スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

十年祭 ~仮面ライダーダンスバトルミュージカル編~

土砂降りの中、必死の思いで行ってまいりました、十年祭!
5,000人って、すごいですね。人がいっぱい。結論から言いますと、グッズは何一つ買えませんでした。というか、販売しているテーブルにも近づけませんでした。何を売っているのか、その商品さえも目に出来ず・・・_____orz_____
水泳が苦手なので、人波を掻き分けて進む前に溺れそうになり、命からがら離脱いたしました。
そのうち通販とかで買えるよ、きっと・・・ははは・・・(←希望的観測すか)

そんな人混みの中で、このブログにきてくださっている方と初めてお会いいたしまして、綺麗な方なのであがっちゃったりして。でも本当にお声をかけてくださってありがとうございました。
一人参加で、実のところ心細かったんです。開演前にお話できて、楽しかったです♪
また機会がありましたら是非お会いしましょう!

ぱっと見回したところ、同年代くらいの方や、お一人でいらしている方も結構いらっしゃいましたね。
私の席は2階の前から3列目。近視なので舞台上の出演者のお顔の識別は出来ませんでしたが、舞台全体が見渡せたので、いい席といっていいんじゃないでしょうか。右前の男の子の頭が邪魔で右ソデが見えなかったんですが。

さて、前置きはこのくらいにして。いよいよレビューをお送りするわけですが。
繰り返しになりますが。最初に言っておくことが。

わたくし、左耳が聞こえませんので、騒然とした場では音がうまく聞き取れません。
今回も歓声や音響の関係で、台詞など上手く聞き取れなかった部分が結構あります。
なので、いつものディケイドやシンケンジャーのレビューの様に、細かい台詞の再現はほとんど出来ていません。
という事で、十年祭レビュー、全体のざっくりとした流れの中の、笑った点、感動した点、はたまた燃えたり萌えたりした所や感想・・・という形をとらせていただきます。
それでご容赦くださいませ。

そして、メモなど全く取らず、すべて私の記憶を辿った物なので、もしかしたら勘違いや思い違いも含まれているかもしれません。気が付いた部分は訂正追加いたしますが、以上の2点、ご了承くださいませ。



そして、このイベントは、11月21日にDVDとして発売されます。
(2枚組み 7,800円(税込み 8,190円)

このレビューは、私が思い出す限り、詳しく書いてあります。なので、DVDで観て感動を味わいたい!それまで我慢して待つ!という方は、ご遠慮くださいませ。
それまで待てません!という方は、これが全部ではありませんが続きをどうぞご覧くださいませ。


さて、いよいよ開演です!!


【記事末尾に追加・訂正を加えました】
・6月30日追記・・・レポを追加いたしました。
・7月1日追記・・・フィナーレについてのレポを追加いたしました。


いつもの司会のお姉さん、寺迫麿さんの前説から、私涙が出そうになってました。いえいえ、何かに感動したとかそういうんじゃないんです。
湧き上がる何かと共にいきなり涙が。ワケ判りません。
このイベントはDVD用に撮影をしていますとはっきりおっしゃっておりましたよ、皆様!11月に十年祭DVDが発売されたら、改めてカットされている部分をお伝え出来たらいいなと思います。・・・覚えていたら(^^;)
改めて観たら、思い出すかもしれませんし。



【仮面ライダーダンスバトルミュージカル】 

真っ暗な舞台を青い照明が照らし、史上初のライダーミュージカルは、観客の大・・・爆笑に包まれて幕を開けたのです!
左右のソデから、ダンスしながら登場する大ショッカーの戦闘員達。
これは想像以上にシュールだw。コミカルな動きだけだったら、ここまで笑いは起きなかったかもしれませんね。ウエストサイドストーリーばりに、無駄にカッコいいです。すばらしい!10~20人は居たでしょうか。
その中に、『見習い』と胸にかかれた戦闘員が一人。彼こそがこのミュージカルの主人公・ウー(cv.森久保祥太郎さん)。彼は、見習いですから、他の戦闘員の先輩のように「イー!!」と言えません。どうしても「ウィ~!!」になってしまうのです。でもいつかは一人前の戦闘員になる事を夢見て頑張っているのです。

