スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

東映ヒーローネット 3月1日受注開始

もうこの情報って周知のものなんでしょうか?
東映ヒーローネットで3月1日から受注開始の新商品です。

◆仮面ライダー ステレオヘッドフォン(サイクロンジョーカー)
東映ヒーローネットではまだ商品情報がUPされてないのですが、バンダイプレミアムの方に詳細が出ていたのでそちらをリンクしてみました。

東映ヒーローネットにも詳細が出たので、一応そちらも貼ってみたり。
◆http://www.toeihero.net/shopping/product_info.php?products_id=431

仮面ライダーW ステレオヘッドフォン(サイクロン ジョーカー)いつか出るかもしれないとは思ってましたが、出ましたねぇ!
(サイクロンジョーカー)って事は、これからヒートメタルとかルナトリガーとか出るんでしょうかね。全色そろえたくなっちゃうじゃんか。
いつだったか、ウォークマン用のイヤホンを買おうかと思ってお店をブラついていた時、左右の色の違うイヤホンを見つけて、友人との色だったらよかったのに!と悔しがった思い出が。イヤホンよりもっと自己主張の強いヘッドフォンですよ!
カッコいい!良いですね!欲しいです。


欲しいけど、私の耳はモノラル仕様だしなぁ。使えないなぁ…。
アクセサリーにするにはちょっと高価だし。う~ん、悔しい!

あと、やはり3月日受注開始の商品に、風都クンTシャツも発売されるそうです。
残念ながら写真も詳細もまだ見つからないんですけどね。デザイン次第ですが、これなら私でも!まさか子供サイズだけって事は無いと思うんですが…。

風都くんTシャツ、詳細が出たのでリンク貼ります。
◆http://www.toeihero.net/shopping/product_info.php?products_id=434&osCsid=f7616a32a3b8a544032b1780c0bfc99e


風都クンTシャツの情報を探して、あちこち検索してたら、不思議なコラボ商品を見つけたんですが。えーと…これは一体どういったコンセプトで、どういう経緯で作られたものなんでしょうか?
ご存じの方がいらっしゃいましたら情報をお願いいたします。是非。

◆三沢光晴×仮面ライダーWコラボTシャツ「HEROES FOREVER」Tシャツ

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

今日、新しいお友達が転入してきました。

年明けから、ウォークマン失くすわ、パソコン壊れるわ、HDD壊れるわ、一体何の呪いだ!というくらい、機械ばっかり不幸に見舞われてます。涙も枯れ果てサイフも軽くなりましたが、ここにきてプリンターまで事切れてしまいましてね。笑うしかないです、大笑い。

普段からそんなに使用頻度もないんですが、無きゃ無いで色々と不便なモノ。しょうがないから買いに行ってきました、プリンター。今までは Epson 製の物を使っていたんですが、使用用途や目的を考えてお店の人にお話を聞いて検討し『Canon PIXUS MP640』というのを購入。無線LANなのね、昨今は。技術の進歩って素晴らしい。
いちいちケーブルを繋がなくても印刷できるってのは面倒臭くなくていいですね。
これで約20,000円ですものね。
早く使いこなせるようにならないと。

余談ですが。
試し刷りは電王ライナーフォーム。ライナーフォームはいいぞぉ~!シアン・マゼンダ・イエロー!全部バランス良く揃ってるから試し刷りに最適♪




買い物に出たついでに、旦那とラーメン屋へ。
ちょいとにわか麺ブログになってしまいますが、珍しく写メ撮ってきたので乗っけてみたり。

◆壱鵠堂の胡麻辛味坦々麺 800円 です。
壱鵠堂

トロリと胡麻を主張した濃厚な辛味噌スープです。麺はやや太めのストレート麺。
辛さは、辛い物が好きな私にはちょうどいいけれど、旦那にはちょっと辛めらしい(^^;)食べれないほどではないですが。美味しかったです。また食べにこようかと思いましたもの。(坦々麺好きなんです)

ただ、かなりスープが濃厚で味もしっかりしているので、体調が悪かったりすると途中で辛くなってくるかもしれない…と思いました。冬のラーメン…という感じです。
★★★★☆】という評価で。



【INFORMATION】
仮面ライダー 第24話のレビューは明日UPします。

web拍手 by FC2

仮面ライダーW 第23話 『唇にLを/シンガーソングライダー』

「事件よ!依頼をするわ!」

たこ焼きでランチタイム真っ最中の鳴海探偵事務所のドアが勢いよく開き、物凄い形相のクイーンとエリザベスが入ってきた。

「事件て?ドーパント?」
「ドーパントじゃない!フーティック・アイドル!!

