スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

侍戦隊シンケンジャー 第8幕 『花嫁神隠』

何事?!いきなり結婚式です。
新婦は茉子ちゃん、そして新郎は殿?!
また唐突なオープニングですねぇ。それにしても・・・茉子ちゃんとても綺麗な花嫁です!殿もカッコいい!こんな花婿が隣に立っていたらドキドキしてしまいますね。
結婚式シーンで思い出すのはマジレンジャーの劇場版。山崎さんとマジレッドのあのシーン。
うらやましさと切なさに身悶えした・・・ああああw(TmT)o

思い出しジェラシーはこの位にして。
花婿のじい・彦馬は感涙に咽び、流ノ介もハンカチを握りしめ感動に浸り、コトハはうっとりと茉子の花嫁姿に心酔し・・・。
「おまえらなぁ・・・」
一人千明だけが場の空気に流されずに冷めています。

ちょっとお年頃になったこういう親戚の男の子はどこの結婚式にも居ますねー。

チラリと目を見交わす丈瑠と茉子は、およそ新郎新婦とは言い難い緊張感を漂わせています。
優美と友也が結婚式の最中に喧嘩別れした教会の前に人力車を引いた外道衆がワラワラと押し寄せ式場になだれ込み、新婦を掻っ攫ってスキマの向こうへ去っていきます。

あれ?茉子ちゃんじゃない!新郎の情けない顔も丈瑠じゃないし。

冒頭の丈瑠と茉子の結婚式は囮だったんですね。にも拘らず感動していたのかw。
当初の目的を忘れずに冷静だったのは丈瑠と茉子、そして千明。
 
結婚式の途中に花嫁が外道衆に攫われるという事件が多発しているようです。既に8人の花嫁が行方不明に。事件を解決すべく、流ノ介の推理にしたがって囮の結婚式をしたシンケンジャーでしたが、当てが外れて花嫁はまんまと攫われてしまいました。
流ノ介を責める千明、殿に恐縮する流ノ介。
「お前だけのせいじゃない。俺たちだって乗ったんだ」 


丈瑠は決して一人を責めませんね。良い殿様です。外道衆の引っ掛けだったかも・・・という茉子の擁護発言に流ノ介が渡りに船とばかりにちゃっかり乗って、それをすかさず突っ込む千明の絶妙な間が良いですね。

生きた人間は三途の川に入れない・・・攫われた花嫁達はスキマを通ってどこか別の場所に監禁されているかもしれない。茉子の囮が成功していれば、まんまとその場所に連れて行かれて場所の特定が出来たはず。
「もう一度仕掛ける。他に手掛かりはないしな。」

しかし、明日この一体で行われる結婚式は30件。(数えました)これでは多すぎて的が絞れない。途方にくれる4人の後ろで一人丈瑠が何か考えを巡らせているようです。


いつもの・・・お馴染みの・・・破れ寺。
攫われてきた花嫁は薄皮太夫の前に引き出され怯えています。
「ふふふ ・・・ふん!そう。そうやってたっぷり泣くのがお前の仕事だ。」
ナナシ連中が花嫁を白い壁に向かって押し出すと、花嫁は壁に吸い込まれる。壁の向こうでは攫われた花嫁達が悲嘆にくれて泣いている。花嫁の嘆きはやがて無数の糸となり、さながら蚕の繭のような部屋を成し、その糸は薄皮太夫が弾く琵琶の音にあわせてスルスルと伸びて内掛けを織り上げてゆく。

「何ィ?内掛けを作る?花嫁の繭で紡いだ絹糸でか?」


そのための花嫁略取だったんですね。幸せなはずの花嫁の涙という上等の絶望を紡いで作る面玉飛び出るほどの内掛け。なぜそんなものを作りたかったんでしょう>薄皮太夫。

「内掛けとは未練じゃないか。昔を忘れられないってことだろう?」

なに?!薄皮太夫の昔の未練て、気になりますね。やっぱり薄皮太夫なにかあります。
薄皮太夫に甘いドウコクは・・・惚れてるってことかしらね。うわー、なんかおっとなwな香りね。