シオマネキング(cv.小山剛志さん)をはじめとする4体のショッカーの怪人たち。シオマネキングは台詞があったので判ったんですが、他の方たちはどなた?すみません、勉強不足で。
そこへ登場したのは地獄大使(cv.中尾隆聖さん)、世界征服のため、死神博士が作詞作曲、振り付けまで手掛けたという歌をショッカーの皆さんが歌って踊ります!
ミュージックスタート!という掛け声とともにかかった曲は・・・・『Climax Jump』
その瞬間、会場が揺れましたね~。すごい歓声で。やっぱり電王の人気は根強いです。電王チームの声優さんファンの方がたくさんいらしていたようですので、そのせいもあるんでしょうか。
ショッカーの皆さんも、ノリノリで踊ってましたし、会場大喜びでした。
曲が違うという事で止められて、正しいショッカーの歌がかかり、仕切りなおされました。

ワルワルワルワル 大ショッカー~♪

耳に残ります。家事をしながら気が付いたら鼻歌で歌っていたら、その日1日凹みそうです。ちなみに歌っているのは小山剛志さん。素敵。ショッカー本部運営資金調達のために、死神博士はこの曲のCDを発売してくれないでしょうか。PV付で。
この曲を聴くと、心が悪に染まって洗脳されてしまうという恐ろしい歌です。ウーも先輩戦闘員と一緒にダンスをするんですが・・・足を引っ張ってシオマネキングや地獄大使に怒られて。

オープニングはウーが自己紹介兼ねて語りを担当しておりました。復活した大ショッカーの事など地獄大使やシオマネキングと漫才仕立てで説明される仕組み。コミカルなやり取りでつかみもオッケーですね。大ショッカーのターンで、グッと舞台に惹きつけられました。
復活に際して装いも新たになった衣装の自慢をする地獄大使にウーが「ゴキブリ親父」と突っ込んでいたような。気のせい?とにかくこのあたりは、気持ちも舞い上がっていたため、私自身も興奮状態で落ち着いて台詞の聞き取りが出来ていません。ごめんなさい(TT)

と、そこへ、ショッカーたちに引っ立てられて来た一人の美少女。彼女は光夏海(森カンナさん)。
会場からは「かわいい~!!」という女性の歓声に混じって、野太い声援も飛びます。この時、森さんはあまりの会場の大きな歓声に、嬉しくて泣きそうになったと2部のトークショーでおっしゃっておりました。
このあたりも、周りの歓声でよく聞き取れなかったんですが、ショッカーは夏海を洗脳するために攫ってきた・・・のかな。いずれにしても夏海、絶体絶命のピンチ!

「すっぱいな・・・夏みかん」

門矢士(井上正大さん)、ヒロインを助けに登場です。井上さんの生身アクション素敵でしたよ。足が長いのでキックが映えますね。ディケイドの中でも結構生身アクションのシーンがありますしね。それに、ディケイドへの生変身も盛り上がりました!そりゃあこのミュージカルで一番最初に登場したライダーですから、割れんばかりの大歓声です。
ディケイドだけじゃありません。続いて登場したのはカブト、キバ(cv.杉田智和さん)、そしてクウガグローイングフォーム(cv.村井良大さん)。
クウガがグローイングフォームというところがミソですね、このミュージカルの。
ライダーが登場するたびに物凄い大歓声で、会場全体が揺れるようでした。テンションがフォルテッシモでクライマックスで、そんな会場全体の雰囲気や熱気が相乗効果で高まって、もう酔いしれていました。本当に夢の世界に居るようで。

登場した各ライダーに、それぞれのピンの見せ場アクションもありバトルも充実していました。そして、舞台中央に4人のライダーが勢ぞろいし・・・・・そして歌い踊るライダー。会場は笑ってましたねー。だってシュールだもの。見たことないもの。カブトがノリノリだもの。
いや~、こんなものが見られるなんて、長生きしてよかった。

