スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

侍戦隊シンケンジャー 第4幕 『夜話情涙川』

先週のお話で侍としての目標を決めた千明は、あれからちゃんと修行をしているようですね。
見事なモジカラで葉を舞い上がらせる事に成功した千明の嬉しそうな笑顔に、まずはホッとしました。

今回から特撮レビューは、より読み易くするために実験的にあらすじ部分のみ字の色をこんな風に変えてみます。

冒頭から流ノ介が変です。
メンバーに手当たり次第に悩みはないかと聞きまわり、何でも私に相談しろと、押し付けがましいことこの上ない流ノ介に、みんな迷惑顔。丈瑠も呆れ顔。
そんな皆さんの心の声を代弁して茉子が「うざい」と斬って捨て、なおも食い下がる流ノ介に茉子の一撃が。

さすがの丈瑠も引きつってましたねー。先週までなにか構えた感じだったんですが、ちょっと変わってきましたね。丈瑠。上手くいえませんが、年相応の顔をするようになったな・・・と。

三途の川・六門船。
三途の川を流れてきた今週のアヤカシはナミアヤシ。元になった妖怪は水虎(すいこ)です。
ドウコクに「気色悪いやつ」、薄皮太夫に「変態」呼ばわりされているこのナミアヤシは、シタリご推薦のアヤカシのようですね。
百人の人間の涙より、たった一人が流す深~い悲しみの涙一滴の方が重い。
つまり、涙や悲鳴の質さね。

シタリとナミアヤシ、いずれ劣らずえげつない輩のようですね。人の一番触れて欲しくない所を、ジワジワと嬲って喜んでいそうな陰湿で残忍な臭いがします。ドウコクのように、イライラと暴れるやつの方が、かえって単純で与し易いかもしれないですよね。
ヘへ・・大将のウサならオレが晴らしてやるよぅ。
人間どもをじっくりと・・・泣かせてやればいいんだろぅ?

あああ、ヤナ感じ。
神社で何かを神に願うように手を合わせる少年は、異様な気配を感じて拝殿の下を覗き込む。
板の隙間が不気味に赤く光り、その向こうに姿を現す異形の者。 

志葉家では性懲りもなく黒子さん達に悩みを聞きまわっている流ノ介。
と、その時スキマセンサーに反応が!
神社の境内では、アヤカシが少年と何か約束を交わしています。少年は脅えながらも「本当に?」と念を押し、曰くありげに握り緊めた守り袋を見つめています。
そこへ駆けつけたシンケンジャーに対してもそのアヤカシは「俺達は友達なんだよ。なぁ。」とふてぶてしい態度でのらりくらりと攻撃をかわし、「お前らに用はねぇよ」と姿を消します。気になる一言を残して。


「お楽しみはこれからだ」

今回は少年が狙われていますね。ヒーローは子供達のものですから・・・というのは高岩さんの言葉ですが、子供達の危機に必ず駆けつけて守ってくれるヒーローって王道な気がします。私的にはこれぞヒーローの真髄!という感じです。地球の平和や環境保護も大事なんですが、もっと身近で手に届く所にある力強く頼もしい存在、来てくれたら「もう大丈夫。これで安心だ」と心から思える絶対的存在が子供達にとってのヒーローなんじゃないかと。
そういえば、ダイレンジャーあたりは、いつも子供達が悲惨な目にあっていたなぁ・・・なんて思い出したり。

何か訳アリ気な野球少年・リョウタに行き着いたのは流ノ介と茉子。外道衆と交わした約束の内容を聞きだそうとしますが、リョウタは頑なに「知らない!何も話してない!」と言い張り、二人から逃げるように去っていきます。何か隠しているのは一目瞭然ですが、無理に聞き出さない方が良い・・・という茉子の提案で、二人でリョウタを見守る事に。 

