スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

侍戦隊 シンケンジャー 第1幕 「伊達姿五侍」

隙間・・・・・・・。

それはこの世とあの世の間。

化け物たちの入り口であり、出口。

だから・・・決して覗いてはいけない。

隙間の向こう、三途の川から外道衆がやってくる・・・!


導入からグーッと惹きこまれますね。敵である外道衆の妖しさが効果的に演出されています。
隙間と聞くと、昔聞いた短い怪談話を思い出しますね。あの時は怖くて一睡も出来なかったなー。今はお化け系の話は全然おkですが。
怪談話は無理っ!絶対NG!という方は伏字にしておくので読み飛ばしてね。そんなに怖くないと思うんだけど。

布団に入ってふと押入れに目をやると、戸が5cm位開いている。ああ、ちゃんと締めなかったのかと思ったが、面倒なのでそのまま目を閉じた。その夜は妙に寝苦しくて、何度も寝返りを繰り返すが一向に眠れない。時計のカチ、カチ、という音が耳につく。不意に押入れの戸が気になってふと見ると、隙間の暗い闇の中から、白い目がじぃ・・・とこちらを・・・。

・・・というお話なんですが、知ってます?当時はしばらくの間、夜不意に思い出して怖くて隙間を見れなかったですよ。今は平気ですが。
怖いもの見たさで読んじゃって後悔している方。「それ」を好きなお方に置き換えてみましょう。
ほら、別の意味で「きゃあ」です。

さて、話をシンケンジャーに戻します。
隙間から湧き出し、少年ににじり寄る魑魅魍魎。何処からともなく駆け下りた赤い獅子の形をした小さなカラクリ人形のような物が化け物どもを蹴散らし、主(あるじ)の掌で将棋の駒の様な形に変化して動きを止める。カラクリ人形を使役するのは謎の青年。右手に持った携帯が筆に変形する。後ろに従えた黒子が放つ煙幕がその身を包み込み、やがて晴れた煙の向こうから現れた姿は・・・!

  外道衆どもっ!よぉーっく聞けぃ!
  こちらにおわすのは300年の昔より貴様たちを葬ってきた侍の末裔、
  志葉家18代目当主であるシンケンレッド志葉丈瑠様だ!!
  さぁ、恐れ入って隙間に帰るか、殿の刀の錆となるか!
  しかと・・・
  
  「じい、長い」

切って捨てたw(笑)外道衆を刀の錆にする前に。

いやまあとにかく、こういう口上は痺れますね。伊吹吾郎さん、17年もの長い間格さんとして「静まれ!静まれ!この紋所が目に入らぬかーっ!こちらにおわすお御方をどなたと心得る!畏れ多くも先の副将軍・・・」と演ってらした大ベテランの俳優さんでいらっしゃいますから、腹の底からの口上、外道衆をねめつける眼光は、本物の迫力があります。
ちなみに現在の格さん=合田 雅吏さんは、かつてオーレンジャーのオーブルーでご活躍されておりました。なんという特撮つながり。・・・そうでもないか。

どうも話が脱線してしまいます。
すっと立ったシンケンレッド=福沢さんの隙のない佇まいに惚れ惚れします。300年続いた武家の当主然とした堂々の登場です。
家紋の入った円盤を柄に通し、すらり抜き放つ。鞘ありませんけどね。

「参る」

素晴しい剣殺陣です!福沢さん。昨日頂いたコメントでmakiさんが「『斬れる』動き」とおっしゃってましたが、まさに!何度巻き戻してみた事か。美しさと強さは表裏一体なんだなーと思いました。
レッドの華麗な剣殺陣にかぶせるように流れるOPも、なんと心を昂らせるメロディー&歌詞!
妙に耳に残ります。
チャンチャンバラ~ チャンバラ~♪ 侍戦隊シ・ン・ケ・ン・ジャー 天晴れ!

「”ヤツ”の目覚めが近い。シンケンジャー結集のご決断を!」と迫る金ぴか羽織袴のじいの言葉に、若き当主は「俺一人で良い!」と聞く耳持たず、「忠義とか家臣とか・・・時代錯誤なんだ」と不機嫌に帰ろうとします。志葉家にはいずれ来たるべき時に備え、侍として育てられた忠義の家臣が4人いるらしいです。なんて時代錯誤な!・・・・あああ、時代劇調の戦隊だっけ。
時代錯誤!言う割には、甲斐甲斐しく使える黒子くんのお世話を、当然の如く自然に受けています。この辺りに忠義の塊のようなじいが「全身全霊でお育てした」殿様としての育ちが顕れています。

その様子を”隙間”から窺う妖しいモノ・・・・・イヤだ。隙間からなんて。
隙間の向こうに広がる賽の河原。何処からともなく流れる琵琶の音に呼応するように三途の川から浮上する一隻の船。甦った3体のアヤカシ。
  
  血祭ゴクドウ
  薄皮太夫
  骨のシタリ
 
またまた関係ない話ですが、私幼少の頃「耳なし芳一」が怖くて怖くて。薄皮太夫の琵琶で思い出しましたよ。なにが怖いって、耳をぶちっと・・・おおおイヤだ。今でも。

一応ドウコクが外道衆の長らしいですが、悪の組織にありがちな、独裁的、絶対的な権力をもって組織を支配し、側近以下子分が平伏して仕える・・・という感じではなさそうです。タメ口だし。
妖怪はつるまないモノだそうですから(妖怪大戦争見てるとそんな感じ)、強いし逆らったら面倒臭いヤツだから・・・的な長かもしれないです。
過去にドウコクはシンケンジャーと対峙して、バラバラに切られたが、地獄への道連れに志葉一族を皆殺しにしたと。なる程、外道衆と志葉家には浅からぬ因縁があるようですね。
後のほうで、シンケンレッドの折神を父から託されるシーンが出てくるので、ドウコクと志葉の決戦はそれほど昔というわけではなさそうです。

