む。

「ったく!オヤジのヤツが邪魔しなけりゃ、今頃姐さんと俺であっさり片付けていたのに。 
 あのバカ親父!!」

吐き捨てるように言う千明を、「お父さんの事そんな風にいったらあかんわ・・・」とたしなめるコトハ。
「親父としちゃあお気楽で楽しいけど、侍として戦った後で見るとね。」
苦い顔で言う千明をジッと見つめていた丈瑠が口を開く

「まるで一人前になったような言い方だな。」


その言葉を受けて言った千明の答え・・・というか答え方に、ちょっとびっくりしました。

「悪いけど、俺もちょっとは成長したっつうの。」

あ、ムキになって言い返さないんだ・・・と思ったんです。ちょっと前なら痛いとこ突かれて反発したり凹んだりしてたと思うんですが。自分の現状をまるっと受け入れて、地道に努力してきたという自信は良い意味での気持ちのゆとりを生み、その上でより”欲”が出てきたのかなと思いました。より侍としての高みを目指して。親父がもっと厳しく侍として育ててくれたら、流ノ介たちと肩を並べられていたかもしれない・・・という思いが、ここに来て出てきたのかもしれないですよね。
そしてさっきの失態(と千明が思っている男の捕獲失敗の一件)。
父親に対する恨み・・・と言うより落胆でしょうか。

ササマタゲの卵を産み付けられている人々は後を絶たないようです。
丈瑠の・・・もとい松坂さんの太刀筋が綺麗でびっくりするやら感心するやら。
元を断たなきゃきりがない・・・と踏んだ丈瑠は、ファミレスを千明にまかせ、流ノ介とコトハと共にササマタゲ討伐に向かいます。



【作戦決行】
茉子と時間を示し合わせて、突入を図る作戦の千明。そのメールを見て、「千明がやるの?!大丈夫かなー」と不安げな蔵人。
「大丈夫です。」
にっこりと笑って答える茉子の笑顔に、微塵も不安の色はありません。まじまじと茉子の横顔を見つめる蔵人。

ササマタゲを見つけた丈瑠たち。流ノ介とコトハが卵を産み付けられた人々の救出をする一方で、丈瑠がササマタゲに対峙します。

ファミレスでは時計を見ながら決行のときを待つ茉子の隣で、蔵人が暢気に大あくびをしています。目が合って思わず笑いあう茉子と蔵人。
「さっきの事がなかったら、誤解してたかも・・・。」
赤ちゃんに気づかないまま男に飛び掛っていたら、赤ちゃんを危険な目に合わせたかもしれない。蔵人がああいう形で茉子を止めたから、正体もばれずに赤ちゃんも護れた・・・・という茉子の言葉を「偶然偶然!」と流して、それより・・・と切り出す蔵人。

「さっきは嬉しかったなぁ・・・。千明の事、あんなにはっきり『大丈夫』って言ってくれて。」

「千明、確かに最初は未熟でしたけど、型に嵌ってない分凄く自由なんです。
 武術のモヂカラも。
 時々『参った』って思うことありますよ。私はガチガチだから。
 お父さんに似たんですね。今日わかりました。」

蔵人さんが父親の顔になりましたよね、このシーンで。息子を認められて、ちょっと照れくさそうに誇らしげに。そして、と父親としての思い・・・。

千明には侍らしい事を教えてこなかった。
とにかく明るい子にと思いを込めた『千明』という名前。
武術よりも、そういうことをね・・・と不器用に語る蔵人。男で一つで育てていたんですね。

「そのおかげで、千明は千明らしい侍になっていると思います。」
「ほんとに?」


茉子の言葉に嬉しそうに笑う蔵人さん。本当に嬉しそうです。心のどこかで「果たしてこれでよかったのか」という不安を抱えていたんでしょうか、ホッとしたような印象的な笑顔でした。

「時間です!」

キッと顔を上げる茉子。緊張した表情の蔵人さん。
カウントダウンがゼロになった瞬間、シンケンマルを構える茉子、ピタリと合ったタイミングで千明のモヂカラが発動し天井から突入する千明。
店内に居たナナシ連中を千明が端から斬り倒し、その隙に茉子が男の卵を一刀両断にします。
あっという間に自体は収束し、大きく成長した息子をまぶしそうに見つめる父。

