スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

仮面ライダーディケイド 第9話 『ブレイドブレード』

先週に引き続き、ディケイド、カリス、ギャレン、レンゲル、時々パラドキサアンデッドという敵味方入り乱れての乱闘シーンから。ブレイドはバックル奪われて戦闘不能中。

しょっぱなのカリスと戦うディケイド、あの動き辛そうなスーツでの連続蹴りがカッコいいです!素晴しい!始まって早々ですが、何回巻き戻して見たことか・・・。いいから早く先に進んで続きを書けと、天からの声が私を急かすので名残惜しいですが、先に進みます。
ディケイドvsカリスのバトルをボーっと見ていたいのは、ギャレン&レンゲルも同じなんですね。違うか。

二人のバトルに気を取られていたギャレンとレンゲルに、背後からパラドキサアンデッドが襲い掛かり、こちらもバトル再開。激しい戦いの中、レンゲルは背後からカリスにも一撃を打ち下ろしますが効果はなく、カリスの標的はレンゲルへと変わり、結果的にギャレン共々、カリスとパラドキサに挟まれて退路を失う事に。そして、カリスから繰り出された触手に絡め取られそうになったレンゲルは、とっさに体を入れ替えギャレンを盾に!卑怯者ー!生贄にされたギャレンはバックルを奪われ変身解除、戦闘不可能に。サクヤを見下ろすカリスの隙を突いて、またもや背後からレンゲルラウザーを打ち下ろしますが、簡単にいなされカリスの一蹴でフレームアウトしてしまいます。

その時吹き抜ける一陣の風・・・いや、あの不思議なオーロラ?
でも、鳴滝のに比べてちょっとピンクな気がします。ダークサイドのライダー、まだたくさん残ってますよね。王蛇も未登場だし、他にもダークカブトとかダークキバとか、劇場版・スペシャル版なら牙王、幽汽、レイ、アーク、コーカサスたちとか歌舞鬼とかラルクたちとかオーガ、サイガ・・・他、選り取りみどり。さて、誰が登場するんだろう~と思ったら。
轟鬼さん?! いや、一途で真っ直ぐで爽やかな青年でしたよ、轟鬼君。ダークな翳りなど微塵も感じないキャラがなぜ。

突如現れた轟鬼の音撃斬・雷電激震によって、その場にいた全員が吹き飛ばされてしまった。
ディケイドが立ち上がった時には既にその姿は無く・・・。
「何だったんだ・・・」
呆然とするディケイドを遠くから見つめ、意味ありげに笑みを浮かべて無言で立ち去る謎の青年。

BOARD・社長室。
「K(キング)でありながらアンデッドを倒すとは素晴しい!」
士はその働きを社長に評価され、特別ボーナスが支給されました。その額は期待していたモノとは格段に少ない額でしたが。その代わり、赤字の社員食堂を黒字に出来たらさらにボーナスが追加される事に。
バックルを奪われたサクヤはA(エース)からランク3に降格。ムツキはAチームの隊長に任命されました。そしてカズマは遂に解雇処分に!!
・・・あああっ!何もゴミ箱に捨てずとも・・・!

解雇を言い渡され、憮然と荷物をまとめるカズマ。
  「所詮その程度の男か。そんなにランクにこだわるなら、俺が書いてやるよ。」
カズマの社員証にマジックで「0」と書き込み、振り返りもせずに立ち去ろうとする士。
馬鹿にされたと怒り狂い士に掴みかかろうとするカズマを止めたのはユウスケでした。

  その数字の意味をよく考えてみろ!
  あんたは総てを失った!
  だから、ゼロからやり直せって事だよ!!
  そうだよな!士!

  士がここまで仕事にこだわるのも、何か深い考えがあるんだよ。

  「ゼロからやり直すだと・・・。ゼロから・・・」
唇をかみ締めて社員証の「0」を見つめ、一生懸命その意味を考えるカズマはやがて顔を上げ、士の背中につぶやく・・・そこまで俺のことを・・・・。


士の「実はそこまで深く考えていませんでしたが、そういう事にしておこう!」第2弾ですね。
士の言動を良い方に勝手に解釈して、カズマを説得したユウスケGJです。
つくづくユウスケという男は士にとって必要な存在ですよね。世間との潤滑油というかオブラートというか偏光フィルターというか・・・。ユウスケは士をフォローしようとしているのではなくて、本当に士を良いヤツと信頼した上での解釈なんですよね。ユウスケくん、君は本当に良い人だなぁ・・・。いやむしろ「人か良い」というべきか。