そしてシタリがスキマを覗いていた折に見かけたアレ。あのはぐれ者。先週姿を見せた白い異形の者。OPでもドウコクたちと共にいたし、てっきり外道衆の一味かと思っていたら、ドウコクたちにとってもはぐれ者だったんですね。

月に輝く刃。
「やはりお前もわかるか・・・ムラマサ」

妖刀伝説の「村正」なんでしょうか。月をバックの演出がカッコいいですねー。この謎の人物(?)がどんな雰囲気を纏ったキャラクターなのかが容易にわかりますね。オマケにお声が唐橋さん。渋いっ!!剣客の匂いがします。
あああ、コレは惚れてしまうかも。

「俺が剣を合わせるのに相応しい奴がいる。
 あの・・・シンケンジャーの中に。」


志葉家。
アレほどの件数だった結婚式がいつの間にか1件に絞られています。
既に花嫁が連れ去られるという噂が広がっているところへ、丈瑠の指示で花嫁誘拐の危険を大げさに結婚式場に流した策が功を奏し、式が軒並み中止になっていたのでした。

殿、さすがです!
たった1件に絞られた結婚式に潜入し、再び囮作戦を決行することに。
「じゃ、もう一度お嫁に行きますか!」


作戦とはいえ再び花嫁衣裳に、茉子ちゃんがなんとなく嬉しそうなのは気のせい?いや~やっぱり嬉しいもんですよ、花嫁衣裳。私ももう一度着てみたいですもん。
結婚式は面倒臭いからヤですが、写真館で記念撮影だけでも・・・!と思いますもん。
どうでしょうね、ダーリン。私は花嫁衣裳、あなたはスーツを着て。
どのスーツにする?フォーマルならやっぱりキバかしら~♪

若干ウキウキしている茉子に流ノ介が心配そうに釘を刺します。コトハも心配顔で今度は私が・・・と提案しますが。
「コトハじゃまだ若すぎだって」

・・・・そういえば千明より年下といってましたから、本当なら高校生かそれ以下ですね。 
確かに若い!!

今度こそ失敗は出来ないシンケンジャー。楽観的な千明に彦馬は活を入れ、丈瑠はいつにも増して緊張した厳しい表情で、慎重に作戦を立てる心づもりでいるようです。

「この作戦が危険なのは間違いないんだ。
 外道衆もバカじゃないだろうしな。
 手はいくつか打っておいた方が良い・・・」


彦馬の一撃が千明にヒットしているように見えたんですが。スローにしても早すぎて見えませんでした。アレで寸止めだったら、さすが伊吹さん。それにしても、お芝居とはいえ、伊吹さんの怒号は迫力ありますね・・・ビリビリ響きます。現場で聞いたら怖いだろうな。千明、乙

破れ寺の薄皮太夫は、内掛けに頬ずりをしてつぶやく台詞が気になります。
「ああ・・・これを着れば、昔のように・・・・ああ・・・」


あれだけ不吉な噂が流れて、散々花嫁誘拐の危機を吹き込んだにも拘らず、強行に式を執り行う見上げた根性のラブラブなカップルの花嫁控え室に、白無垢の茉子と花婿を無理矢理引っ張ってきた丈瑠をのぞいた3人がなだれ込みます。本物の花嫁花婿を奥の部屋に押し込み、いよいよ囮作戦開始です。

厳かな神前結婚式に近づく外道衆の不吉な気配にそっと目配せする丈瑠と茉子。
結婚式の席から攫われる哀れな花嫁の小芝居をを演じてまんまと外道衆に連れ去られます。丈瑠も弱々しく花嫁を庇ったにも関わらず突き飛ばされて気を失う哀れな花婿を熱演。
作戦は成功したかに見えましたが、そこへ駆け込んできたコトハの困惑した表情は一体・・・。


外道衆に攫われた茉子は薄皮太夫を見て愕然とします。まさか今回の事件にドウコクの側近が絡んでいたとは・・・!いきなりのボス戦です。これはますます慎重に事を進めねば・・・。
しかし、薄皮太夫は茉子に絶望の言葉を冷たく投げかけるのでした。
「どう歓迎して差し上げようか・・・。なぁ、シンケンジャー!」

すばやくショドウフォンを取り出す茉子の腕を押さえてショドウフォンをもぎ取った薄皮太夫は、シンケンジャーの動向に気付いていたのです。作戦を逆手に取られて窮地に追い込まれた茉子に、さらに追い討ちをかける残酷な薄皮太夫の一言が・・・!

