スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

骨休め中

骨休め
◆息子が私の為に作ってくれたロゴとオリジナルキャラクターです(笑)
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

今度こそ 『さらば ノラの秘密基地 ファイナル・カウントダウン』

最後の最後にふざけたタイトルですみません。
「いつか未来で」とか「You don’t say 別れの言葉 また会えるさ かならず」とか「さらば」とか言いながら、今もしぶとく続いているあのライダーにあやかって。

8月の終わりに書いた記事『いつか未来で』から、既に20日以上が経過してしまいました。休む休む詐欺みたいな事になってしまいまして、お恥ずかしい。
休止の理由は先の記事で書いたとおりですので、ここで改めては書きません。

あの記事を書いた後、色々と悲しい出来事もありまして、それとは別に身辺慌ただしく落ち着かない日々も過ごしておりまして、お約束していた『仮面ライダーの最終回までのレビューを書き終えたら』という、その肝心なレビューに時間がかかってしまいました。
さっきようやく最終話のレビューをUP出来ましたので、これで心置きなく休止に入る事が出来ます。

本当は他にも書くネタがある事はあるんですよね。
のファイナルとか、白鎧亜とか。

のファイナルは、影虎を亡くした翌日だったので、楽しむ余裕もないだろうかと思いながら行ったんですが、1部・2部とも最高の舞台でした。
1部のライダーショーは、ストーリーも面白かったし、何が凄いって舞台の上に仮面ライダーの9フォームが勢ぞろいしたんですよ!勢ぞろいしてジョーカー系、トリガー系、メタル系の3チームに分かれて攻撃するという場面では、凄過ぎて笑ってしまいました。他にもファングジョーカーもCJエクストリームも出たし、アクセルとトライアルも出たし、エターナルとスカルまで!!もうなんて豪華なの!
イサカ先生(カタカナなのは、理由があるんです)の診療所に集結したミュージアムの面々。Rナスカを巡る三つ巴のいがみ合いが、それはもう抱腹絶倒で最高でした。

2部のトークショーも、8人のご出演者の内5人が大阪出身とあって、実に賑やかでテンポも良く、終始笑いっぱなしでした。(出演者は翔太郎・フィリップ亜樹子・冴子さん・若菜姫刃野さん・サンタちゃん・・・青字が大阪出身者)大阪出身ではないですけど、一番役とのギャップがあったのが冴子さん。あんなに面白い方だとは!大好きです、お姉様。
 
私は仮面ライダーのファイナルは初めて観に行ったんですが、過去のファイナルにも参加した方々の中には「今までで一番面白いファイナルだった」とおっしゃる方がけっこうおられるようです。
私はDVD購入は既に決定事項です!

白鎧亜の方は、実に見応えがありました!
ストーリー・・・というより世界観かな。セリフはほとんどなく、総てがマイムとアクション!
一人の人間の中でせめぎ合う悪と善、闇と光、正と邪の戦いを描いている・・・というイメージです。このアクションが、非常に見応えあるんです。舞台上の立ち回りは、テレビや映画のそれよりもスピード感と気迫が凄まじい。
とにかく舞台と客席が近いので、役者さん達の息遣いまで聞こえてくるんです。私はスタンディング席で見たのですが、枠で仕切られたスペースのど真ん中に、天井からスライダーで忍者が降りてくるんです。スーッと降りてきて、着地した足音が聞こえないんですよ!!そして音も無く、地を這う様に舞台へ移動していくんですが・・・。感動でした。

人間らしい心の象徴として3人の女優さん・・・人見さん・佃井さん・下園さんが登場するんですが・・・というかこのお3人が主役のポジションですね。凄くカッコいいんです。同じ女性として憧れます。

時代殺陣も素晴らしかった!武智さんや富永さんや皆さん素晴らしいんですが・・・青木さんと辻本さんのカッコいい事!!このお二人の立ち回りを拝見出来るなら、太秦に行こうか・・・くらい惹かれました。とにかく舞台が近いので、真剣な表情が物凄くよく見えるんです。

2部のトークショーは仲間内ならではの和気藹々としたムードが、とても楽しかったです。グダグダなのがグダグダなりに、その間が可笑しかったりして。おぐらさんが司会というのは定番というか当たり前な感じですが、他にも高橋光さんももう一人のMCのようでしたし、永徳さんも頑張って会場を盛り上げておりました。
大葉健二さんがターザンロープで登壇されたのには驚かされました!55歳でいらっしゃるそうですが、スタイルも昔のままの引き締まった素晴らしいプロポーションでしたし。

本当はもっと面白い話や見どころがたくさんあるんです。『白鎧亜』というタイトルでイベントレポを数回に分けてUP出来るくらいに。けれど、申し訳ないです、休止すると決めましたのでそれはご容赦下さいませ。
見る人によって、感想も様々でしょうけれど、私は白鎧亜の舞台を見られて本当に良かったと満足しています。
出来ればもう1度見に行きたいくらいですよ、マジで。
DVDも早速予約したので、手元に届くのが今から楽しみです・・・って、まだお金振り込んでないや。早くしなきゃ。


