スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

五侍粋変化

唐突ですが、買って良かったです!
変身後のシンケンジャーの写真らしい写真は裏表紙だけですね。
「天下御免の侍戦隊!シンケンジャー、参る!!」というときのポーズ。
ビジュアルガイドブックですから、丈瑠たち変身前のシンケンジャーの面々の写真集です。

CAST-PRIX SPECIAL 侍戦隊 シンケンジャー 公式ヴィジュアルブック 五侍粋変化 (GLIDE MEDEIA MOOK 35)CAST-PRIX SPECIAL 侍戦隊 シンケンジャー 公式ヴィジュアルブック 五侍粋変化 (GLIDE MEDEIA MOOK 35)
(2009/05/29)
不明

商品詳細を見る


収録されているキャストの和装姿の写真、男の子チームは粋だし、女の子チームは艶やかだし。
撮影ロケ地は雰囲気のある日本家屋ですね。日本の伝統美ならではの華やかで艶やかな色使いに、筆文字、日本の伝統的な地紋と、和風テイスト満載の1冊。
読み物も濃くてガッツリとボリュームがあるし。
黒子さんたちが紹介する『御召物拝見』やら、『侍戦隊用語大辞典』やら『一筆奏上 侍直筆調査』やら企画物もありで。

私は誓って「イケメン大好き♪」ではないのですが、変身後のキャラクターが載っていないこの本を、気がつくと開いては眺めています。なんだか・・・いいですねぇ。

以下、一言感想です。




の侍 志葉丈瑠】
黒の着流しに緋の帯。やはり黒に白と赤の線模様の入った着物を袖を通さずに羽織っています。
この若さ(20歳!)で渋い和装をここまで着こなすなんて、只者じゃないですね。実に様になっています。お名前の「桃李」は史記から名づけられたそうですが・・・・・・只者じゃないですね。(しつこい?)
黒い着物、赤ときて、この佇まい・・・。一瞬「殿」というより、「き・・・京極堂?!」と思ってしまいました。あと10年待たなくても、彼なら即!京極堂を演じられるんじゃないかと(^^;)

の侍 池波流ノ介】
青い袴姿、きりりと弓を引き絞る姿が、実に清清しくて凛々しいです。この方、割とお顔立ちが優しくて女顔のほうだと思っていたんですが、白無垢姿(この本にも小さい写真が収録されてます)を見て、確かに綺麗だけれども「男だなぁ」と感じました。本質が男っぽいのかも知れませんね。
高校時代に弓道をやっていた旦那が、流ノ介の弓は短すぎるんじゃないかと言ってました。引き方もこれはアーチェリーの引き方だと。和弓は耳の後ろまで引くんだそうですが、まぁまぁ、細かい事はいいじゃないですか(^^;)

の侍 白石茉子】
艶やか!もうその一言に尽きます!お母様が書道教室の先生をされていて、ご本人も書道5段の腕前だそうで、どおりで正座する姿がピシッと芯の通った綺麗な姿勢だと納得しました。
綺麗ですね~、ハッキリしたお顔立ちなのに和装が良く似合います。綺麗なだけではなく、可愛らしいですね。シンケンジャーの女の子チームではお姉さん的存在ですが、薄皮太夫のような女の色気はなく、穢れのない純粋な美しさ・・・まるで姫君のようです。

の侍 谷千明】
茶髪にスカジャン、ジャラジャラとウォレットチェーンをつけて・・・今時の若者の千明ですが、鮮やかな緑の派手な絞りのきものが意外とマッチしています。”歌舞伎者”という感じですか。不敵な笑みを浮かべて槍を担いだ姿は、腕は立つけど威勢の良い、時代劇には必ず出て来る暴れん坊といった風情で中々好きですね。関係ない話ですが・・・鈴木勝吾さんって・・・絶対にお母さん似なんだろうなー。といつも思ってしまう。何となく。

の侍 花織ことは】
かかか可愛いィィィ・・・なんなんでしょ、この可愛らしさは!
この卑怯者めが(←意味不明)
ふうわりとした絽の衣がなんとも雰囲気にマッチして、まるで天女のようです。そうでなければ隠れキリシタンのお嬢さん。透明感のある癒しの空間です>コトハのページ。和むなぁ・・・・癒されるなぁ・・・総てを許して受け入れてくれそうな。