フーティック・アイドル。視聴者参加の歌謡番組だ。
毎回の挑戦者を退け、3週勝ち残れば無条件でCDデビューできる。
…とフィリップが端的に説明する。彼だって実際に見たわけじゃないんだろうけど。
オーディション番組って事ですね。全日本歌謡選手権…みたいな。

クイーンとエリザベスは、このフーティック・アイドルに挑戦し、2週目まで勝ち抜いたらしい。
ところが、これを勝ち抜けばCDデビューという3週目。彼女らの歌に会場は大いに盛り上がり、2人は勝ち抜けに十分に手応えを感じていた。にも関わらず、審査員は2人に最低の評価を下したのだ。

あ!!審査員席にいるあのお方は!!
アニソン界の帝王!アニキこと水木一郎さん!!(ネームプレートは『大貫一朗太』になってましたが)

還暦を過ぎてらっしゃるのに、相変わらず情熱の赤が良く似合います!
そして、仮面ライダーの主題歌、『W-B-X 〜W-Boiled Extreme〜』を歌ってらっしゃる 上木彩矢 w TAKUYAのお二人じゃないですか!!チープな番組セットに似合わない豪華な審査員です。
その豪華な審査員たちが。

「クズだね!クズ!」
「あなた達レベルはね、掃いて捨てるほどいる、クズよ♪」
「その程度のシャウトで、人の心は揺さぶれないゼェェェェ!!!!

ああもう素晴らしい暑苦しさです!(誉めてます)このまま永遠にシャウトしていて欲しいですね、アニキ!

クイーンとエリザベスに対する酷評に会場もざわめいた。彼女らの表情にも悔しさが浮かぶ。フーティック・アイドルは辛口のコメントが”売り”の番組らしいが、しかし彼女らが翔太郎に依頼をするほど憤りを感じているのはその事ではなかったのだ。
クイーンとエリザベスの勝ち抜けを阻んだ挑戦者のジミー中田という男が、実力で勝ったのなら納得もいくが、そいつは超ドヘタだったというのだ。絶対に審査に不正がある!だから彼女らの名誉のために調査して欲しい…というのが彼女らの依頼だ。

憤慨する2人に詰め寄られて、翔太郎が遠慮がちに言った。

「それ…なんかその…ジミーって奴の方が上手かっただけの話じゃ…ないのか?」
「じゃあ一度聞いてみなよ!死ぬから。」
「死ぬから!」

というわけで、亜樹子と連れだって、ストリートミュージシャンだというジミー中田のストリートライブを聴きに来た翔太郎。場所は路上パフォーマーが集まる広場。あれじゃない?と亜樹子が指差す先に、白いフォークギターを抱えた一人の男がいた。見た目イケメンの彼の歌を聞いてみようと立ち止まる数人の通行人の中に、花束を抱えてうっとりとジミーを見つめる女がいる。彼女は「あれ?結構イケメンじゃ~ん!」と破顔する亜樹子を疎ましそうに横目で見た。

「どうも、ジミー・中田です。
 今日も愛を込めて歌います…。ボクを取り巻く、すべての世界に…!
 聞いてください。『風都タワー』」

ジミーの声が広場に響き渡ったとたん、他のパフォーマー達が急に恐慌に陥る。近所に店も急いでシャッターを下ろし、人々は耳を押さえて広場から走り去っていく。一体何がはじまるというのか。

  『風都タワー』
  作詞・作曲:ジミー中田  歌:ジミー中田

  クルクルクルクル 風車が回る~
  クルクルクルクル 君が来る~

  ミルミルミルミル 君を見つめるぅ~
  ミルミルミルミル 好きになる~

  ヘルヘルヘルヘル愛情が減るぅ!
  ヘルヘルヘルヘルまるで地獄だ~

  シルシルシルシル 君を知りたい!
  シルシルシルシル 味噌汁(?)