帰宅してからも素振りを始めるリョウタの姿に、歌舞伎の稽古に励んでいた幼少時代の自分を思い出して急に涙ぐむ流ノ介。流ノ介は歌舞伎を捨てきれずにいたのでした。

 
誰よりも丈瑠に対して忠義に厚い流ノ介だからこそ、歌舞伎への未練を断ち切れない自分を情けなく腹立たしく感じていただろうし、かといって歌舞伎への未練も断ちがたい・・・そのジレンマが、誰彼かまわず悩みを聞きまくるという妙な行動をさせたんですね。本当は流ノ介自身が誰かにそう聞いてもらいたかったんでしょう。
「何か悩みがあるのか?」と。
 
誰にも話せなかった悩みが、関を切ったように口を突いて出てきます。そんな流ノ介の打ち沈んだ様子に、茉子の保護本能が覚醒!こんな自分を殴ってくれという流ノ介をハグっとな。
暴走スイッチ入っちゃいましたね(^^|||)

志葉家・台所。
もうもうと立ち上る煙に何事だと見に来た丈瑠が目にした物は、いそいそと台所に立ち、魚の黒焼き・・・焼き魚を焼く茉子の姿。
 
消火器片手にオロオロする黒子さんが可愛い。
流ノ介と一緒にリョウタを見張る為の夜食の弁当を作っている・・・と千明から教えられ、
「だったら黒子が作るだろう」と答える丈瑠。 

「けど、流さんホームシックで茉子ちゃんが面倒見てあげなあかんし。
 そやから、お弁当も茉子ちゃんが。」 


「意味がわからない」

「茉子ちゃん優しいねん。家庭的なことが好きやて 言うてはったし、夢は・・・
 普通のお嫁さんになる事やねんて。」


「うえええええっ???!!!」 

番組開始から4回目にして、初めて取り乱した丈瑠を見ました(^∀^)
あの調理を見て「料理が出来る人っていいなぁ~^^)というコトハにも和みましたが、千明を顔を見合わせて「あれ食うのか。流ノ介・・・死なないだろうな・・・」とおののく丈瑠がまたツボで。
あんな表情もするんだなぁ、丈瑠。背負っているものが重いから気を張っていたのが、信頼できる仲間を得て少し肩の力が抜けたのかな。

茉子ちゃんの暴走は弁当だけかと思っていたら、ホッカイロを繋ぎ合わせたマフラーまで作っていたのか!直接首に捲いたら低温ヤケドしそうです(^^;)そして・・・匂いもきつそうな弁当を一口食べて咳き込み吐き出す流ノ介。差し出されたお茶は熱湯だった模様。
頑張れ流ノ介!負けるな流ノ介!
外道衆と戦う前に、茉子ちゃんにトドメを刺されそうです>流ノ介。死ぬなよ。

言葉が足りなかったんだけど・・・と前置きして茉子が話し始めます。

夢を捨てたって言っても・・・諦めたんじゃないから。
今は捨てても、後でまた拾う。
外道衆倒したらね。
歌舞伎だって、待っててくれるんじゃないの?


それは流ノ介が探し求めていたベストアンサーだったんでしょうね。ちょっぴり涙を浮かべて嬉しそうに笑う流ノ介は、おもむろに茉子の弁当を頬張って・・・頬張って?!
待て!落ち着け!命を粗末にするな!!なんか喉に詰まらせてるし。

翌朝・・・・・。あ、生きてた。
しかも恋人を見るような優しい目付きです、流ノ介。

その時、リョウタが野球道具を担いで家から飛び出してきました。ラブラブムードは一転、緊張感に変わり、二人はリョウタの後を追いあの神社の境内へ。見守る二人の目の前で、リョウタは持っていた野球道具を総てゴミ箱に投げ入れて、拝殿の横の、おそらく修復作業用の高い足場に登っていきます。
  
約束したんだ。おまじないなんだ。もう野球はやらない。 

そこに再び姿を現したナミアヤシは、約束だろう、早くやれ、早くやらねば約束は無しだぞ・・・と何かをリョウタに要求します。次の瞬間、宙に舞うリョウタの身体・・・!
息を飲む二人の目の前に転落したリョウタは、足から血を流し激痛にうめいていました。

ナミアヤシとの約束・・・。
大切なものを捨てれば、その代わりにもっと大切なものが戻る。
リョウタは去年死んだおじいちゃんが戻ってくるように、大好きな野球を捨てようとしたのでした。
でも、それはナミアヤシの嘘。騙されて大切なものを捨ててしまった。

死んだ人間が生き返るかよ!