「せっかくの小細工だが・・・本物の花嫁も貰ったぞ」

勝ち誇ったように嘲笑う薄皮太夫は、攫ってきた花嫁の命を盾に、仲間に花嫁の居場所のウソの情報を流すよう、茉子に共強要します。やむなく丈瑠にウソを伝える茉子。

茉子に伝えられた場所に向かったシンケンジャーは、倉庫に閉じ込められ、その中に大量の火薬を発見しますが、逃げるまもなくそれは爆発し、シンケンジャーは爆炎の中に消え・・・。


「火薬」って大きく書いてあってわかりやすいですね。これなら私のような近眼でもはっきり読めます!親切で素晴しいですね、外道印の爆薬。

シンケンジャー爆死の報告をナナシ連中から聞いたのでしょうか、上機嫌な薄皮太夫は花嫁の絶望から織り上げられている内掛けをうっとり眺め、それを着てアヤカシ共に傅かれる己の姿を妄想するのでした。しかし、その艶姿を茉子に見せる気はさらさらないようですね。 
「殺れ!」

冷酷な命令が下されたその時!
飛び込んで来た丈瑠の獅子折神。薄皮太夫に奪われた茉子のショドウフォンを奪い茉子の元へ。
そしてそのまま主の手の中に。
現れた丈瑠・千明・コトハの3人の姿に驚く薄皮太夫。確かに爆炎巻かれて死んだはず!!

「引っかかったのはそっちって事。
 私はただの囮。もう一人潜入してたのよ!」

つと立ち上がった茉子の言葉に呼応するもう一つの声。花嫁の繭から現れた・・・現れたのは・・・・。


ええええええええwwwww!!流ノ介?!あらー。綺麗じゃないですか。いくらイケメンでも女装が様になる子とならない子がいますが、流ノ介君は女装すると少し年齢が上がりますね。20代後半から30代位のOLさんに居そうです。そういえば最近気付いたんですが、HERO VISIONのVol.30 に女装(?)姿の流ノ介=相葉弘樹さんが載ってました(笑)メイクバッチリで薄いピンクのルージュで。頭にでっかいリボンつけて、ちょっとロリ系の。テーマはアリスで。
お顔は綺麗な美人ですが、やっぱり所作が固いですね。男の子の動きです。

倉庫で爆死したのは実はショドウフォンで作り出したそれぞれの影だったのです。(そんなのもアリなのかw。便利でいいなショドウフォン)

騙されたと知り怒りに震える薄皮太夫の前に、5人揃ったシンケンジャーが立ちはだかる!!
流ノ介が花嫁衣裳のままなのが脱力しますがww(^^;)

寺の外には陣幕が張られ、陣太鼓が鳴り響く。
「この家紋は・・・・」

志葉家の家紋を見て微かにうろたえる薄皮太夫は、志葉家に何か因縁を持っているのでしょうか。

太夫を囲むように名乗りを上げるシンケンジャー。戦いの火蓋が切って落とされた!!

毎度毎度のことながら、シンケンジャーのチャンバラシーンは見事です!時代劇にも引けを取らないと私は思います!!日本人の血が騒ぎます!
薄皮太夫の仕込み刀も良いなぁ・・・。これ玩具出てましたっけ?あったら欲しいなぁ。

さすがドウコクの側近・薄皮太夫、アヤカシとは一線を画するものがあります。流ノ介と茉子、二人掛かりでも敵わず、ついに一太刀を受けて倒れる二人。
「死ね」
流ノ介と茉子に太夫のトドメの一撃が振り下ろされようとするその刹那、丈瑠参る!!