光写真館。
「人が良い」方がここにも一人。修理費を請求しているのに、いつの間にか「じいさんのこずかい」にすり替わってます。しかも3,000円。夏海ちゃん登場でわれに返った栄次郎さんはちゃっかりコーヒー代も請求額に上乗せしてます。
  「こんな所でサボってないで、社員食堂で働いてください!
   そうすればきっとこの世界でするべきことが見えてくるはずです!」


ああ、そうでした。すっかり失念してましたが、この世界で士がやるべき事・・・社員食堂で一体何をすべきだというのでしょうか。ブレイドの世界の崩壊を止める鍵が社員食堂に?

「じゃあ夏みかんにも働いてもらおう。俺の更なる野望の為に・・・!」
士の野望って・・・。

士の打ち出した社員食堂赤字対策は階級分けランチを廃止し、安くておいしいランチに統一する・・・名づけて「社員みんながエースランチ」。夏海はメイド、ユウスケはホスト姿で客寄せに協力するハメに。最初は納得いかない顔の二人でしたが、結構ノリノリですね。
  「お帰りなさいませ、ジュリエット」てwww!ジュリエットって何なんだ。
手前で夏海が重役さんと記念撮影している後ろで、ユウスケの手を握って離さない女子社員に途方にくれるユウスケの小芝居が展開されていてツボでした(笑)

この作戦が功を奏し社員食堂は大盛況、そうなれば社員食堂のスタッフ達も活気付き団結も深まってきます。お互いに助け合い共にスキルアップをしていく・・・今まで味わったことのないそんな職場の雰囲気に、充実した笑顔で張り切るカズマ。そんなカズマの気持ちに水を差すムツキ。
かつてのエースチームの隊長サクヤを従え、同じくエースだったカズマを傲慢に見下すムツキの言葉に、食堂スタッフのアイ・マイ・ミーも憤りを感じています。当のカズマは何も言い返さず仕事に戻りますが、その表情は悔しさに満ちています。


ムツキが本当に嫌なヤツとして描かれていますね。オリジナルの睦月もこんな時期がありましたが。抜け目なく立ち回って、上手く壁をすり抜けて勝ち残っていく・・・そのためには手段を選ばない。こんな人間は、大なり小なりどこにでも必ずいますよね。しかしそれは必ずしも悪とは言い切れません。生き残るための知恵は、人それぞれです。BOARDというランク至上主義の会社で生存競争を生き抜く為に、ムツキが行き着いた答えがこれなんでしょうね。

サクヤにとっても会社の階級システムは絶対なんでしょうね。降格された時も異議も唱えず、ムツキにも諾々と従っています。ムツキはかつての上司を顎で使うことに何の躊躇もありません。問答無用の下克上といった所です。

わざわざこれから向かう任務にお前ら・・・カズマと士・・・は必要ないと言いに来たのは、ただ単に隊長としての初任務を前に優越感に浸りたかっただけなんでしょうか。オリジナルを知っているだけに、それだけの薄っぺらなキャラだとは思いたくない気持ちがあります。
ここはユウスケを見習って良い様に解釈してみたりして。例えば・・・優越感をバネに任務に対する不安を打ち消したかった・・・とか。隊長にはついていく背中が無いし。失敗したら、次は自分が斬り捨てられるわけだし。・・・なんだかムツキが可哀想に思えてきちゃった・・・。

自分の任務を教えてやりに来たというムツキを士は「さっさと行け」と冷たくあしらいます。
  「ライダーとしての仕事を全うして来い」
階級や優越感の為でなく、本来の役割、ライダーとしての仕事をして来いという士の言葉に、悔しそうにその場を立ち去るムツキ。嬉しそうに振り向くカズマ。
  「チーズ・・・^^=」「チー だ」
こけた。こけました。良い場面なのに・・・。

バックルを奪ったカリスを探すムツキとサクヤの目の前に現れたカリス。レンゲルに変身して一人カリスと戦うレンゲルでしたが、圧倒的な強さに翻弄され、遂にはレンゲルのバックルまでもが奪われてしまいます。しかし、変身が解ける刹那にレンゲルラウザーがカリスのバックルを直撃し、カリスもまた変身解除され・・・そして現れたカリスの正体は!