ここまでは1人4ページの個人の写真。



シンケンジャー5人を様々に組み合わせて、漢字一文字添えた写真へと続きます。
【忠 丈瑠×流ノ介】 【智 丈瑠×茉子】 【慈 丈瑠×ことは】
【情 流ノ介×茉子】 【華 茉子×ことは】 【信 茉子×千明】
【護 流ノ介×ことは】 【凌 丈瑠×千明】 【悌 千明×ことは】
【剋 流ノ介×千明】 ・・・・・・と、ツーショットはここまで。

【巴 丈瑠×流ノ介×千明】 そして締めが
【誓 丈瑠×流ノ介×千明×茉子×ことは】の5人全員。

どの写真も実にぴったりな漢字で表されてますし、皆さんそれに見合った表情をされているので、本当に良い写真ですよ。シンケンジャーのそれぞれの結び付きを漢字で表したといった趣向です。素敵。

和装写真はここまでです。それぞれのシチュエーションでポーズをつけてカッコよく写っているんですが、めったに着ない和装に、実はめちゃくちゃテンションがあがっているんだろうな~という雰囲気が伝わってくるような気がしたんですが、ご購入された皆様、いかがでしょう?なんだかノリノリで目が嬉しそうなんだもん。



そして読み物。メインスタッフの宇都宮孝明プロデューサー、パイロット担当の中澤祥次郎監督、メインライターの小林靖子さんへのインタビューがそれぞれ3ページずつ。
番組企画立ち上げ時から中澤さん、小林さんというメインスタッフが集められた経緯、骨子が固まって、諸々の方向性やキャラクター設定が成され、シンケンジャーという番組が徐々に形作られていく過程が、それぞれの視点から語られています。メインキャストのオーデションで、なぜあの5人が選ばれたか。それぞれがどのように役作りをし、どのように演じているのか、またそれに対するのメインスタッフ側からの評価。それぞれの立場での作品へのこだわり、そしてこれからの展開や意気込みについて。
監督やプロデューサー、あるいは脚本家の方々のお話は、「ああ、なるほど!」と感心・感動出来ますね。製作サイドの思惑や意図という物を知る事で、より深く物語りに入っていけます、私などは。
今回のインタビューで印象的な部分を書こうと思ったんですが、ありすぎて絞れないですね。
どこをとっても興味深くて面白い。
ただ一つ、お三人とも拘って作ってらっしゃいますね。時代劇、侍、「和の戦隊」という物に。



『四半期総括談話』と題して、男の子チーム、女の子チームに分かれて対談が、かなりのボリュームで掲載されています。
ただダラダラと語り合っているのではなく、「第1幕と第2幕」というように、お話ごとに段落を切ってそれぞれのお話にまつわるエピソードや役としての思いなどを、実に・・・実に楽しそうに和気藹々と語り合っています。仲が良くてうらやましいなぁ。
内容は、それこそ実際に読んでいただいた方が、雰囲気が伝わってくると思います。
千明贔屓だからと言うのではないですが・・・・・・ないと思いますが・・・・・いやいや、そういう贔屓目を抜きにして、千明役・鈴木勝吾さんの台詞覚えの良さには本当に感服しました!凄い!自分の台詞だけじゃなく、他の人の台詞まで覚えてるんですよ。なんという北島マヤ!

対談、最高に面白かったですよ。皆さん自分の役を愛して一生懸命役作りしてるし、深く考えていますしね。このシーンはこんな事考えて演じていたんだ、とか、こんなエピソードがあったんだ、とか、読んでいてニヤニヤしてしまいます。何よりみんなシンケンジャーが凄く好きで好きで、役を離れても良いチームなんだなと感じました。



『御召物拝見』というなのファッションチェックも、黒子さん進行で楽しかったですが、欲を言えば、この写真集に収録されていた和装の解説も欲しかったかな。あまりにも素敵な装束でしたので。



『侍戦隊用語大辞典』 
シンケンジャーに限った用語ばかりではなく、「セメント」とか「ナパーム」とか「背落ち」とかいわゆる特撮全般にわたる用語も多数収録されてます!お勉強になるわw。