ライダーのダンスは、ショッカーたちに打撃を与える力を秘めているようです。苦しむショッカーを観て、いたたまれなくなったクウガが飛び出してライダー達に訴えます。

「もう・・・これくらいでいいんじゃないか?」
「お前は優しすぎるんだよ」

そのやり取りで一瞬ライダーのダンスが乱れ、その隙を突かれてショッカーに捕らえられてしまうクウガ。クウガの命を盾にされ、ひるんだ隙に大ショッカーはクウガともども姿を消すのでした。
「クウガはまだ見習いライダーなんだぞ!!」という台詞に吹きました。
確かにグローイングフォームは羽化したばかりのクワガタだけど、考えてみれば、クウガは平成仮面ライダーでは一番の先輩なんだよなー・・・と思ったらなんだか可笑しくなりました。

・・・・・・・・暗転・・・・・・・・・・

【ライダー監獄】

連れ攫われたクウガは、気が付くと牢獄の中に居ました。しかしそこに繋がれていたのはクウガだけではなかったのです。キックホッパー(cv.徳永秀典さん)&パンチホッパー(cv.内山眞人さん)、王蛇(cv.荻野崇さん)、そしてイクサ(cv.加藤慶祐さん)。
すべてオリジナルの方たちが声を当てているのが嬉しいです!ああ、懐かしい、相変わらずやさぐれてますね!台詞を発するたびに会場がどよめくんですよ。
そんな中、イクサが喋るたびに爆笑が起こるんですよ。753イクサでしたからねー。いちいち「~しなさい。」口調なのでもう可笑しくて。キバーラが上の方からスススと降りてきて「要するにつかまったって事」と茶々を入れるのを、イクサが「黙りなさい!」と叱りつけたり。
うわー、相変わらず753だーと(^^;)

「ここは・・・?」
「ここは地獄の3丁目さ」
「兄貴、ここは4丁目だよ。」
「地獄はみんな3丁目なんだよ・・・」
みたいな会話もあったかな。牢獄に居るライダーたちはほとんどがネガティブだったりダークだったり、低い声で喋るのでほとんど聞き取れなくて・・・。

牢屋の奥から姿を現したのはソードフォーム。会場の大歓声に会場が揺れます。
キバーラいわく
「電王は牢名主なのよ」とw。牢名主、似合いすぎる(^^;)どんだけ小っちゃな所で君臨してるんだという。モモらしいというかなんというか。そしてさらにキバーラいわく、
「つまり、一番最初に捕まったって事♪」
モモらしいというかなんというかww!
やはり関さんのお声はよく通りますね。滑舌も素晴らしいのでとってもクリアに聞こえました。

牢名主・電王と愉快な仲間達の、地の底を這うような低音のネガティブな歌は腰に来ました。関俊彦さんの歌の上手さには神と定評がありますし、キックの兄貴も言わずもがなですし。王蛇の萩野崇さんは。歌が残念なのだそうで・・・2部のトークショーで小山さんに散々いじられてました。

しかし、それを受けてクウガが歌った希望の歌は素晴らしかったですねー。ミュージカルのキャスティングを見ると【仮面ライダークウガ 声・歌)村井良大】とありましたから、村井さんが歌ってらしたんですよね。なんて伸びやかな高音!!惚れました!あの歌声に!

このライダー監獄の牢屋番をしているのが、落ちこぼれ見習いショッカーのウー。クウガの歌に感銘を受けて、ライダーとショッカーの壁を越えて意気投合。

そこへ、どこから入り込んだのか、海東大樹が登場!海東が今回狙うお宝は「ライダー監獄」・・・らしいです。ここで戸谷さんが告知してらした、ディケイドへの生変身!・・・実はちょっと間違えちゃったみたいです、戸谷さん。「変身」と言った後、ディエンドライバーを構える前に2~3歩、ソデ側に歩いちゃったとトークショーの場で暴露されて、「その事は触れないで・・・」と凹んでいました。ドンマイ。

ディエンドはライダーを召還!ゾルダ、カイザ、ギャレン、ガタック、イブキ、G3。これでもかと畳み掛けるように次々に人気ライダーが登場して、もう観客も嬉しすぎて発狂しちゃうんじゃないかと思うくらいの大興奮。彼らも揃って歌い踊ります。ミュージカルですし。
しかし・・・本当にシュールですよね。踊るライダー。今まででは、ガンフォームがピンでダンスっぽい動きをする唯一のライダーでしたが、数人のライダーが横並びで同じ振り付けのダンスをする光景はすごく・・・シュールです。