駆け足で9月に参加した二つのイベントにざっと触れてみましたが、私は、どちらのイベントもDVDでもう一度見たい!と思いました。実際に両方既に予約済みですw。
これでイベント参加もしばらくお休みです。寂しい・・・という気持ちはないですねぇ・・・。仮面ライダーオーズがあまりにも面白くて、しかもこんなに毎週高岩さんの小芝居・・・もとい、演技が堪能できるのなら、それだけで私の心は満たされるような気もします。私が一番好きなのは、やっぱりヒーローを演じている高岩さんだから。

とりあえずの最後・・・となると、なんだか色々書きたい事があるような気がして、だらだらとしまりのない記事になってしまいました。


最後に繰り返しになりますが―――。
ブログを立ち上げて実は今月の26日で丸2年になるんです。
その2周年記念日を待たずに、休止に入らせていただきます。閉鎖ではないので、いつか必ず再開するつもりです。それに、もともと文章を書く事は好きなので、時々生存報告の為に、短い文章をひょっこりUPするかもしれません。

2年間、本当にありがとうございました。
しばしの休息を頂きます。

また会う日まで―――。


9月19日(日)   路地裏のノラ


web拍手 by FC2

今更ですが。仮面ライダーW 最終話 『Eにさようなら/この街に正義の花束を』

 緑色の視線が見つめている―――。


翔太郎は憤っていた。ミックの為に購入しようと思っていた『レジェンドデリシャスゴールデン缶』が、今日入荷すると事前に確認したにもかかわらず入荷していないと、ペットショップの店員に詰め寄っていた。いつの間にかペットショップの店長に収まったサンタちゃんが、言った言わないと押し問答をする二人の間に割って入り、店員を諫めて、翔太郎に別のネコ缶を渡して場を収めた。

「誰なんスかぁー!あの人ォォ!!」

一方的に叱られて不満げな店員に、サンタちゃんは言った。

「左翔太郎。どんな危機でも救ってくれる、この街の顔さ。」

サンタちゃん遂にお店を持ったんですね!ペットショップとは意外だ。冒頭に登場したネコちゃんずも可愛いんですが(ついでにワンちゃんも)、ずーっとサンタちゃんの左腕にしがみ付いてるリスザルが物凄く気になったんですよね。可愛いったらありゃしない。

『レジェンドデリシャスゴールデン缶』の代わりに渡されたネコ缶の包みを抱え、サンタちゃんの店を出た翔太郎の様子をじっと覗う少年がいる。彼は一体・・・?



 フィリップ・・・お前が消えてもう1年になるなァ・・・。
 風都タワーもようやく再建されたぜ。
 
 でもな・・・・・・俺はお前に合わせる顔がねぇ・・・。


NEVERの事件で崩壊した風都のシンボルタワーは、およそ1年をかけてようやく元の姿を取り戻し、風を受けて穏やかに回っている。
フィリップが消えて1年。翔太郎はこうして、事あるごとにフィリップに語りかけて来たのかもしれない。フィリップとの約束通り、翔太郎は一人で風都の平和を守って来た。表面的には風都タワー同様、以前と変わらない翔太郎に戻ったように思えるけれど、彼の心に”風”は吹いているのだろうか・・・。

そして、フィリップに顔向けできない事とは・・・?



フィリップが消えたあの最期の戦いの後、若菜姫は警察病院に収容され、しばらくして昏睡から醒めた。翔太郎は、おそらく入院直後からフィリップに託された若菜を頻繁に見舞っていたのだろう。だが若菜は心を開かなかった。彼女には、父の遺志を継いで自分がミュージアムの後継者となるのだという思いがあったのかもしれない。ならば仮面ライダーは敵・・・という事か。

「命の恩人のつもり?・・・それとも来人の差し金?」

彼女は弟の末路を知らない。

 「翔太郎、姉さんにはこの事内緒にしといてくれ・・・。」
 「・・・わかった。」

最期の時、翔太郎はフィリップと約束したのだ。彼女には言えない。彼女の命は救えても、心は救えずにいる。翔太郎はやるせない思いを抱いて病院を後にした。



 街の危機は終わる気配はねぇ・・・。
 なぁ、フィリップ・・・お前の力が欲しいよ・・・。


ペットショップを後にした翔太郎は真っ直ぐに事務所には帰らず、フィリップの影をなぞるようにキャッチボールをした砂浜や、フィリップが消えたあの最期の戦いの跡へと足を運んだ。

 緑色の視線が見つめている―――。

 ハードボイルドじゃないね・・・って笑われそうだが、
 俺には今でも、お前がすぐそばにいる様な気がしてならないんだ。

 ・・・今も俺の近くに・・・。




「何だ?ボウズ。うちに・・・用か?」

事務所の前で足を止め、翔太郎はペットショップからずっと自分の後をついて来た小さな尾行者に声をかけた。少年はサンタちゃんの「どんな危機でも救ってくれる、この街の顔役」という言葉を聞いていたのだろう。半信半疑な表情で翔太郎を眺めて、躊躇いがちに口を開いた。

「姉さんを・・・取り戻してくれる?」



仮面ライダー、いよいよ最終回。全体の物語としては、48話で完結しているんですが・・・後日談といった体のお話ですね。こういうのって、嫌いじゃないわ(笑)
ただ、時系列が複雑です。場面場面が一体どの時点でのエピソードなのか、象徴的なモチーフや演出で判断しないとこんがらがっちゃいますね。一度最後まで見ればなんとなくわかるんですが。
新たに現れた小さな依頼人の事件は間違いなく現在ですよね。あとは風都タワーが復興工事中か完成後か。それと翔太郎を見つめ続ける不思議な緑色の視線。翔太郎の服が全部一緒なのでややこしいです。