  クルクルクルクル 風車が 回ってる~
  ゥワエェェェェwwwwwwイ!!(←奇声)


歌詞を起こして見ましたが、人々の阿鼻叫喚で聞き取れない部分も。
広場には白目を剥いた人々の屍が累々と横たわり…あ、別に死んじゃいないか。苦悶の表情を浮かべてのた打ち回る人々の悲鳴が響き、広場の上空を横切って飛ぶ鳩達が次々と墜落する。
亜樹子は腹痛を起こし、翔太郎は呼吸困難に陥って喉を掻き毟る…嗚呼、この世に地獄。


確かに、この殺人ソングが合格したのだとしたら、
どんな奴だってまず番組の不正を疑うのは自然だ。 



すんごい歌だ(笑)でも、ちょっと好きかもしんない。
ジミー・中田役の冨田佳輔さん、本当は歌はお上手だそうですよ、彼の名誉のため。

OPが上木彩矢 w TAKUYAさんご出演記念特別バージョンで豪華です!フーティック・アイドルのセットの前で歌って下さってます!わお!さすがに水木アニキは歌っては下さいませんでしたがw。


→続きを読む

web拍手 by FC2

FEB.21 JAEイベント ~トークショー~

全国3000万人のJ-MENファンの皆様、こんにちわ!
JAE愛の伝道師・ノラでございます。(ウソ)
イベントレポもいよいよトークショーに突入です。ひゃっほー。
レビューを書くにあたって、重要なお知らせです!ほとんど覚えてません!(←爆弾発言)
トークショーがどのタイミングでどこに入ったかとか、話す順番とか、ものの見事に飛んでます。
コラテメェ、そんなに前の席で一体何を観てきたんだコノヤロウと言われても、夢を観て来ましたとしか。だから、JAEさん、トークコーナーはカットしないでね。お願いします。
マズイなぁ、本当によく覚えてないっすよー。
どこでどなたが話された事なのか、順番がまるっきりひっちゃかめっちゃか。

トークショーのレビューを書く前に。



>acinonyxさん
いらっしゃいませ、はじめまして!拍手コメントをありがとうございます!
イラスト、喜んでいただけて本当に嬉しいです!!どうぞどうぞ、お持ち帰りください(^‐^)
イベントからもう1週間たっちゃうんですね。早いものです。まるで夢のようなひと時でしたよね。
私もだいぶ記憶が曖昧になってきましたので、レビューも怪しくなってまいりました。
DVD発売が待ち遠しいですねー。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!



それでは、トークショーです!
覚悟はいいか!ヤロー共!……いや覚悟するのは私の方か……。


→続きを読む

web拍手 by FC2

FEB.21 JAEイベント ~ショートストーリー その2~

ご飯を食べ終わったから続きを書こうかな。
ショートストーリーの続きです。やっぱり、お芝居を見るのが好きなんですね、私。
物凄く面白かったんですよ、このコーナー。
高岩さんが出てくるとまたワタワタして、記憶が定かじゃなくなるんですけどね。ダメじゃん。

【warning!】
ネタばれはちょっと…という方はここからご遠慮ください。
イベントに参加されなかった方は、コントのオチとか芝居の結末とか、DVD発売までお楽しみになさってくださいませね。4月発売だそうですので。


→続きを読む

web拍手 by FC2

FEB.21 JAEイベント ~ショートストーリー その1~

私のHDDってば、それでなくとも容量が小さいのに、ほとんどが高岩さんの映像で容量を食っちゃってるみたいです。それでなくとも動画はデータがでかいのに、今回のは特にサイズも解像度もでかいですからね。重くて重くて。しかも頭ン中に焼き付きを起してるし。1日に何度も固まっちゃうんで、そのつど再起動してるんですが、なかなか上手く再生できない部分が多いですねぇ。…一体何の話だ。
つまりは、記憶がところどころ飛んだり壊れたりしていて、クリアに思い出せないんですね。情けない。

一生懸命、私の本棚を検索してあのステージを思い出そうと思います。

と、その前に。

>がっつさん

拍手コメントありがとうございます!
そう言っていただけると、素直に嬉しいです!私はちゃんと書けてますでしょうか。この世界(笑)に深くハマっていくにしたがって、そして皆さまからいただいたコメントを読ませていただき色々な視点を知ることによって、私自身の考え方が、ブログ開設当初から少なからず変化して来ています。変な言い方ですが、”育てていただいている”というか、”勉強させていただいている”というか。ありがとうございます。
がっつさんもあの会場にいらしたんですね!やっぱり、思い出すと…ですよね(^^;)