「親父!姐さんにメイワクかけなかっただろうな!」
「あああ、手当てしてもらっちった」

呆れ顔の千明。
と、突然、物陰に隠れていたナナシの生き残りが、蔵人に襲いかかったのです。
「親父!!」
まったく油断した状態から、一瞬で侍の顔になった蔵人は無駄のない見事な太刀捌きで、3体のナナシを退治してしまったのです。千明はシンケンマルを担いだままの姿勢で一歩も動けなかったというのに・・・!!雷に打たれたような衝撃に立ち尽くして父の剣に見入る千明。

「い・・・痛てぇ~、千明ィ・・・」

侍はいきなりいつもの父の顔に戻り、いつものようなお気楽で楽しい調子で笑いかけます。

「千明、強くなったじゃん。外道衆倒したら、また一緒にパンケーキ食おう!
 たまには自炊して家で待ってるから。」


素直に嬉しい顔をして「うん」と答えればいいのに、出来ないのが男の子なんでしょうか。
ディケイドでも出てきたんですが・・・「待っている人が居るところが帰る場所。」ですね。
印象的な表情でしたね>千明。照れたような、嬉しいような、バツが悪そうな・・・。

丈瑠たちは3人力を合わせて見事にササマタゲの1の目を撃破。
いつもながら福沢さんの太刀捌きに惚れてしまいますねー。シンケンジャーのチャンバラシーンのロケに遭遇出来たら良いなぁ。間近で見てみたいです!実は竹内さんの溌剌とした千明アクションも好きなんです。

丈瑠たちと合流しようと駆け出す茉子と千明。と、急に立ち止まる千明。

「姐さん・・・。強くなると、もっと強いのが見えるんだな。
 親父の剣、ずーっと見てたのにさ、強さをわかってなかった。」


嬉しそうに駆け出す千明。それをお父さんに直に言ってあげればいいのに。
・・・言えないかぁ、男の子は(^^)
茉子もコトハも流ノ介も源太も。千明の目の前には強いヤツがいっぱい居る。そしてその先には丈瑠が居る。

「気合はいったっつうの!!」

5人揃って天空シンケンオーに合体してササマタゲに立ち向かうシンケンジャー。
その雄姿を光寫眞舘から見つめ、もしかした士もそこに居るかもしれないと駆け出すのは夏海。

地上から目線のシンケンオーは珍しいアングルですよねー。

捕り物中の源太は、そういえば今回は戦いに参加してませんね。イカちゃん奪回に燃える源太は、それどころじゃない・・・みたいな言い様ですが、なんだかんだ言いながら海老折神で即駆けつけるところが源太のいいところですね。
「この忙しいのになにやってんだよ
と文句たらたらですけどね。
とにかく「急いでんだよw」とシンケンオーまで急かすせわしない戦い方(^^;)
見事にササマタゲを撃破したものの、恒例の一本締めも放り出し、そそくさと泥棒追跡に戻ってゆく源太なのでした。あんなに早足でズンズン歩くロボは初めて見たかも・・・。ちょっとツボに嵌ってしまいました。
あっけにとられて、丈瑠も「これにて一件落着」言ってませんしね。

自分が成長する事で、今まで見えていなかったものが見えてくる。それを知る事が更なる成長につながるのでしょう。シンケンジャーが始まって以来、千明は徐々に成長して強く優しくなってきますよね。
茉子ちゃんが言うように、そのうち丈瑠を追い越すほどの懐の深い大きい男になってゆくのでしょうか。楽しみです。



シンケンジャーのお話はここまで。でも今週はまだまだ続くシンケンジャーの世界。

丈瑠の背後に音もなく現われた鳴滝が囁く・・・。

「この世界は侵食されている・・・ライダーに。ディケイドに・・・。
 ディケイドは世界を破壊する。・・・排除しなければ。」

それだけ言うと丈瑠の目の前に出現した不思議なオーロラの向こうに姿を消してしまった・・・。
鳴滝が消えた空間をにらむ丈瑠。

「シンケンジャーか・・・。確かにこの世界では仮面ライダーは必要ないらしいな」

はっと身構える丈瑠に近づき、黒子装束を脱ぎ捨てる士。


この両ヒーローのやり取りは、ディケイドへと続きます。と言うことで、続きは明日。
しかし・・・殿も長身で足が長くてスマートだと思ってましたが、井上さんの細さは尋常じゃないですねー。もともと足が長い方ですが、これは衣装のせいしょうかねぇ。
お二人とも素晴らしいモデル体型です。



さて、次週のシンケンジャーは、『コトちゃんの執事』。
ちょっとドキドキしますねー。決してイケメン好きではないですが、執事ものには興味あるかも・・・。


関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。