一生懸命考えたつもりですが、勘違いしている部分もあるかもしれません。
違っていたらすみません。最初に謝っておく。


→続きを読む

web拍手 by FC2

本当の自分

『誕生日辞典』というのがとても当たる・・・と話題になっているらしいので、ちょっと面白そうだから検索したら、似たような誕生日占いの無料サイトを見つけました。→コチラ

生年月日を入力して出て来たのは、占いというよりは性格判断と言えるものですね。干支・曜日・月・太陽星座・月星座・九星・数秘・六輝の9つの占いで、その人の性格を判断するというもの。
結果を読んでみましたが、当たっているような気もするし、外れているような気もするし。

先にあげた9つの占いもそうですが、他の物をやってみてもだいたい同じ様な結果が出るんですよね。入力するデータが同じなんですから、統計的に割り出された結果はどれも同じ様な内容になるんでしょう。
結果、いつも同じ様な性格と判断され「やっぱり私はそういう人間なのか」と言う事になるんですが、果たして本当にそうなのかと思うんです。

人間て、そう言われ続けると、だんだんそういう風になっていくんじゃないかな。無意識のうちにこういう性格判断や、占いに興味の無い人なら周りの人々が持つ印象に沿って、そういう自分を「演じている」と言う事はないかな・・・なんて考えてしまいました。そんな事を考えたら、自分は一体どんなキャラクターの人間なんだろう・・・なんて事がわからなくなってしまって。

思うんですよ。
自分と言う人間は、結局他人によって形作られているんだろうと。

私が実際に何を思い、何を感じ、本当は何を望み、何を厭うのか、どんな信念を持ち何に拘って生きているのか・・・それは言葉には言い表せないし、自分自身にしか解らないし、理解も出来ないと思うんです。
でも私自身が実際にはどんな人間であろうと社会の中にあっては結局、他人のイメージが私自身の評価になる。

私はただ有りのままいるだけでも、例えば「信念があって真面目」と「頑固で融通が利かない」と言うのは同じ性格を表していると思うんです。少しでも好意的に見てくれる人なら前者の表現を使うだろうし、なんとなく気に食わないヤツと思えば後者のように評するだろうし。

私と言う人間と接した、あるいはネットなどでの文章から受けた印象は、受け取る側の人間によって様々ですよね。そのさまざまな評価が寄り集まって、「ノラさんってこういう人」という私のキャラクターが出来あがっていくような気がしてなりません。
人は感情の生き物ですから、その人なりのフィルターを通して見ているでしょう。私自身にも感情がありますから、その起伏によって人が受ける印象も変わってくるでしょう。複雑ですよね。

しかも場合によっては第三者の印象が絡んで来る事もあるんですよね。「ノラさんってこういう人だよ。」と予め聞いている場合。どうしても先入観と言うのもがそこに生まれます。
でも「ノラさんってこういう人」と感じたのはその人の印象であって、別の人が見たら全然違うのかもしれません。だから私は人から聞いた印象は参考程度に留めて、自分が実際に接してみて受けた印象を大事にしたい。逆に自分が受けた印象もあまり人には伝えないようにしています。話の流れでそういう話になった時には、「私はこう感じたけれど」と言う表現にとどめようと意識はしていますが、それがちゃんとできているかどうか。

人との交流の中で無用な軋轢を生まない為に、相手に合わせる事はあっても、私は私でしかない。
私という人間が世間ではどんな人間なのか、それは私の預かり知らぬ事なんですよね。好意を持って下さる方もいれば、あの人最低!と思う方もいる。もしかしたら多分そういう評価って、総ては私自身が他人にどう接しているか・・・と言う事の、言わば通知表の様なものなのかもしれませんね・・・。

どんなに素晴らしい人でも万人に好かれているわけじゃない・・・とよく言われます。高岩さんにだって信者もいればアンチもいるし。解っているんですけどね。人間関係に臆病なもので、その通知表の結果がとっても気になるわけです。怖くて見れない時もあるし、見ちゃって落ち込んだりもするし。
で、自分に自信が無くなってズンドコまで落ち込んだ時程、気休めと知りつつ、誕生日辞典みたいな性格診断を端から試して、「自分が一体どんな人間なのか」と確認してみたくなるんです。
暗闇で床を叩いて足元がちゃんとあるのかを確認するのに似てるかな。

ま、ただ単にネタとして楽しむ場合が大半ですが(笑)

誕生日事典誕生日事典
(2000/10)
ゲイリー ゴールドシュナイダーユースト エルファーズ

商品詳細を見る


web拍手 by FC2

今更ですが。仮面ライダーW 第48話 『残されたU/永遠の相棒』(後篇)

「発動係数98%・・・素晴らしい! 」

ユートピアは満足げに呟いた。
装置の上にしつらえた椅子に縛りつけられ、苦痛に叫び声を上げる若菜姫は、もはや地球の”巫女”ではなく“生贄”のようだ。拘束具の中心に嵌めこまれたバックルの様な部分が強い光を発し、装置の下の方からオレンジ色のエネルギーがせり上がっていく。