そして、今週のアヤカシは「カゲカムロ」・・・妖怪『オオカムロ』が元になってるみたいです。
それにしても、「ちょっとお前さん、行って人間に悲鳴上げさせてきて」て。
世界制服とか、地球侵略とか、この世の中をファンガイアの世界にするとか・・・もっと壮大な目的は無いのか!無いんだ。うん、そんなものかも、妖怪って。


丈瑠は、志葉家の生き残り・・・天涯孤独の身の上だったんですねぇ。幼少の頃からどれ程の重荷を背負ってきたんでしょうね。300年の重みと責任。自分がいずれ直面するであろう運命に臨む覚悟。
「俺一人で良い」
他の4人は市井に混じり、これまで過ごしてきた生活がありますもんね。それを捨てさせて、命賭けさせて、志葉家の、ひいては自分のためにシンケンジャーを集結させ戦いに巻き込む事への躊躇。

シンケンジャーの残り4人。忠義に厚そうなブルー・イエローの2人と、1歩引いた感じのグリーン・ピンクの2人に分かれますね。今思いついたんですが、色も横文字でなくて紅とか浅黄とか・・・いや、そこ
までやると小さいお友達に判りづらくなりますね。今のなし。

街にはアヤカシ・カゲカムロとナナシ連中が現れて人々は恐怖の中に。
この期に及んでまだシンケンジャー集結に難色を示す丈瑠をじいが諭します。

 侍として生まれた者の宿命。
 
 皆覚悟は出来ているはず。

 そして、それは殿も同じ。

 辛くとも背負わなければなりません。

放たれる矢はそれぞれの侍の下へ。
イエローの元に飛んでいった矢に吸盤がついていてよかったー・・・と思ったのは私だけじゃないはず。他のは全部深々と突き刺さっていたし。
そして、じいの畳返し、かっこいいです

じいの言葉に、「覚悟」を決めた丈瑠。4人のショドウフォンを携えて、自分のショドウフォンで馬召喚。えええ~?!便利ね、ショドウフォン。うちにも1個欲しいわね。漢字一文字でないと対応しないのかしら・・・。「金」とか?・・・大人っていやね。

殿の下に馳せ参じた4人に丈瑠は問う。
 
 最初に言っておく!俺はかーなーr

 【Take 2】

 最初に言っておくぞ。

 この先に進めば後戻りする道は無い。

 外道衆を倒すか、負けて死ぬかだ。

 それでも戦うってやつにだけ・・・これを渡す。

 ただし!家臣とか忠義とか、そんなことで選ぶなよ。

 覚悟で決めろ。

進み出る流之介に続き、4人ともそんな覚悟は当の昔にできている、今更・・・とばかりに先に進む道を選ぶ。ちょ~んと拍子木が鳴り、すすす・・と家紋の入った白幕が5人を取り囲むように張られて黒子が暗躍。
狼藉の限りを尽くす外道衆の行く手に志葉家ののぼりがはためき、やがて取り払われた幕の向こうにそろい踏みした伊達姿五侍。

「一筆奏上!」(・・・て、これで字合ってるのかな)

最初にマスクのデザインを見たとき、いやこれは無いだろうと思ったんですが、一連の変身を見るとああ、やっぱりアリだなと思います。むしろかっこいいです。
シンケンジャーに変身してゆく時の背景の和風柄にそれぞれの文字が舞う様が綺麗だし、それぞれの名乗りがかっこいいです。レッドのカッコよさは言わずもがなですが、ピンクの柔らかい動きが素敵。人見さんですよね。これは真似したくなります。

殺陣はさすがパイロット、豪華にナナシ連中が大発生してますので、切った張ったの大立ち回りで痛快です。あああ、楽しそう。混ざりたい。やっぱり時代劇の醍醐味は終盤間際の敵味方入り乱れてのチャンバラですよね!どんだけ好きなんだ。>時代劇。

さすがにキリが無いとみたシンケンレッド、伝家の宝刀を抜きます。烈火大斬刀
これ、そうとう重いそうですね。東映公式に裏話が。外道衆よりも福沢さんの方が化け物じみていたというオチで。ちょっぴり金色のあの人の技が頭をよぎりました。

他の4人の必殺技はそれぞれ、シンケンブルーがウォーターアロー(弓)。シンケンピンクがジュリセンフォームヘブンファン(扇)。シンケンイエローがランドスライサー(手裏剣)。シンケングリーンがウッドスピア(長槍)。繰り返しますが・・・和名にして欲しかった。

シンケンレッドの手によって一度はトドメをさされたかに見えたカゲカムロでしたが、戦隊のお約束、巨大化します。
アヤカシは命を2つ持っている・・・。(一瞬ジェイが頭を・・・)

それぞれの折神はくどいようですが、最初に見たときは、びみょー・・・と思ったんですが、意外と可愛いです。サル。
ショドウフォンで「大」と書くと巨大化。本当に便利ですね、ショドウフォン。何処で売ってるの?
なにがツボって、コックピットが金屏風に水引。なんかめでたいです。
そして、ツボその2。縦一列で並んで転がって逃げる亀と熊。プリティー。
良いですね、折神。ちょっとだけ気伝獣思い出しました。

なにはともあれこれから先も楽しみですよ。
エンディングも画が日本昔話みたいで、曲も覚えやすくて景気の良い歌で気に入りました。カラオケで歌いたくなりますね。
なんてったって英語出てこないのが嬉しい・・・。

次週予告の衝撃・・・後からかぶるんだ、兜。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。