スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

仮面ライダーキバ 第41話

名護さんって本当に良い漢ですね。健吾くんにアレだけ虚仮にされていたのに、健吾くんをクビにした理由を嶋さんに直接問い質しに行くんですから。のみならずキバ=渡も救いたいと。二人の弟子を本当に一生懸命守ろうとしています。面倒見がいいんでしょうね。
渡に「僕が変になったら、イクサで僕を倒してください。僕が誰かを傷付ける前に・・・」といわれた時も何も言わず「分かった」と。その言葉の裏には、そんなことはさせない。その前に渡を救いたい、もしそれが叶わない時には、せめて自分の手で・・・という思いがあったのでは・・・と思いました。
やっぱり名護さんは良い男です。

健吾くんはそんな名護さんの姿に打たれたのでしょうか、すっかり毒気が抜けて関西弁に戻ってしまいました。彼は苦しんでいたんですね。自分の限界が見えたとき、それを認めたくなくて誰かのせいにして、誰かを憎む事で、蔑む事で自分を保っていたんですね。
嶋さんと名護さんの会話を陰で聞いた健吾くん。戦士失格と言われた事より、アレだけ蔑んで罵倒したのに名護さんが自分の為に・・・という事の方に衝撃を受けたのでは・・・と思いたいです。名護さんに救われたのかな・・・と。
渡に「もう一度、友達になろう」と頭を下げた健吾は、憑き物が落ちたように真っ直ぐな瞳の、元通りの健吾くんでした。

反対にすっかり黒くなってきたのが深央ちゃん。ダークです。怖いです。思い込みが激しいです。「いつ太牙を倒してくれるんですか?約束しましたよね」って。渡が答える前に、思いっきり突っ込みいれちゃったじゃないですか。してねーよ
もう渡さん大好き、一緒にいたいという純粋な想いじゃなくなってきてますよね。太牙を倒すことの方に比重がいってます。目的の為に手段を選ばず、手段の為に目的を忘れてます。
女って怖い・・・。

黒いって言えば嶋さんもかなりダークなキャラになっていますが、先日、他の番組で奥様と一緒にご出演なさっていた素の金山さんが、こういっては失礼ですが妙に可愛かったんですよ。なんだか思い出してしまって(^^;)
一方、キングから「紅音也を殺せ」と言われたリキ・ラモン・次狼の3人。それぞれの策を講じて暗殺を実行しようと試みますが、やはり手をくだせません。リキの「蚊が~・・・!」もツボでしたが、やはりなんといっても感涙に咽び泣く腰タオルの次狼さんがwww。

もうね、今週はこれが見れただけでも十分にでした。久々に高岩さんらしい小芝居が見れて大満足です、ホント。鼻水を拭うんじゃなくて押さえる・・・という辺りが。泣くまいとしても、堪えきれずに涙が溢れて、だけど泣いてるのを知られたくないから誤魔化してる・・・という感じがものすごく伝わってきました。
やっぱり巧いなぁ・・・、高岩さん。

音也抹殺に失敗したアームズの前に再びダークキバ=キングが現れて、滅亡タ~イムが始まりました。現代編のアームズのあのコンパクトな形状は、キングに封印されたからなんですね。納得。
ラモンを封印した後、優雅にマントを翻しリキの前に降臨したキングの、翻ったマントの向こうのダークキバのお尻が・・・いや、なんでもないです・・・。
ダークキバのゆったりとした仕草が傲慢で優雅な王者の風格を醸し出していて素敵です。

渡は芝居どころでしたね。自分を信用できないというのは辛いものです。自分が他人を傷付けることを恐れるあまり、世間と自分を隔絶して逃げ込むしか道は無いと思い込んでしまいます。人と対峙するのが怖くなってしまうんですよね。でも、それは一番楽な選択ですが、何の解決にもならないのも事実です。

名護さんや健吾くんの言葉は、渡にとって温かい言葉であっても、渡を深淵から救うことは出来ませんでした。でも、渡の冷え切った心を温めてくれたハズです。
結局、母=真夜の言葉で、渡=自分として生きる道を見つけることが出来ました。
渡は人間でもない、ファンガイアでもない中途半端な存在と自分を蔑んでいましたが、逆に言えば、人間でもあり、ファンガイアでもあるという事でもあります。人間とかファンガイアとか、そんなのは関係なく、大事なのは心・・・。自分は自分として生きていく。渡の前に生きるべき道が拓けた時、再び戦う事を決意します。叩き壊したキバットとタっちゃんを閉じ込めた檻の錠は、渡の心の錠でもあったのかもしれません。 

再び戦いに身を投じる渡。それは太牙との対立を意味する変身でもあります。兄弟で戦う悲劇の幕開けでもあります。サガに変身してキバと対峙する太牙。
大きいサガークがいっぱい出てきて、その後ろに巨大なサガークが出現した時、地球防衛軍3を思い出してしまいました。えっ?マザーシップ?みたいな。
グリーンバックでのアクションなんでしょうね、生身vs生身のような迫力はないですねー。仕方のないことですが。

音也と真夜は、お互いの真実の気持ちに気付き、それを認めてしまいました。もう後戻りできません。
「真夜に惚れている」・・。音也の告白を陰で聞いていたユリ。
私がユリの立場だったら、心を貫かれる痛みに衝撃を受けながらも、何処かでホッとしている自分もいるかもしれません。音也の本音が見えない状態が一番辛いと思うから。マイナスの想像が一番自分を苦しめるんですよね。「終わった」というはっきりした印が、時には必要なこともあるのだと思うのです。

もう色々面白かったですよ。今週のキバ。
久しぶりに長文になってしまいました。日付も変わっちゃったし(^^;)

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

非公開コメント

今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Page Select
TOTAL Pages
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。