コツコツと足音が響き、通路の向こうに一人の男が姿を現した。
黒づくめに白いネクタイ。そして、ツバに裂け目のある白い中折れ帽。

「君か・・・。なんの用です?」

「邪魔しに来た。」

もはやにもなれない君に何が出来る・・・。
ユートピアは小馬鹿にしたように言った。
翔太郎は帽子の下から鋭い視線を向け、静かに言った。

「だったら、仕留めて見ろ。」

生意気な・・・。ユートピアは掌から火球を繰り出し、お望み通り仕留めてやろうと言いたげに翔太郎を狙い撃つ。翔太郎は右に左に転がりながらそれを躱わし、怯むことなく敵との距離を詰めていく。爆風に弾き飛ばされ、立ち並ぶなにかの装置に叩きつけられても、翔太郎の強い目の光は消える事は無かった。
若菜を縛り付けた装置にエネルギーが充満していくに従って、若菜の苦痛に満ちた絶叫も大きく激しくなっていく。もう時間は無い。
翔太郎は真っ直ぐにユートピアに突っ込んで行った。

「終わりだ。」

人が人として生きる為に必要な希望や願望を吸い取ってしまうユートピアの右手が、翔太郎に向かって伸びる。精神波攻撃に抵抗力のある照井竜をも瀕死にしたほどの力。この生意気な探偵などひとたまりもないだろう。ユートピアは勝利を確信した。だが。

ユートピアの手を受け止めた白い帽子。そしてその向こうには、微かな悲哀と強い信念を秘めた男の瞳。その心は、事務所で亜樹子に付き添っていたフィリップに届いた。

「翔太郎!!」

顔を奪われ生命エネルギーも吸い取られた亜樹子の手を握り締め、項垂れていたフィリップは弾かれたように振り返り、嬉しそうに目を輝かせた。
翔太郎はユートピアの手を受け止めた帽子を支点に、相手の身体の上を乗り越えて体を入れ替えた。後回し蹴りがユートピアにヒットする。帽子を深く被り直し、翔太郎は振り向いた。

「終わりはそっちの野望だ。」

いつの間にか集結したガジェット達がユートピアを攻撃し拘束する。その間にスタッグフォンが若菜を縛りつけた装置のコントロールパネルを破壊する。作動が停止した装置から翔太郎が若菜を担ぎ下ろす。

「貴様ァァァ!!」

怒りに満ちたユートピアは爆炎に飲まれた。



翔太郎の登場シーンが震えるほどカッコ良くて涙が出そうになりました。ここでW-B-Xが流れるなんて卑怯だなぁ・・・。いつものハーフボイルドな翔太郎ではなくて、ハードボイルドな翔太郎が本当にカッコよかった。目が。目の力がおやっさんのそれと同じ、甘さの無い鋭さと絶対に依頼をやり遂げるという強さを秘めて痺れましたよね。帽子の使い方がね。もう…。この辺りから涙線が崩壊し始めてきたんですが。

→続きを読む

web拍手 by FC2

今更ですが。仮面ライダーW 第48話 『残されたU/永遠の相棒』(前篇)

「ちょっと死んでみてください。」

翔太郎が殺されてしまう・・・。
フィリップが恐怖に駆られて叫んだ途端、若菜の身体は強い光を放った。若菜はフィリップの精神的苦痛に反応して能力数値が上昇していくのだ。ユートピアは吊り上げていた翔太郎の身体を地面に叩きつけ、狂喜の色を浮かべた。

「仲間を痛めつけられるのが、君の苦痛ですか?」

ユートピアはフィリップをいたぶる様に、ステッキで翔太郎の身体を強く突いた。とりあえず今すぐ殺す気はないらしいが、いつユートピアの気が変わってもおかしくない。その気になれば翔太郎の命など、一撃で消してしまえる力を持っている。危機的な状況には変わりはなかった。

「翔太郎!!今度こそ変身だ!!」

フィリップは必死な形相で叫び、サイクロンメモリを押した。
翔太郎もステッキで抑えつけられながらも内ポケットを探り、ジョーカーメモリを取り出してスイッチに指をかけた。わなわなと震える指先。
翔太郎、お願いだ・・・フィリップは翔太郎を見つめ、必死にそう呼びかけているようだ。
フィリップの依頼を受けた時、どんなに辛い事が待っていたとしても、「お前の為に耐えられない事なんてねぇ」・・・そう答えたはずだった。けれど・・・。

翔太郎は相棒から視線を外し、俯いた。
フィリップが永遠に消えてしまうなんて、耐えられない。
変身など、出来ない。

「翔太郎!!」

若菜の身体が輝き、ユートピアの手にある端末の数値が上がった。

「数字が上向いている。72%・・・もう一声!」

フィリップにさらなる精神的苦痛を与えようと、足元に転がっている翔太郎に向けて、ユートピアはステッキを振り上げた。その時。どこからともなく飛んできた赤い光球が、ユートピアの身体を弾き飛ばした。絶え間なく襲い掛かる光球に彼はじりじりと後退させられ、遂には変身も解けた。