【warning!】
芝居パート、書き始めてみたら意外と覚えていたので、ネタばれはちょっと…という方はここからご遠慮ください。芝居と言ってもシチュエーションコントっぽい物もあるので、オチが先にわかっちゃったら、DVDが発売されて観た時に新鮮味が無くなっちゃいますもんね。

→続きを読む

web拍手 by FC2

FEB.21 JAEイベント 限界Revolution~アクション

鳴り響く開演のベル。
照明の落ちた会場にあの曲のイントロが流れる。
幕が開き、スモークの中、舞台中央に背中合わせに浮かび上がる二つの影。
高岩さんと次郎さん。
彼らがおもむろに両サイドの調整室(?)を指差すと、下手側には押川さん、上手側には永徳さんの姿がスポットライトに照らしだされ、2人が宙へ身を躍らせる。
湧き立つ客席の後方から、永瀬さんとおぐらさんが舞台に向かって通路をかけぬけてくる。


心の準備をする間もなく、いきなりのこのかっこいい登場シーンで、ワタクシすっかり動揺してしまい使い物にならなくなりました。皆さんの衣装は『限界Revolution』のPVと同じでした?高岩さんは同じだった気がします。黒っぽいワイシャツに赤いネクタイ、黒いスーツ。帽子がなかったくらいでしょうか。
こんなに間近で高岩さんの姿を見れる機会なんて、もうないかもしれない…そう思うと目が離せなくなってしまいました。でも一瞬も目を離せずに見ていたからと言って、じゃあ高岩さんの一挙手一投足や細かな表情を全部覚えているかと言うと、情けない事に、これがほとんど覚えてないんですよ。ほんの十数メートル先に高岩さんがいる。それが総てでした。

前回のイベントはGロッソのN列…14列目で観ておりましたから、初高岩さんの緊張もありましたけれど、それでも至近距離で高岩さん達の気に当てられる事もなく、皆さんの表情もモニタ越しに見ていました。だから全体を見渡す余裕もあったんですね。でなきゃあんなに長いレポ書けませんもの。

ところで余談ですが、さっき『上手側には永徳さん』と打とうとして、変換したら『噛み手側には永徳さん』になっちゃって、思わずパソコンに突っ込みを入れてしまいました。誰が上手い事を言えと(笑)

『限界Revolution』、高岩さんは見どころ!とおっしゃってましたが、スピーカーが近くにあったのか伴奏が大音響で、お声がほとんど聞き取れてなかったんですよ、私。DVDが発売されたらしっかり聞きなおそうかと思います。高岩さんのハスキーで渋い、そして深い歌声を生で聴けたら良かったんですけど。
でもライブなんてそんなものですしね。臨場感や雰囲気、そして生の迫力を身体で感じるのが醍醐味かなと。
これでも若い頃はALFEEのコンサートに散々行きましたから(^^;)ライブというものは初めてじゃないので。わ~、懐かしい事を思い出してしまったw。

でも…生で観るJ-MENの皆さん、本当にカッコよかったんですよ。
歌の後のご挨拶で、高岩さんが「舞台裏でみんなで『歌詞とんだww!』『ダンスとんだww!』言ってましたしw」とおっしゃってましたけど(笑) 長い中奏の後のご自身のパートの入り・・のタイミングをはかるために、膝をポポンと叩いていたのだと告白もしておりましたしね。どなたか、マイクも入ってなかった…みたいなお話もされてたような気もします。
でも、そんな事を感じさせない本当にカッコいいステージでした。「え?そうだったの?」みたいな。
カッコよく魅せてしまうって、凄いなと思いますね~。やっぱり役者さん達なんだなぁ。歌詞とんだり踊りとんだりしても、動揺を見せず、カウント取りの膝ポンポンもカッコよく決めて魅せたり。臨機応変に状況に対応しなければならない現場で演じている方々ですもんね。
…あ、私、盲目的になってます?曇ってますか?目がハートになってます?すみません。
でもこのフィルタ、ちょっとしっかりくっ付けちゃったんで、暫くは外れないんじゃないかと…。

→続きを読む

web拍手 by FC2

30000HIT ありがとうございます!