ここから先の丈瑠と太夫の一騎打ちがすごかったですね。見ていてグッと手に力が入りました。まさに「真剣」勝負、子供番組とは思えない緊迫感です。本当に刀と刀が火花を散らしているような迫力とスピード感に見入ってしまいましたよ。

ついに薄皮太夫に向けて烈火大斬刀大筒モードが放たれた時、薄皮太夫の前に躍り出て、事も無げに兜五輪弾を弾き飛ばした謎の剣客。

「お前か・・・俺の村正に見合う奴は。」

いずれその腕試させてもらう・・・と言い残し、強引に太夫を連れ、十臓(じゅうざ)と呼ばれたその男は、大ナナシ連中を呼び寄せて姿を消した。


やはり十臓、外道衆なんでしょうか。何となく・・・ウルザード臭が。
今回はアヤカシが登場しなかったので、大ナナシ連中相手にシンケンオー戦ですね。個体は弱くとも数でこられるとやはりアヤカシ一体分くらいは手こずるようですね。囲まれて押さえつけられたらパーツをパージして逃れる。ロボアニメにはありますが、特撮でこれほどこまめにくっ付いたり離れたりするロボって、他にありましたっけ?

戦いが終わり、流ノ介の花嫁姿に冷やかし半分ながら感心する千明。自分の女形に全然納得いかない流ノ介。(リベンジ女装を期待!!)
そして、なにやら思いに沈む茉子に心配そうに声を掛けるコトハ。
「結婚前に花嫁衣裳着ると、本当の結婚が遅れるって話を思い出した・・・。
 2度も着ちゃったし・・・・ヤバイ・・・」


確かにそんな話もありますね。聞いたことあります。しかし・・・6話の「一生独身」というズボシメシの呪いが、まだ尾を引いているんでしょうかw。頑張れ、茉子ちゃん!
私も結婚前に結婚式場のイベントで、花嫁衣裳のモデルに駆り出されて着ましたけど、ちゃんと結婚できましたし(^^;)だ・・・大丈夫。
作戦で着たんだから大丈夫というコトハの励ましは、何が大丈夫なのかわかりませんが、とりあえず気を取り直したようですね。>茉子ちゃん。

丈瑠は十臓が気になるようです。いつか剣を交える宿敵となるんでしょうか。
作戦成功のお祝いにケーキ屋さんに寄ってもいいですか?と律儀に承諾を取りに来たコトハに微笑んで、とりあえずは皆とお祝いをすることにした丈瑠です。

「殿!!ご馳走様です!!」
ああ、殿のおごりなんだ・・・。

EDが2番になってましたね。
そして次週、虎折神登場です。予告の丈瑠vs流ノ介に今からワクワクですね。
ダーク流ノ介も楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

仮面ゲスト様、いらっしゃいませ!

見るたびに引き込まれていきますよね。>シンケンジャー。
殺陣や台詞回しなど、細かいところまで本格的な時代劇のようにちゃんと作りこまれているのに、ちゃんと子供向け番組になっているのがいいです。

流ノ介の女形も、「ああ、歌舞伎だから女形もアリか!!」と。
小林さんの脚本は本当に繊細で大胆で、好きです。

回を追うごとにシンケンジャー側も外道衆側も、それぞれのキャラが立ってきて、そうなってくると愛着が湧いてきますよね。

丈瑠たち5人とじいの立ち位置が何となく決まってきて、それぞれの距離がそれぞれの形で徐々に縮まっていくのを見るのは、嬉しくて楽しいです。

そういえばラストは必ず徒歩帰宅ですねー。変身シーンで必ず出現する陣幕と陣太鼓といい、ラストを皆で歩いて帰るシーンといい、こういうお約束シーンは、考えてみれば時代劇のセオリーですよね。
「いよっと!待ってました!!」と思いますし、一つの話が一件落着したんだなと区切りが付きますし。
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。