助けに入ったのは意外な人物だった・・・いや、ドーパントと言った方がいいか。
タブー・ドーパントは左手に新たな光球を作り出しながら、加頭を睨みつけた。

「来人!早く若菜を連れて行きなさい!」

タブーの放った攻撃は生身の加頭を直撃し、彼は大きく飛ばされて壁に叩きつけられた。加頭はゆらり・・・と立ち上がり、肩越しに恨みがましい目で冴子を睨んだ。


「冴子姉さん・・・まさか・・・ボク等を助けて・・・?!」
「まさか・・・こいつの方が気に入らなかっただけよ。」

タブーはそっけなくそう言うと、加頭に向かってがむしゃらに光球を連打し始めた。自分の中に澱む思いを叩きつけるかの如く。それとも・・・冴子自身が気付かない、彼女の中にある家族への情愛がそうさせたのか。
タブーの集中攻撃を受けて加頭がいた辺りは激しい炎に包まれた。この業火の中で加頭は生きてはいられないだろう。タブーは攻撃の手を止めた。加頭順は全身から炎を吹き出して燃えながら、ゆっくりと振り返る。駆けつけて来た翔太郎達も我が目を疑った。生身のままタブーの攻撃を受けたのに・・・!!
加頭順は氷の様な冷ややかな目で冴子を睨み、真っ直ぐに近づいてくる。

「私、ショックです、冴子さん。
 死んでいるところですよ?私がNEVERでなかったら。」

死者蘇生兵士NEVER・・・!加頭順は大道克己と同じ、不死の兵士・・・いや、既に死んでいる人間だったのだ!

「この場は逃げなさい!来人!」

タブーは緊張した声でフィリップに声をかけると、加頭に向かって再び畳みかけるように光弾を連射した。だが、加頭は平然とした顔で眉一つ動かさずにユートピアに変身した。

冴子に促され、フィリップ達は大急ぎで意識を失っている若菜と大火傷を負って瀕死状態の竜の元へ戻った。今加頭と戦うのは拙い!とにかく一旦退いて体制を立て直す必要がある。冴子が・・・タブーがユートピアを足止めしている間に!しかし変身したユートピアは重力を操る力を使いタブーの光弾の弾道を歪め、こともなげに距離を詰めて、逆にタブーの身体を己の腕の中に引き寄せた。そして、フィリップの腕の中にいた若菜の身体も、ユートピアの引力に引き寄せられ奪われた。

ユートピアの杖の先から放たれた火球が、両者の間に炎の壁を作る。若菜を取り返そうと炎に向かうフィリップを亜樹子が必死に止め、引き摺るようにして連れて行った。
園崎の美しい姉妹を両手に抱え上げ、人間の姿に戻った加頭順は不敵に微笑んだ

「若菜さんを復活させる為に、来人君には後でゆっくり味わって貰いますよ?
 理想郷の力を。」



まさか加頭順がNEVERだったなんて!大道克己率いる不死軍団が劇場版の中に留まらずに、TVシリーズの方にまで食い込んで来るとは!物凄く贅沢な布石ですよね。劇場版のNEVERたちはとても人間臭くて感情豊かなヤツがいましたけど、堂本剛三とか京水とか京水とか京水とか(笑)大道克己も激しい野心丸出しでしたが、他の2人は、戦いは激しかったけどあまり表情が変わらなかった・・・かな?1回しか見れてないので自信ないですが(涙)自分の命が疑似生命だから、傷つく事も死ぬ事も怖くはないし、だから他人の命や痛みに対しても無感情、無関心になっちゃうんでしょうかねぇ。NEVERってのは。

随分と遅くなりましたが、事実上の最終回・48話のレビューでございます。


→続きを読む

web拍手 by FC2

THE 仮面ライダーズ 第4弾!が発売されるようです!

出ますね~。第4弾ですね~!楽しみですね~♪
これだけは何が何でも絶対に買い続けます!これまで発売された物は総てコンプしてますし。

今度のラインナップには、早くもオーズが登場です!

◆仮面ライダーOOO タトバコンボ
◆仮面ライダーOOO 未定
◆仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
◆仮面ライダー電王 ライナーフォーム

の4種類だそうです。オーズの未定コンボがなんなのか気になりますね。画像はとりあえずタトバコンボだけはあるんですけど、販売元のバンダイキャンディトイのサイトでも、まだ詳細は発表されていないんですよね。画像はざっと探したところではamazonにしかなかったような。

THE 仮面ライダーズ 4 BOX (食玩)THE 仮面ライダーズ 4 BOX (食玩)
(2010/10/20)
バンダイ

商品詳細を見る


amazonだとBOXしかないのかな。いくらなんでも10体はいりませんよね。もし会社勤めしてたら、半分は家に飾って、もう半分は会社に・・・みたいな事をやってたかもしれませんがw。
それにしても、オーズ!やっぱり色彩鮮やか!そしてカッコ可愛い!胸の模様が細かいです。
あああ、楽しみだわ~。

これまで第3弾(各4種)+番外編(5種類+7シークレット1種)が出ていて、番外編のシークレットも入れて18体全部持ってます。第4弾が出たら合わせて22体・・・。
そろそろ置き場所を考えないとならなくなってきました。ディスプレイ用の棚をなんとかしなくっちゃ。でもコレ!という、しっくりと自分のイメージに合う棚って、なかなか見つからないんですよね。出来れば一遍にパッと全部見れるように、7~8cm角のマス目様のものがあればいいなぁ。埃が入らないように、ガラスか透明アクリルの扉が付いてるよなヤツ。