仮面ゲスト様のコメントで気づきました!(教えていただいてありがとうございます!)
このところ、PCやら地デジカやらでどたばたと落ち着かない日々に加えて、限界Revolutionな毎日だったりFEB.21のJAEイベントだったりで、まったく気づいておりませんでした。

思いっきり高岩さんの事を語りたい!仮面ライダー愛を暴走させたい!特撮大好きヒャッホーという思いでこのブログを立ち上げて約1年5カ月。
ドサクサに紛れて おかげさまで30000HIT達成する事が出来ました。

コメントを寄せてくださる皆様、ありがとうございます!
拍手コメントを下さる皆さま、ありがとうございます!
拍手して下さった皆様、ありがとうございます!
無限に広がるネットの世界の中から、私の窓を見つけて足を止めてくださった皆様、ありがとうございます!

この約1年半の間に、言葉のやり取りだけでなく直接交流を持てる友人が出来た事を、幸せに思います。なかなか周りには高岩さんの話や仮面ライダーの話、特撮話をガッツリと出来る友人はおりませんのでね。
また、直接にお会いしたことがなくても、言葉を交わしていただける方が増えて、それがもう本当に嬉しいですね。なんだか、ホント、ずうずうしい事言って申し訳ないんですが、お会いしたことがないのに距離が縮まってくるような気がして。

「今年こそは、ブログをお持ちの皆さまの所にもお邪魔して、コメントを…!」と新年に誓ったのに、このところ気持ちに余裕がなくて、なかなか実現できないでおります。すみません。いずれ、お邪魔いたしますので、その時はよろしくお願いいたします。

本当は、御礼イラストをUPしなきゃなんですよね。20000HITの時も結局描いてなかったんですよね。あああ、すみません、すみません。描く描く言ってって、30000超えちゃいました。で、今回も描いてないわけですが。

また何にもないというのも面白くありませんよね。イラストのストックは無いし…。
あ!もともと高岩さんを応援したくて始めたブログですから、ここは先日描いた高岩さんのイラストを!
ちょっとセピアのしてみたんです。口元も少し直したし…。
高岩さんでとりあえず…というのも無礼千万はな話ですが。ちょっと大きめにUPいたしますので、(仮)という事で、どうかひとつ。
別のが描けたら差し替えます。たぶん。

クリックすると大きく表示されます。さらにクリックすると、もう少し大きくなります。

仮面ライダーのイラスト、構想は頭にあるんですけどね。なかなか描きだせない。
毎日描いてたら、もっとすんなりと描きだせるかな。

web拍手 by FC2

FEB.21 JAEイベント ~祭りの後~

前回、livedoorニュースで、たくさんの写真とともに素晴らしい記事を書いて下さった941さんが、今回も取材に行かれた事は、ついったーで存じ上げておりましたが、その取材の成果、livedoorニュースに、『俺達参上!!VS?!』の記事が更新されております!

こちら→http://news.livedoor.com/article/detail/4618958/

今回も写真が素晴らしいですね!皆さんが物凄く良い表情をしてらっしゃいます。舞台の様子を写した写真も数点。画像が綺麗ですね、さすがに。
そして、ファンならではの的を得たインタビューが、楽しいです。
高岩さんの「一発屋」発言は、941さんのインタビューからだったんですね。

開幕前のインタビューは、皆さんが語った言葉は記事になれば読めますけど、その表情や雰囲気などをファンはなかなか知ることができません。livedoorの記事は、そんな表情をとらえた写真をたくさん交えてくださるので、楽屋裏の雰囲気がとっても良く伝わりますよね。941さんいつもありがとうございます。

web拍手 by FC2

FEB.21 JAEイベント ~結論から言うと~

さて、結論が多すぎて、どこから書いたらいいのやら…というのが悩みどころなんですが。



結論から言うと、今回のイベントのDVDは4月発売(予定)です。予価 5300円。前回のDVDが4500円でしたから、ちょびっと高くなりました。その分収録時間も長くなるのかな。
会場ではアンケートが配られておりまして、私は記入時始めたんですが、なにせ冷静に自分の考えを纏められる状態ではなかったので、設置されていた箱には入れずに持ちかえってきました。これから記入して投函しようと思ってるんですが、『ご意見・感想~』欄に、演し物はなるべくノーカットで…と要望を書いておこうかと。間合いや抽選コーナー、それからPVメイキング(CD特典のものとあまり変わりはなかったのですが、レコーディング風景(音声無し)が一瞬流れました)は時間を取らなくてもいいかな、とか、『限界Revolution』は初っ端とラストに2回歌って下さったので、どちらか片方(私はラストの方に1票です)で良いかな…とか。
その分、皆さんの渾身の演し物とトーク部分をガッツリ収録していただきたいと思いました。
あれは保存すべきだわ…。そしてイベントに行けなかった方々に見ていただきたいと(笑)←?