  「し・・・社長!!」

唖然とするムツキとサクヤ。再びカリスに変身した四条は二人を攻撃。
  「君たちにも我が社の繁栄の為に働いてもらおうか!」 意味深な一言。


やっぱり社長か!!と思いましたが、カリスの正体がおっ様・・・と....orzな私もいる。パラドキサもあんな失礼、おじ様だし。ちょっぴり泣いてイイデスカ。オリジナルの幻影を捨てて見なければいけないとわかっているんですが。華麗なカリスが・・・加齢なカリスに。
ダンディーなおじ様たちなのでこれはこれでいいんですが。

売り上げは10倍、収支は黒字。これでボーナスは貰った!!(←士の野望)えええwww?!
ヒーローの野望じゃないな。そもそもヒーローは”野望”とか持たないか。
いやいや、何か深い考えがあっての事に違いない・・・とさすがのユウスケもそこまでフォローできないみたいですね。夏海と二人で呆れ顔です。

  「報告します。黒葉ムツキ、菱形サクヤが本日付を持って依願退職しました」
  「そんなバカな!!」

愕然とするカズマに「良かったじゃないか。これでお前のエースに返り咲けるぞ」と冷たく言い放つ士。ムツキのカズマに対する態度に憤っていたアイ・マイ・ミーの3人も士に同意しますが。
  「本当にそれでいいのか?!一緒に働いて来た仲間なんだろう?!」
ユウスケの熱い言葉がカズマの心を揺さぶります。
  「ああ、俺もあいつらがいたから頑張ってこれたんだ!
   ・・・・・・そうか!・・・・チーフはそれを伝える為にワザとそんな言い方を!!」


ユウスケの必殺技『良い様に解釈する』がカズマにもうつったようですな(^^;)
士の目が泳いでいます。本人の腹黒い野望など置いてけぼりでどんどん良い人に祭り上げられていく士。なんというコメディー!このまま知らん振りを決め込むようですね、このヒーローは。
キライじゃないです。

カズマとユウスケが飛び出した後、”上司の務め”として後を追おうとする士の前に、あの謎の青年が現れます。
  「お前、誰だ?!」
  「ってか君・・・まだ食べられないの?・・・なまこ」
士の記憶に何かが掠める・・・何かが触れる・・・。この青年は一体。
  「少なくとも・・・食い逃げだな」


社長に直談判する為に、ユウスケと共に理事長の研究室(BOARDの最高機密が保管されている場所)に向かいます。理事長・・・って事はさらに黒幕が!と思ったら・・・。
出~た~な~!!鎌田!!貴様が理事長、黒幕かぁっっ!!

総てのカテゴリーのライダーシステムを集め、エースに封印されたアンデッドの細胞と人間の細胞とを組み合わせた究極の改造実験体・・・ジョーカーを生み出す事が鎌田と四条の目的でした。スイッチの入った装置から伸びるチューブの先には鎖に繋がれたムツキとサクヤの姿が!!
バリケードを突破してユウスケとカズマが駆けつけますが、時遅く、ムツキとサクヤは意識を失い、蒲田の手には「ジョーカー」のカードが!
ムツキとサクヤに駆け寄ろうとする二人の前に「邪魔をするな」と立ちはだかり襲い掛かる鎌田と四条。いつしかパラドキサアンデッドに変身した鎌田はユウスケを床に叩きつけ踏みつけます。
ユウスケがクウガに変身するかと期待したんですが、しませんでしたね。ユウスケもクウガになってディケイドと共闘しながら世界を巡るのかと思っていましたから。クウガ=ユウスケの活躍が見られなくてちょっと残念かな。ユウスケの役割は共闘ではなく、各世界のライダーの心をときほぐす事なんでしょうか。

カズマを追って外に出た四条は、信じられない謀略を口にします。

  君等下々の者に経営者の苦しみはわかるまい。
  アンデッドの脅威が無くなれば、我が社の存在意義が無くなる。
  国からの予算を得るためには、更なるアンデッドの脅威が必要なのだよ!
  恐怖と安心のバランスは私が決める。
  最強のライダー・カリスの力と
  最強のアンデッド・ジョーカーの力を使ってな。


確かにアンデッドは数が限られています。事業としてのアンデッド封印という仕事はそこが浅い、将来性の無い業務といえますよね。うすうすは疑問に思っていましたが、それをこんな風に存続させようとは!薬を売るために病原菌をばら撒く、武器を売るために戦争を起こす・・・そういうことですよね。それはやっちゃあいかん事です。怒れ!カズマ!