それに、これから先このシリーズがどのくらい続いて、コレクションがどれだけ増えるのか見当もつかないし。統一したデザインで増設出来るのも条件の一つ。・・・なかなか無いですよね。


よし。

作るか。

無ければ作ってしまえ、ホトトギス。

あとは、棚の設置場所の確保のみ。
あ、マス目じゃなくてハニカムにすると可愛いかもしんない。
あああ、また面倒臭い事を考えるんじゃないよ・・・あたしってヤツは・・・orz・・・でも「いいかもしんない」とか思っている私がいる。ああ…頭の中にビジョンが浮かんじゃったよ、削除だ削除。
何のためにブログを休止するんだと。

【同日追記・・・いや、訂正】
外伝のシークレットは2体らしいのですよ。ツイッターのフォロワーさんから教えていただきました。たろささんありがとうございます!外伝はBOXで買ったので、コンプは出来ていると安心していたんですが、どうもウラにもシークレットがあったらしいんですよ。でもBOXの内訳はモモ3、ウラ1、キン2、リュウ2、デネブ2の10体だったんですよね。ウラはもともと1体しか入ってなかったのに。悔しいィィィ!
確か近所のあの店には、まだ外伝置いてあったはず!ダメもとでチャレンジだ!
なんとしても手に入れたいなぁ。ウラのシークレット。



随分と遅くなりましたが、拍手コメントをいただいておりました。
お返事が遅れて本当に申し訳ありません。
遅ればせながら、この場でお返事をさせていただきます。

◆8月27日付で『いつか未来で』の記事に拍手コメントをくださった仮面ゲスト様。

大変遅くなりましたが、コメントをありがとうございました。
のレビューをかき終わったら休止すると言いながら、諸処の事情で伸ばし伸ばしになっております。ようやく今、48話のレビューをかき始めておりますので、休止に入るのはおそらく今月下旬になるかと思います(^^;)悲しい事に影虎はいなくなってしまいましたが、当初の予定通りしばらくはお休みをさせていただきます。
私の書いた物を読んでくださってありがとうございます。時々は生存確認の記事をチョロチョロ書くかもしれません(笑)必ず戻ってきますので、その節はまたよろしくお願いいたします。

◆9月7日付で『ありがとうございました』の記事に拍手コメントをくださった仮面ゲスト RX様。

色々とご心配をおかけいたしました。お心遣いがとても嬉しかったです。まだ猫を見たり、動物の赤ちゃんを見ると胸が痛いんですが、我が家で過ごした影虎は幸せだった・・・という皆さんの言葉で、彼の短い生涯を憐れんだり後悔したりしちゃいけないんだと思えるようになりました。日常の時間は容赦なく行き過ぎてゆきますし、しばらくは痛みを抱えながらですけど、顔を上げて、笑って前を向いて行こうと思います。
ありがとうございました。

◆9月8日付で『ありがとうございました』に記事にコメントをくださった真・仮面ゲスト様。
メール、拝見いたしました!お返事を書こうと思っているうちにこんな事になりまして時間が開いてしまいました。すみません。ご心配をおかけしましたがもう大丈夫です。拍手コメントの笑顔で、じんわり温かい涙がこぼれました。ありがとうございました。
落ち着いたらまたメールしますね(^^)

web拍手 by FC2

仮面ライダーOOO、始まりましたね!

ちゃんとリアルタイムで見たんですが、あんなんでそんな有様だったので、まるで水底から見ているようでございましたけど、先ほどようやく録画を見直して新しい仮面ライダーをガッツリと堪能いたしました。

面白い!これは1年間楽しませていただけそうです。

→続きを読む

web拍手 by FC2

ありがとうございました。

影虎の事で、本当にたくさんの方から温かいメッセージを頂きました。
ご心配をおかけいたしました。
ありがとうございます。ありがとうございます。
皆様からの言葉は心にじんわりと浸みこんで、さらにいっぱい泣きました。
泣いて泣いて、流した涙の分、痛みや悲しみが薄まって和らいで、そうやって想い出になっていくのかもせれません。まだともすると突然涙が出てきたりするんですが、いつまでも蹲っているのもいけないなと思えるようになりました。

旦那は、影虎を失った心の虚を埋めようとするように、新しい仔猫を探そうと言っていましたが、いざペットショップの仔猫達の姿を見ると、あの子は目元が似てるとか、元気に育っていたら1カ月半もすればこの位の大きさになったのか・・・とか、どの仔猫にも影虎の影が重なって「やっぱり、まだ無理だ」と肩を落としておりました。それは私も同様で。

先日ニュースで、パンダの赤ちゃんが150gだった体重が今では700gを超えて・・・なんて話題を取り上げていたんですが、そういうのを見てもまだ胸が痛みますね。仔猫に限らず子犬でも他の動物の赤ちゃんも、可愛い、ほほえましいという気持ちも確かにあるんですが、やっぱり見ていて辛い。
小児救急についての特集コーナーなんかを見ていても、動物病院にも赤ちゃん救急があったら・・・なんて、つい自分勝手な願望を抱いていしまうんですよね。今回の件で一番切なかったのは、何回病院に連れて行っても「小さすぎて何の処置も出来ない」と言われた事なんですよね・・・。初日の健康チェックと最期の蘇生処置を入れると2週間で6回(うち2回が夜間救急)、影虎は病院のお世話になったんですねぇ・・・。確かに身体が弱かったのかもしれません。今考えると・・・。