ディエンドはウーを上手く言いくるめて、まんまと牢屋番のウーを牢獄に閉じ込め、牢獄の鍵を手に入れます。そして。
「ボクを一番笑わせてくれた人を出してあげるよ、漫才で」

まさかのライダー漫才!!こんなもの、動画サイトのMAD映像でしか拝めないと思ってました!ソデに引っ込みスタンドマイクを持ってきて、黙々とセッティングするイクサがなんだか可笑しかったです。

一番手は地獄兄弟。
「ど~も~、キックで~す」(むちゃくちゃ低いテンションで)
「パンチで~す!」(明るく)
「地獄兄弟で~す!」
「好きな食べ物(?)は?」 「フルーツパンチで~す」
「好きな髪形は?」  「パンチパーマで~す」
みたいなボケコントを披露する地獄兄弟。最後に兄貴が客席に向かって、
貴様・・・今オレの弟を笑ったな!!!」と凄み、それをパンチが
「兄貴!今はむしろ笑われてもいいんだよ!!」となだめ・・・(笑)

二番手は王蛇が名乗りを上げ、電王は「冗談じゃねぇや」みたいな感じで乗り気ではなかったのですが、関西人の血が騒いだのか(いや、そもそもイマジンは未来人ですが)、キンちゃんが強制憑依してアックスフォームにフォームチェンジ。かくして、王蛇&アックスフォームの次郎さんライダー同士で結成された漫才コンビが誕生。「アベックは?」「イチャイチャするんだよ・・・」みたいな、王蛇の「イライラするんだよ」という台詞をもじったボケコントを披露。最後に王蛇が「笑え!」と書いた紙を客席に突きつけ終了。

最後はウーによる、「ショッカーが選ぶ人気の昼ドラ」を一人芝居で披露。これはですね、是非DVDで全編見てください。ウーの熱演が素晴らしかった!戦闘員の家庭ってこんなんなんや~と(笑)ライダーとの戦いに散ってゆく戦闘員一人一人にも、バックボーンがあり、ドラマがあると。

ディエンドが選んだのはウー。
「確かにお宝を魅せてもらったよ」と、満足そうに立ち去っていきました。ライダー漫才が見たかったと?たしかに、ディエンドのおかげで、良い物を見させてもらいました。ありがとう!海東!
めでたく賞品の鍵がウーに手渡され・・・奪われた物が戻ってきただけですが、牢の鍵を開け、ついでに捕まっていたほかのライダーの解放してしまいました。
イクサが「私についてきなさい」と言ってましたが、それぞれに脱獄してゆくライダーたち。
ついでにウーもつられてクウガとともに逃走。

外へ逃げおおせたクウガとウーは、お互いを「ウーちゃん」「クーちゃん」と呼び合い友情を深めます。ウーに「ウーちゃんもライダーになりなよ!」と勧めるクウガ。「ボク、ライダーになる!」と決意するウー。しかしそこへ追っ手が現れます。ウーはクウガを裏切ってショッカーに戻るフリをし、武器を奪ってクウガを逃がし、引き換えにショッカーに捕まり、ワルワル~という歌の力で洗脳され怪人にされてしまいました。
ウーに促され、一度はその場から逃げたクウガですが、ウーを助けるために単身ショッカーの本部へと乗り込みます。

変わり果てた姿になってしまったウーはクウガの事を忘れてしまい襲い掛かってきます。何とか元通りの心を取り戻そうと、ウーの攻撃にボロボロになりながらも必死に歌い続けるクウガ。やがて、ウーに変化が。クウガの歌で正気を取り戻したウー。クウガはマイティーフォームに、そしてウーは夢に見た”ライダーぽい姿”に!