カリスからジョーカーへ変身し、カズマに襲い掛かる四条。しかしブレイバックルの無いカズマはなす術も無くタコ殴りです。
と、その時!ミラーワールドから、龍騎にフォームチェンジしたディケイド=士が飛び出し、ジョーカーを跳ね飛ばします。
「俺からのプレゼントだ」
ブレイバックルをカズマに投げてよこす龍騎。
「チーズ!!」 「チーフだ」

そこへパラドキサも合流!(ユウスケはどうした!!)ミラーワールドを行き来してパラドキサに攻撃する龍騎。
そうかその手があったわね。先週に引き続き、カッコいい龍騎です♪何度巻き戻して・・・(以下略)
パラドキサと戦うディケイド龍騎を後ろからジョーカーの攻撃が!それを見たカズマがブレイドに変身しようとバックルを構えますが、ジョーカーに阻止され、至近距離からジョーカーの攻撃を食らいそうになります。カズマの前に飛び出し、ジョーカーの攻撃をまともに食らって変身解除し倒れる士。

  「ライダーとアンデッドが手を組み、世界の統率者となるのだ。
   お前もそのために働け!」

拒否するカズマを「ならば死ね」と締め上げるジョーカー。
  「笑わせるぜ。金と名誉に目が眩んだ成金野郎が」
ブレイバックルを手に立ち上がる士。
  「ならば貴様らは何だ。ライダーは所詮BOARDの社員。
   己のランクを上げ、給料をもらう為に働いているに過ぎん」 

 「違うな。少なくともこの男が働くのは
  金の為でも、ランクを上げる為でも、
  まして、社員同士の生存競争で仲間を蹴落とす為でもねぇ!
  進化だ!
  失敗しても、成功しても、共に働く仲間を励まし助け合い一緒に進化していく。
  そのために働いているんだ!」


毎回、最後の戦いで、その世界の迷えるライダーが探していた道をはっきりと指し示す士ですが、それまで深く考えている様にはとても思えないですよね。今回のように周りが勝手に良い方に解釈してくれるパターンが出来始めていますが、当の士は、言われて初めてそういう考え方もあったか!みたいな顔をします。ユウスケとであって、ユウスケと共にライダーの世界を旅する中で、士もまた人との関わり方や絆みたいなモノを知ってゆく・・・あるいは思い出してゆくのかなと。最初、一人浮いていた士が、段々人としての温かさを持ち始めて・・・・いってるかなー。そうでもないかなー。
ともかく、それぞれのライダーと共に、士も大切なものを一つ一つ、思い出しているのかなと、そんな風に思いました。上手く言葉に出来ないので、強引にまとめてしまいました。

ディケイドとブレイドの共闘。ブレるハンディカメラに酔いそうですが、迫力あります!頑張る・・うう。
おされ気味のパラドキサ&ジョーカーは逃走しようとします。追うブレイド。ディケイドが取り出した3枚のカードにブレイドの力が宿り・・・。アレです。

 「ちょっとくすぐったいぞ」

うわぁぁぁwww!ブレイドの変形もシュールですぅぅ!!リアルな効果音があったらイヤですね。ボキボキ~とかバキバキ~とかメキョメキョ~とか・・・(((TT)))カズマも「うぁっ?!うぅえぇっ!!」とか言ってるし。余談ですが、ディケイドライバーの「ファイナルアタックライド ブレイド!」の「ブレイド」の部分が、息子には「うえぇ~い!」と聞こえるそうです。オンドゥルだけに。
元に戻り方も、なんだかバタバタしていて、本当に何が起こったんだ!!という感じのリアクションがリアルです。そりゃあ、ビックリしますよね。無理も無い。
それにしても、ブレイドブレード、強力ですねー。2体同時に粉砕です!
アクション的には物足りない感じですが。

戦いが終わり、「ライダーとしての仕事を全うした」カズマの笑顔が印象的です。
そして、真顔で近づいてくる士を、顔を背けて目だけでチラチラと、脅えたように見上げるカズマが、なんだか・・・小動物っぽい。差し出した手に、一瞬目をパチパチと瞑ってすくむ仕草が・・・昔飼っていたネコを思い出しました。

この世界での使命を終えた士に、カズマが問います。
「あんた、一体何者なんだ?」
「俺はやがて・・・総ての世界を破壊する・・・らしい」

士は鳴滝に言われたこの言葉をを気にしているようですね。事ある毎に口にします。

「違うな。あんたがこの世界を救ったんだ」

カズマの言葉をきいた士の笑顔が少し嬉しそうに見えました。
また、会えるかな。いつか旅を続けていればな。

光写真館。
どんな仕事でも仲間を助け、共に進化していく。
「カズマが俺の魂を受け継いでくれる。」
笑顔で働くカズマ写真に、そうつぶやく士の表情は今まで見た事のない柔らかい微笑みに満ちていました。あんな風に、写真を見つめる士も初めてじゃないかな。何か、大切なものを手に入れたのかも。