やっと少しずつ笑って影虎の話が出来るようになってきました。
まだ新しい家族を迎える気持ちにはなれません。今、仔猫を迎えたら絶対に影虎の代わりにしてしまう気がするんですよ。それは絶対にダメです。他の仔猫を見ても影虎と重ならなくなったら、もう大丈夫・・・とカミサマが新しい出会いを与えてくれるかもしれませんね。それまでは。

とまれ、影虎と暮らした2週間を悲しい想い出だけにしたくないので、楽しかった事、可愛かった姿をいっぱい思い出して、私は日常に戻ろうと思います。

たくさんご心配をおかけいたしました。
皆様から頂いた思いやり、温もりにとても励まされました。
ありがとうございました。
本来ならばお一人お一人にお礼を申し上げたいところですが、このような形で感謝の気持ちをお伝えする非礼をお許しくださいませ。

                           2010年9月7日  路地裏のノラ
web拍手 by FC2

小さな命

9月3日の朝、影虎が亡くなりました。


こんなに小さいと人間だけの手で育てるのは非常に難しい・・・と診てくださる獣医さんが皆そうおっしゃいましたけど、皆様にたくさん励ましのお言葉をいただき、絶対に大きく元気に育ててあげようと、家族全員が協力し合って頑張ってみましたが、小さな命を守りきることは叶いませんでした。

好奇心旺盛でやんちゃで甘えん坊の影虎は、生後2週間を超えて体重は来た時の倍になり、最近では毛づくろいの真似事や、トイレの砂掘りの様な仕草も始めていました。後ろ足で耳をカシカシしようとしてひっくり返ったり、おしっこをしたくなると大きな声で鳴いて落ち着かなくなったり、籠から脱走してソロソロと探検し始めたり、急に私の手にじゃれつくように噛みついて遊ぶ仕草も始めていました。

9月1日、鼻炎の症状が出始め、鼻詰まりが辛いのかウトウト眠ってはすぐに起きてしまうんです。ミルクの飲みっぷりもいいし、目を離すと元気に籠から脱走して歩き回ってましたが、ゆっくりと眠れない影虎が可哀そうで、獣医さんに連れて行ったんです。

「これだけ小さいと、抗生剤も使いたくないですしね。この子の抵抗力にかけるしかないんですが」と、取り合えず生理食塩水で鼻を洗浄してくださったんです。そうしたら随分と楽になったようでした。ついでに健康状態もチェックしてもらったんですが、鼻炎の症状以外、特に問題はない・・・と言う事で、「利かないかもしれませんが」と、仔猫用にうんと薄い点鼻薬を出していただきました。

鼻洗浄の効果はそれから1日くらいは続いたでしょうか。ミルクもたくさん飲んで、元気に脱走を繰り返して、時折カーテンが風で揺れるのをじーっと見つめていたりしてました。
2日の午後になるとまた鼻がスピスピ言い始め、時折苦しそうにし始めたので、処方された点鼻を使いながら、鼻炎が完治するまで鼻の洗浄だけでもしていただくために病院に通おうかと考え始めた矢先です。

夜になって容態が急変したのです。
パニックを起こしたように大きな声で鳴きながら、もがき始めた影虎をすぐに夜間救急に連れて行きました。当直の若い獣医さんは、影虎の様子を見るなり

「状態は非常に良くないですね」と。

その時影虎は、息苦しさのあまり口を開けてハッハッと浅い呼吸をしていました。猫の開口呼吸は非常に良くない状態なのだそうです。

「このまま一晩、酸素室でお預かりしてもいいですか?」

獣医さんは一度はそうおっしゃったんです。でも、影虎は小さすぎて点滴も取れないし、気道確保も無理だから、ただ酸素室で様子を見るだけになってしまうという事なのです。場合によっては、環境が変わった事によるストレスで、一気に状態が悪化する危険性もあると。そうなった時、当直は一人なので手が足りずに十分な治療が出来ないと。

結局、翌日の9時から院長の診察があるので、今夜はとりあえず、前回の来院時に効果があった鼻洗浄をして、家に連れて帰って様子を見て、翌日9時から院長に診察をしてもらう方がいいと言う事になりました。
細い細いカテーテルに麻酔のジェルを塗って、鼻から挿入するんですが、影虎が小さな体で抵抗しまくって上手くいかない為、旦那が押さえて獣医さんが挿入して、私が注射器を押して洗浄液(生理食塩水?)を少しずつ入れる・・・と言うくらい、この時は影虎はまだ動けたんですよ。

影虎を家に連れ帰りました。一晩中影虎の傍で、細く作ったコヨリで鼻水を吸い取ったり、水も受け付けなくなった影虎の舌を、水を含ませた綿棒で何度も拭ったり、発作が起きるたびに身体をさすったりしながら、早く夜が明けないかとジリジリしながら夜明けを待ちました。
明け方、影虎が何度もくしゃみをして、少し白っぽい鼻水が出て、それでそれまで気管がゼロゼロと鳴っていたのが止み、少し楽になったのかようやく影虎は少し眠りました。でも。

