スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

実は特撮ニュータイプも購入してました

だから、定期購読しているわけじゃ・・・(以下略)

毎年3月号に別冊付録としてついてくる、新仮面ライダーの特集冊子。
今年は「仮面ライダーディケイド ディスティニーブック」。例年通り内容は、新番組のコンセプトや大まかなストーリー、仮面ライダーとその武器・装備の紹介、登場人物、メインキャストのインタビュー、制作記者発表のレポなど。
ただし今回は10周年企画という事で、白倉伸一郎プロデューサーのロングインタビューが4ページに渡って掲載されておりました。ヒロマの同じく白倉さんのインタビューと被る部分もあるのですが、まるっきり同じというわけではないので、こちらでしか話されていないものもあるわけです。
詳しくは書きませんが、やはり項目だけ。

 1.『ディケイド』誕生まで
 2.主人公に背負わせるもの
 3.世界から”浮いた”ヒーロー
 4.相棒(?)はクウガ
 5.”世界”をめぐる順番
 6.エッセンスは何か
 7.破壊と創造の間に
 8.「物語」を創ること
 9.『電王』ヒットのもたらしたもの
 10.平成ライダーの10年

ヒロマの記事も読んでますが、こっちも面白かったです。5の「世界をめぐる順番」はクウガの世界のあと、士がどんな順番で残り8つのライダーの世界を巡るかですね。クウガを1番目として、4番目まで何故その順番なのかも合わせて話されています。
・・・それにしても、本当に足回りが動き辛そうなスーツですよね、ディケイド。

本誌の方はそらもうこの時期ですから、戦隊の新番組シンケンジャー特集(メインキャスト5人の座談会あり)から始まって、キバのファイナル対談(渡×音也、ユリ×恵)、最終回目前のゴーオンジャー(メインキャスト7人のファイナルトーク座談会、制作スタッフ座談会あり)、ゴーオンVSゲキレンのVシネヒロイン対談(福井未菜さん×逢沢りなさん)、ケータイ捜査官7のクライマックス大特集(窪田正孝さん×佐野和真さん対談あり)・・・・・・と続きます。
他にも、モノクロ記事ですが、TOKUSATU DINNER SHOW[41]として『大決戦!超ウルトラ8兄弟』の特集が4ページも!!
そしてトミカレスキューフォースやらギャラクシーバトルもありで。
さらっと流し紹介ですみません。ガッツリ書くには体力が足りないもので・・・ズビバゼン・・・(泣)

さらにサラッと、インタビュー記事だけまとめます。
 
 ●円谷プロダクション社長 大岡新一さんによる「追悼 高野宏一監督」
    高野監督という方は、主にウルトラマンなどの特撮映像作品で特撮監督をされていた方
    なんですね。ウィキで検索してみたら、子供の頃に見ていたあの作品にもこの作品にも、
    特殊技術や特撮監督として関わってらしたんですね。
    慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

 ●ヒーローたちの行方は石黒英雄さん
    『エリートヤンキー三郎』について。撮影現場のエピソードや秘話が面白かったですよ。  
    おまけで電王のカイ役についての意外なエピソードも!

 ●『有言実行三姉妹シュシュトリアン』がファミリー劇場で放送開始!!
   (2月7日(土)6:30~7:00)という事で、次女・月子役の石橋けいさんにインタビュー。
    撮影当時のエピソードなど。

 ●トク選映画 まずは『ドロップ』から水嶋ヒロさんインタビュ ー
    この作品は、品川庄司の品川さんに著書「ドロップ」の映画化みたいですね。
    監督も品川さんがメガホンを取られるとか。
    不良少年モノは私の守備範囲なのですが。
    他にもライオン丸だったり山越だったりした浪岡一喜さんもご出演のようで。

 ●同じくトク選映画 『ヤッターマン』からアイちゃん役の福田沙紀さん。
    この方ヒーロー大好きみたいですね。一番嵌まったのが555で、その後レンゲル・北条
    さんにビデオを借りてからにも嵌まったとか。
    なんだー、なかなか良い子ぢゃないの。(←現金ですみません)お話が合いそうね。
    お話しする機会もないけれど。

 ●『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』から キール星人グランデ役の唐橋充さん
    言わずと知れた「海堂直也」ですね。555の頃から独特の雰囲気をまとった役者さんで
    したが、ますます素敵になられましたね。
    唐橋さんのインタビュー読んで、ウルトラギャラクシー観たくなりました。

 ●そして『高寺成紀』改め高寺重徳プロデューサーへのインタビュー。
    (名刺上のお名前を改名されたようです)
    前号の特ニューの記事を書いた後から、今だに高寺さんのお名前で検索していらっしゃ
    る方がおりまして、高寺さん再始動への関心の高さを実感しますね。
    今回は前号の記事を受ける形でのインタビューなのですが、具体的にどんな作品なのか
    という情報については、残念ながら氏曰く「まだお答えできない状況です」だそうです。
    キーワードとしては、「角川主導」「仮面ライダーや戦隊物とは似て非なるもの」「特撮モノ
    じゃない形の特撮モノ」「『人と人の話』と『ファンタジー』が上手くミックスできたら」みたい
    な。これだけじゃ良くわかりませんよね。
    ただ、「斬った張った」より「人と人」みたいな感じ、ノリより落ち着きを求めるようになっ 
    た・・・とおっしゃられてましたね。
    でも最後に「出来るだけ多くの人に「特撮モノ」を観てもらいたいので、角川は角川らしく 
    頑張ります!!と締めておられました。ますます謎ですが、
    次回もレポートは続くようです


◆おまけ
  先日ご紹介した「ショッカー幹部パーティーワインセットⅡ」の写真が載ってます。

◆おまけ その2
  特ニューの人気ランキング『THE 特10』 今月のテーマは「平成ライダーシリーズで一番好
  きなヒロインは」でしたが、2位をダブルスコア以上突き放してのぶっちぎりでNo.1に輝いた
  のがハナさんだった事が無性に嬉しくて、思わず涙が・・・。ファンは忘れていないんだなぁ。
  ちなみに2位はコハナちゃんでした。電王強し。    
    
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

いらっしゃいませ、仮面ゲスト様!

実は長いコメントは大好物でございますb(^^) 嬉しいと思いこそすれ負担に思うなんてとんでもない!ありがとうございます。

特撮雑誌は結構お値段が張るので、簡単なレビューですが内容を選んで購入されている方の目安になれば・・・と思っています。私は殆どなし崩しに定期購読的な感じになっておりますもので。

ご紹介していただいた映画「早咲きの花」、ググってHPに飛んで見ました。えっ?!これがアニキ?!と驚きましたよー。あっ!!普通の人だ!!(失礼)と。戦争物は見ていて心が痛くなって絶対泣くので、平日の昼間、一人でこっそり観てみますね。徳山さんのように個性的で、独特の雰囲気を持った俳優さんは私も好きですよ。

それから、藤田和日郎先生のサイン会のエピソードをありがとうございます!!藤田先生の描く漫画は、先生のお人柄がそのまま現れていたんですねぇ・・・。ますますファンになりました。直筆色紙、羨ましいです!!うしとらの舞台も興味有りますが、大阪ですか・・・。遠い・・・。是非DVDで販売して欲しいですよねー。
月光条例、イデヤが登場して面白い展開になってきましたね。今後が楽しみです。
非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。