ところで、ムツキとサクヤさんは無事に生還できたんでしょうか。生死ははっきり描かれていませんでしたが、生きていて欲しいです。
生きて帰って・・・・・カズマとサクヤさんに土下座しなさい>ムツキ。

さて来週は555の世界!クリムゾンスマッシュの前のあのけだるいポーズが・・・何となく微妙ですが、それはさておき、なんと学園モノ。東映公式の ”あの漫画”のパロディーっぽい解説に盛大に笑ってきました。またまたコメディー調なんでしょうか。
監督がイマジンアニメの柴崎貴之監督です。
そして!次回ディエンド登場です!

【同日追記】
クレジットに伊藤慎さんのお名前がありましたが、スーツを着てらしたんでしょうか?
まさか轟鬼さんだった・・・なんてことは・・・ないかなー。それとも・・・ジョーカー?!
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

クウガはクウキ?

最近ブレイドを4巻まで観たので違いがわかって今回も面白かったですよ^^
オリジナルのカリスいいですね~。カリスは伊藤さんでしたか?

>轟鬼さん?! いや、一途で真っ直ぐで爽やかな青年でしたよ、轟鬼君。ダークな翳りなど微塵も感じないキャラがなぜ。

声がオリジナルと違う事と、後で思わせぶりな青年が出ていたことから、青年=ディエンドで彼が轟鬼さんにカメンライドした姿だったと思ったのですがどうでしょう?

>「チーズ・・・^^=」「チーフ だ」こけた。こけました。良い場面なのに・・・。

オンドゥル語を意識した演出でしょうかね(苦笑)
私もこけました^^;

>士の「実はそこまで深く考えていませんでしたが、そういう事にしておこう!」第2弾ですね。

最初は天道に似てるかと思いましたが、大分違うくなってきましたね^^;
天道は本当に深い考えがありましたから…。天道は加賀美にツンデレだから?
私もそんな士は嫌いじゃないですよ^^

それで今回も思ったのですが、オリジナルライダーとディケイドライダーの変身前の役者さんてどことなく似てませんか?
最近クウガ観て、五代雄介と小野寺ユウスケの笑顔がダブりますし、
今回も椿とカズマの子犬のようなw表情がそっくりでした。
似たような雰囲気の役者さんをキャスティングしたのでしょうか?
こう考えると天道役が楽しみな私です^^
カブト世界はまだですか?

いつもここのレビューとディケイド本編合わせて楽しませていただいてます^^ではまた♪

ディエンドの力

この間、息子に貰ったてれびくんをよく見たら、「ディエンドは、カメンライドカードでライダーそっくりの戦士を作り出す能力を持っている」とデッカク書いてありました(^^;) 迂闊なヤツですみませんv-356
そうなると、ディケイドが1回に1枚のカメンライドカードで1人のライダーに変身するのに対して、ディエンドは複数のライダーを同時に作り出せるという事でしょうかね。そう考えると結構な戦力を持っているんですね。今のところ、敵か味方かわからない存在なので、気になります。
てれびくんには、ディエンドが作り出したキバが、リュウガと戦う写真がありました。リュウガは・・・ダークサイドなライダーっぽいですし、そうなるとディエンドは味方?いや、別次元での基準で戦っている可能性も・・・。ディエンドもディケイドも謎ですね。謎。

ディケイド・ライダーの世界とオリジナル・ライダー。似て非なる者であり、異なる者のようで同じ匂いがする・・・不思議な感じがしますよね。
違うキャスティング、違う設定で作り変えられた世界ですが、たった1箇所だけ、この角度から見るとピッタリ一致する・・・みたいな。
オリジナルのファンには、新鮮さの中に微かな懐かしさが感じられて、だからこそ、オリジナルと違う事に抵抗を感じることなく楽しめるんでしょうね・・・。

ディエンドも登場して、新たな風が吹き込んできましたね。士の素性も徐々に明らかになってきそうな気配。
今後も楽しみでしょうがないですね!

>こう考えると天道役が楽しみな私です^^

俺様キャラだった天道がどんな風にリ・イマジネーションされてくるか、加賀美君も登場するのか、私も楽しみです!
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。