約束の9時を待たずにかなり早めに家を出て、病院に向かう途中の車の中で、影虎が苦しそうに口を開けて2回引き付けを起こしたんです。舌が真っ白で、唇の赤がみるみる褪せて色を失くし、そして私の手の中で、影虎の呼吸が止まりました。驚いてすぐに口から息を吹き込んだり、身体をマッサージしましたが、小さな体はクニャリと柔らかくなって何の反応もありませんでした。

病院ですぐに蘇生治療を施して下さったんですが、とうとう1度も呼吸が回復する事は無く、あの子は戻ってきませんでした。影虎の身体は小さすぎて、酸素を供給するチューブを気管に挿入する事が出来ず、点滴をしようにも血管が細すぎて針が入らず、獣医さんも手の施しようがなかったんです。

院長先生はこうおっしゃってました。
母猫がこの仔を置いて行ったのは、この仔に何か欠陥があったという事です。おっぱいの吸いが悪いとか、身体になにか障害があるとか、身体が小さいとか。身体が小さすぎて治療が出来ないから、この仔の生命力次第だったが、こうやって亡くなってしまうのは淘汰されたという事なんですと。
そして、夜間救急の当直だった若い獣医さんも、「ここまで育ったのはむしろ驚異です」とおっしゃってました。

でもそんな事は、もうどうでもいいんです。
私たちはあの子の命を守ってあげられなかった。その悲しみだけです。

「今日は(会計無しで)このままお帰りになって結構です。
 お力になれなくてすみませんでした。」

と見送りに出てくださった若い獣医さんにありがとうございましたと頭を下げて、影虎を抱きしめて帰りました。

息子たちにもお別れをさせてあげる為に、身体が硬直する前に一番可愛い格好に整えて、ガーゼを敷き詰めた箱に寝かせて、氷を乗せました。旦那が泣いたのを見たのは初めてだったな。
旦那はそのまま会社に行き、ひとり家に残った私は、一日中泣いていました。


影虎がいない。影虎がいない。


掌にはまだ柔らかい毛並みも、温もりも、150gの重さも残っているのに、カシカシと私の指を噛んだり吸ったりしていた影虎の口の湿った温かさを覚えているのに、影虎はもういない。
籠の縁からひょっこりと今でも顔を出しそうで、ついついそちらの方に目が行ってしまうのだけれど、そこにはもう冷たく固まった影虎の身体が横たわっているだけなんです。まるで眠っているような格好で、でも柔らかく上下していたお腹も2度と動かない。

親に捨てられたこの仔の家族になってあげたかった。
ずっと幸せにのほほんと暮らして行けたらと思ってた。
たった18日間の命。うちに来てたった2週間で、影虎は。
あの仔の猫生は、幸せだっただろうか。温もりをあげる事が出来ただろうか。

9月4日、影虎を庭に埋葬しました。
最後に家族の一人一人が、影虎の身体を抱いて別れを言い、旦那が作った小さな箱に、ガーゼで包んだ影虎を寝かせ、たくさん作ったミルク入りの哺乳瓶を添えて、みんなの手で土をかけて埋葬しました。
そしてそこに、木の苗を植えました。

花の咲く木は、散るのが悲しい。落葉する木も寂しすぎる。
もう二度と影虎が散っていくのを見たくないから、一年中青々として、幼くして死んでしまった影虎の分まで大きく真っ直ぐに育つ様な、そんな木の苗を植えてあげよう・・・と、家族で決めたんです。
ちょうど影虎のしっぽのような、そんなイメージのゴールドクレストの苗を植えました。
まだ20cmくらいですが、大きく高く真っ直ぐに、ベランダに届くほどに育って欲しいです。


影虎がいた2週間―――。
「あいつはなんの為にうちに来たのかな・・・。」
息子がポツリと言いました。

仲はいいけど、最近はそれぞれが好き勝手な事をやっていて、なかなか一緒に行動するという事が少なくなっていた我が家ですが、影虎がいた2週間、家族全員が居間に集まっている時間がとても長かった気がします。「影虎、ただいま。」「影虎、行ってきます。」と事あるごとに籠を覗き込んでは話しかけていましたね。育児に追われる私を気遣って、ジュースを奢ってくれたり、肩を揉んでくれたり、家の事も手伝ってくれたし。

私自身もこの2週間、息子2人の赤ちゃんの頃を無性に思い出しました。
こんな事があった、あんな事があった、少しの異変も見逃すまいと張り詰めて、寝不足と疲労で毎日くたくただったけど、息子達の小さな進歩がいちいち嬉しかった。笑ってくれるととても幸せだった。

家族は大切。そんな当たり前の事を影虎は思い出させてくれた気がします。
ありがとうね、影虎。
影虎もずーっと私たちの家族だよ。

まだ思い出すと辛くて、突然涙があふれて止まらなくなっちゃうんですが、少し気持ちが落ち着いたので、影虎の最期の様子をここに書き留めておこうと思いました。この悲しみを忘れないため、助けてあげられなかった懺悔のため、そして影虎へのありがとうを込めて。

もしもコメントやリプを頂いても、辛くて悲しくて胸がつぶれそうでお返事できないと思います。どうぞお察し下さいませ。たくさんの方にご心配いただいて、心から感謝しております。
皆様のお声に支えられて、私も老いらくの育児をがんばれました。
本当にありがとうございました。

                              
                           2010年9月5日 路地裏のノラ web拍手 by FC2
今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Page Select
TOTAL Pages 1
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。