「それはライオトルーパーって言うんだよ」

そう。ウーはついに念願のライダーになったのです。駆けつけたライダーたちとともに戦うウー。
最後のダンスバトルも圧巻でしたね。
私は2階席3列目だったので、舞台全体を見渡せたんですが、こんなにたくさんのライダーが一同に会している光景を”ライブ”で目の当たりに出来て、本当に幸せでしたねー。しかも!援軍として1号2号V3などの昭和のライダーまで結集して、なんと言う壮観!!酔いました。酔いしれましたとも。

壮絶なダンスバトルの果てに、ついに大ショッカーを退けたライダー軍団。
地獄大使は悔しそうな捨て台詞を残し、退却してゆきます。

「覚えておれ・・・!この続きは・・・劇場で。」

最後にディケイドとクウガは変身をといて士とユウスケに。
劇場版での勝利を誓うライダーたち。

・・・・・・・・幕・・・・・・・・・

真っ暗な舞台に再び照明がおり、まるで宝塚の大階段での大フィナーレみたいに、舞台奥から次々に姿を現す出演ライダーたち。手にはリボン付の花は持ってませんでしたが(^^;)
すごすぎます!こんなにたくさんのライダーが舞台に所狭しと並び立ち、大ショッカーの皆様も登場して、出演者勢ぞろいしたところで・・・。歌うんですよw。

Thank you  ありがとう~♪って。

みんな揃って会場に向かって手を差し伸べて。本当に宝塚のフィナーレみたい。
洗脳されたウーと、ウーの心を取り戻そうとするクウガのあたりから、会場全体が物語りに入り込んで見守っている感じでしたし、ミュージカルもハッピーエンドに終わり、感動のフィナーレなんですが、そこでありがとうソングを身振り付で歌っているのが、全部ライダーと怪人ですから。
感動しているんですけれど、笑っちゃうんですよ。だって・・・シュールなんだもの(笑)

本当に、よかったですよ。ミュージカル。もう一度といわず、何度も見たいですもの。今からDVDが待ち遠しいです。高岩さん抜きにしても一見の価値はあります!と、この他人に物を薦めない主義の私が太鼓判を押します!たいした太鼓判じゃありませんが。

会場のテンションも半端じゃなかったですし、とにかく大爆笑あり大歓声ありで、ライダーファンにはたまらないひと時でした。夢のような世界でしたねー・・・。ああ、早くもう一度みたい・・・!

また思い出した事があったら随時追加します。そして思い違いがあれば訂正いたします。
とりあえず、散文駄文で長々と失礼いたしました。



【6月30日追記・・・ご協力:仮面ゲスト様】
仮面ゲスト様の記憶をお借りして、レビューの追加をさせていただきます。
ありがとうございました!

脱獄したウーとクウガを追いかけてきた地獄大使は、ウーに「戻れば許してやる」と持ちかけます。ウーはクウガを逃がすためにショッカーに戻ったフリをし、まんまと武器を手に入れてクウガを逃がし、その発射口を地獄大使達に向けます。窮鼠何とやら。必死のウーから何とかその武器を奪おうとしたショッカーたちは、
「あっ!!あそこにショッカー一のセクシー怪人、ハチ女が!!」
というベタな手に引っかかって武器を奪われ、再び囚われの身となってしまいました。




【7月1日追記・・・ご協力:仮面ゲスト様】
同じく仮面ゲスト様のコメントで思い出した事を追加させていただきます。
仮面ゲスト様、ありがとうございました!

大フィナーレでライダーたちが歌いながら会場に向けて呼びかけるんですよ。
「1階のみんな~♪声を合わせて~(だったっけ?)」と。
そうすると1階の皆様がそれに応えて大きな声で「イエーイ!!」と叫ぶんです。

次は2階の番だ!とドキドキワクワクしながら舞台からの呼びかけを待ち構えていたら、
「2階はみんなショッカーだー!!」
と地獄大使が呼びかけてきましてねw。応える2階の皆さんも「イー!!」とw。(爆)
私も2階席でしたし、一応ショッカー支部開設している戦闘員ですから、胸を張って応えるべき所でしたが、ヘタレなので声が出せず・・・。仮面ゲスト様はしっかり拳を突き上げて「イー!!」と応えられたそうですよ。
もう、会場全体が一体化した最高のフィナーレでした!


もうひとつ。
ウーちゃんが変身した怪人は、「ガニコウモル」だそうです。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

面白そうだな~
また見たくなりました!!
DVD待ち遠しいです!