『一筆奏上 侍直筆調査』
いや~、直筆アンケートは・・・・微笑ましいですね~。
シンケンジャーは「モヂカラ」いわゆる「文字」を書いて戦うんですが・・・・微笑ましいですねw。
茉子ちゃんはさすが有段者、綺麗な字です。

ラストの見開きは、和装のオフショット集で締めです。ホント、皆さん楽しそう!
買って損のない1冊だったと、私は満足してます!
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

DXドラグバイザーツバイほしい

シンケンジャーのも買ったんですか!?
さすがにそこまで懐がもたないです・・・・

そういやピンクの方かイエローの方か忘れましたが
めざましテレビに出てたそうですよ!
見たもんGATIかなんかで言ってました

DXドラグバイザーツバイほしい

DXドラグバイザーツバイ!

さすがにヤフオクか中古屋で巡り合わないと購入は難しそうですねー。ブレイバックルなら時々見かけますが。

こんばんわ。ミズキくん。
遂に戦隊物にまで手を出してしまいました。

>そういやピンクの方かイエローの方か忘れましたが
>めざましテレビに出てたそうですよ!

ことはか茉子が目覚ましテレビに・・!
そうですかー。ウチはズームイン派なので、そのうちそちらにも特撮関係者がご出演してくれたら嬉しい・・・。

そうそう!至れり尽くせりの1冊ですよね!

こんにちわ、仮面ゲスト様!

本当に、写真を見たい方にも、記事を読みたい方にも、そして小ネタを楽しみたい方にも、総ての期待に応える1冊だと満足してます。

キャストの記事がそれぞれの単独インタビューではなく、座談会だったのも嬉しかったんですよ。座談会、大好きなので。クロストークの中で話が広がっていったり、お互いの関わり方が垣間見えたり、相乗効果でテンションが高まってきたり。それにチーム分けしての座談会だったので、気兼ねのない男の子同士の男の子ならではのトーク、女の子同士の女の子ならではのトークがまた楽しかったですよね。

殿っぽくない殿とか、熱くない流ノ介とか、ラブリーな茉子とか、ことはは・・・・まんまの天然系でしたが。座談会は役から離れた素顔が見られて読んでいてニヤニヤしてしまいます。

千明役の鈴木さんは本当に凄いマヤっぷり、圧巻でした。ひとりシンケンジャーを見てみたいです!イベントとかで演ってくださらないかと期待してしまいます。勝吾・・・恐ろしい子!

続刊が待たれますね!シンケンゴールド・源太も仲間入りしますし、シンケンジャーではないですが、腑破十臓役の唐橋さんのお話も、今度は聞きたいな。
もちろん十臓の写真満載の記事で。いっそ、六門船の面々でも1冊。


それは是非!実現して欲しいですねー!

こんばんわ、仮面ゲスト様!

外道な面々のビジュアルキャラクターブックに外道座談会!ダークな妖艶さと退廃した雰囲気の漂う素敵な写真集になりそうですねぇ!
是非、『五侍粋変化』と対を成すように、『四外道妖姿絵』見たいなタイトルで、発売が実現したら良いですねぇ!ドウコク以下六門船の3人と腑破十臓のクロストークなんて、想像するだに恐ろしい・・・。黒子さんの代わりにナナシ連中がファッションチェックをしたり、巻末にオフショット写真があったり。
いや本当に実現してほしいですね!

唐橋さんを初めて知ったのは、私も555です。海藤直也は印象に残るキャラでした。危うさと繊細さ、残酷さと優しさ、したたかさと無邪気さが同居した魅力的なキャラクターでした。
ご本人は芸術家肌というか独特の世界観をお持ちで、そして意外とストイックで真面目な方だなと思いました。
単独インタビューは時々拝見しましたが、あまり対談とか座談会はされないんでしょうか。クロストークを見てみたいです。

教えていただいたカメラマンの吉場正和さんのHP見つけました。(柳沢慎吾さんの記事も発見しましたよ!)なかなか興味深いので、時間のあるときにじっくり読んでみたいと思います。
ありがとうございました(^^)
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。