おじいちゃんから貰ったお守りを握りしめ、絶望と悲しみと悔しさに、とめどなく涙が頬を伝う。
それを見て大喜びするナミアヤシに、流ノ介・茉子の怒りが爆発する。


大切なものを捨ててシンケンジャーになった二人にとって、その重さは他人事ではないでしょう。
怒りの変身。駆けつけたシンケンレッドを始め残りのメンバーに「こんなヤツ私達で十分!」とナミアヤシをにらみつける。ナナシ連中も現れて、チャンバラタイムです。
烈火大斬刀、重そうなのにこんなの振り回す福沢さんって、本当にすごいなぁ・・・。アクションも綺麗だし、毎回見蕩れてしまいます。

ナミアヤシに対峙したのはシンケンブルーとシンケンピンク。ウォーターアローとヘブンファンのダブル攻撃で1の目を撃破します。
2の目で巨大化したナミアヤシにも、ブルーとピンクの二人の折神の連係プレーが炸裂。 

必殺・龍の玉ですか?龍折神が亀折神を掴んで飛び、アヤカシの頭の上に落とす・・・という。なんか可愛い。

相手がひるんだ所で全員で合体。なんかバックに歌が流れてますね。挿入歌、先週もありましたっけ?気がつきませんでしたが。
それは置いておいて、なんですか!そんなのアリですか。ビックリしました。
毎度毎度しつこいようですが・・・その手があったか!!と。毎回ヤラレタ!と思わされて、悔しいやら嬉しいやら楽しいやら。

龍昇撃(りゅうのぼりげき)・・・左足が伸びて片足大ジャンプ。
亀天空拳(かめてんくうけん)・・・右手パージ。亀に戻って体当たり!!

そんなビックリ箱みたいな隠し技があるとはつゆ知らず。深いなあ・・・シンケンオー。
でもトドメはダイシンケン・侍斬り。これにて一件落着。

リョウタ君は一度捨てた大切なものをまた拾ったようです。怪我が治ったら、またレギュラーになれるよう頑張る!おじいちゃんもきっと応援してる・・・。

その様子を土手から見守る5人の侍達。おもむろにショドウフォンを取り出した丈瑠が宙に「思」と筆を走らせる。モヂカラによってリョウタの思いは像を結び、おじいちゃんの姿がリョウタに優しく微笑みかける。

すぐに消えてしまってけれど、リョウタには何よりの贈り物ですね。  

いい話で終わりそうなのに、流ノ介がしっかりオチを付けてくれました。
今回の事で外道衆の非道さを再確認し、めそめそしていた自分を恥じる流ノ介は、どうやらホームシックから立ち直ったようです。茉子の手を優しく握りしめ、
「大切なものを捨てるのは私達だけで十分だ。必ず外道衆を倒そう」
と囁く流ノ介に、またしても心をエグる茉子のこの一言が・・・!

「そういうの・・・うざいから」


茉子ちゃん・・・立ち直った男に興味はないて・・・(^^;)
思ったんですが、シンケンジャーの面々、千明を除いてみんな天然キャラなんじゃないだろうかと。
千明はツッコミのポジション確定かな・・なんてね。電王の時のウラのポジション。
丈瑠は今のところボケとかツッコミとか、そういうキャラではないですけど、そのうち大真面目にボケをかましてくれないかと期待しているんですが。
なにせ「ばか」が大好きな小林靖子さんの脚本ですし。


次週、シンケンオーってば、もうバージョンアップですか!兜折神登場!

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。