こんにちわ、ミズキくん。

本当に素晴らしかったですよ。ライブの熱気などは抜きにしても、ライダーファンならば心躍るミュージカルです。
私は、舞台が始まって即購入を決意しました。

面白そうですね♪

楽しんでこられたようでなによりです。
レビュー拝見して私もDVDが欲しくなりました^^
ノラさんのせいですよw

地獄兄弟の漫才とか753とかレアなカブトの踊りとか、
これだけで買う価値ありですね私としては♪
声などが本物って所がいいですね。
そういえばカブトの声は誰だったのでしょう?
台詞なしですか?

私も一度本物のライダーを見てみたいです。
まして本物(高岩さん)のカブトを生で見られたとしたら、
もう興奮して叫び出しそうです(苦笑)

最近、剣と響鬼とクウガをレンタルして観ていて、
もうすっかりライダーファンですよ私も^^
カブト・電王ぐらいしか興味なかったのですが、
これもディケイド効果でしょうか?
ディケイドも次がシンケンジャーの世界で
オリジナルの小林さんの脚本という事が確定し、
更に世界を巡る謎が明かされるとか?
今年はシンケンジャー・ディケイドと当たりで、
ファンとしては嬉しいですね。
劇場版の全ライダーVS大ショッカーも楽しみです。

こんばんわ、白いのさん!

ふっふっふ・・・釣られましたね?(笑)
いやでも本当に良かったですよ!
白いのさんのコメントを読ませていただいて気づきましたけど、そういえば白いのさんのツボに入る要素が結構ありますよね。特に牢獄のシーンに。
カブトは残念ながら台詞がなかったんですよ。でもピンでのバトルの見せ場で、ちゃんとカブトのライダーキック演ってくれました!

とにかくこんなに贅沢にライダーが勢ぞろいするステージを見られただけでも、思い切って行って良かったなぁと・・・幸せだなぁとしみじみ感じました。2部では幸せ通り越して廃人寸前になってしまいましたが。(高岩オーラの直撃で)

DVDが今から楽しみです!もうそれだけで年が越せるかもしれません。今ふと思ったんですが・・・十年祭って2夜連続でしたから、もしかして2枚組みとかになるんじゃないでしょうかねぇ。それとも1枚ずつ2種類か・・・。29日の方も出来れば見たかったので、暮れにはまた懐が寒い事になりそうです(^^;)
※やっぱり2枚組みでした!そしてミュージカルのCD化も決まって冬には発売するそうですよ!

>最近、剣と響鬼とクウガをレンタルして観ていて、
>もうすっかりライダーファンですよ私も^^

では後3つでコンプリートですね!アギトも龍騎も555も、それぞれに見所があって私は大好きですよ。お仲間が増えるのは喜ばしい事です(^^)

今週は十年祭のレビューでなかなかディケイドとシンケンジャーのレビューを書けませんが、日曜日までには必ず!と思っています。
そして、シンケンジャーの世界!楽しみですよね。脚本が小林さんなんですか?!それは嬉しい♪ 小林さんの脚本は大好きです!

夏は劇場版、秋には新ライダー・Wが始まるし、楽しみですねー♪

こんばんわ、仮面ゲスト様!

楽しかったですよね!!本当に心の底から少年に戻って楽しみました!戸籍上の性別で少年だった事はないですが。
たとえ女でも、少年心が刺激されて、みんな頬を紅潮させて目をキラキラ輝かせて観ていたと思います。私を含めて!

ハチ女のくだり、そうでした!そんなのもありましたね!そこは追加させていただきます!それからおぐらさんの事も。
他細かい誤字・脱字もこっそり直しておきますので内密に。(ここに書いている時点で意味ないし)
ありがとうございました(^-^)

おはようございます、仮面ゲスト様!

ああ、煽られましたねー!!そのお話も追加しよう!!会場が一体になりましたしね、あのフィナーレは。
仮面ゲスト様はちゃんと地獄大使の呼びかけに応えられたんですねー。私の両隣の方は同年代位の女性で、しかもどちらもお一人でいたしていたようでしたから、アクションが出来なかったんですよ。

それからウーちゃんが洗脳されて変身した怪人の事も追加させていただきます。(怪人ブログ、熱いですね!!素晴らしい!)

やっぱりこうやって参加された方々と言葉を交わしていると、どんどん記憶が甦ってきますね。
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。