結論から言いますと、今回は前回のほぼ2.5倍の皆さんが、このイベントに参加されたわけです。なのでおそらく、イベントれぽは既にそこここにUPされておりますでしょう。今回私は前の様なレポ連載をしなくともよいかな~なんて、サボる方向で考えているのですがww。

実は私、7列目で観ておりまして、だいぶ極限状態でございました。白状しますが、高岩さんが舞台に出られている間中は、ほとんど高岩さんから目が離せず、真綿で首を絞められるような…快感とも苦痛ともつかない恍惚とした状態の中で……なんのこっちゃ。
前回も感じたのですが、私の脳は目の前にいる高岩さんを『現実』と認識する事を拒否しているようです。ご登場した瞬間から、巨大スクリーン越しに観ている様な、そんな感覚でおりました。月並みな言い方だと夢を見ている…そんな風な。

だから、今朝起きた瞬間から、夢の余韻に浸っているみたい。ああ、なんかいい夢を見たな…という朝の目覚めに似て、しばし幸せな余韻に身を任せて、現実の世界の中でふわふわと漂いながら、終わってしまった…という寂しさを抱えている。まだ現実の世界に足を下ろしたくない。まだ昨夜の余韻が燠火のように胸の奥でじんわりと熱い。…そんな感じです。

目の前の高岩さん。あれは幻影じゃないんですけどね。何だろう。自分でもわかりませんし、ぴったりの言葉も見つからないんですけど…なにかこう…サンクチュアリ…的な存在なのかも。直接遭ったり見たりしてはいけない…そうするのが怖い…みたいな。ああ、やっぱりよくわからないw。なんでこんな風になるのか。

まだまともなレポが書ける自信がないんですねー、実際。
何度も同じ事書いてヤらしいなと思いますが、耳の影響で聞き取れない部分も多かったりしましたので、あまり期待されませんよう。ボチボチ書いてみようかな~…みたいな。(←弱気)

他にも色々、「結論から言うと~」という事が多いので畳みま~す。


→続きを読む

web拍手 by FC2

ああもう何を着て行こう。

遂に当日を迎えてしまいました、JAEイベント!
昨夜はなんやかんやで結局あまり眠れず、超寝不足状態での参加になってしまいました。何やってんだ私。
ああ、気もそぞろ…。おなかも痛い…。
直前まで別の事考えてないと、色々と崩壊するかもしれない。

今日販売の刷りたてほやほやの特写写真集『JAE NAKDE HERO』、先行販売だし買えなくてもまあいいかなと思ってましたが、CONTINUE50号の『JAE NAKED HERO』のメイキング見て、なんだか一刻も早く見たい気も…。無理だと思うけど。

それより今日何着て行こう…。
なんだか初めてのデートに出掛ける女の子みたいだ、私…。新鮮。
なに着てくも何も、この間買ったジーンズくらいしか。
結局いつもと変わらないけどね~。へっへっへ。

JAE STAFF BLOG プレゼントの受け付けについて更新されてましたね。プレゼント…。
バレンタインでネタが尽きて、悩んだ挙句にネタに走ってしまった。
笑って許してくれるよね、高岩さん。

あああ…早く支度しなきゃ…。とりあえず、チケットは忘れずに。


という事で、今日はレビューはUP出来ませんのでご了承くら…くだせ…★@×■*%$…。



拍手レスです。

>拍手コメントありがとうございます、がっつさん!

拍手ボタンの不具合、改善されましたか?よかったです(^^)
目線…高岩さんの目線は曲者です。雑誌などのお写真でもカメラ目線のものは、ドキドキしてしまって正視できません。描いている時は良かったんですが、出来あがりを眺めて見てドギマギし、さらにプリントアウトしようとして間違えてA4サイズめいっぱいに出してしまって、死にそうになりました。

他にも拍手下さった皆さま、見に来て下さった皆様、ありがとうございます! web拍手 by FC2

高岩成二さんを描いてみた

高岩さん あああ・・・!
なんかすみません!すみません!
つい出来心で。
限界超えて臨界点に達してしまったようです。

DVD見てたら描いてみたくなったんです。
勇気の導火線に、火を点けっちゃったんです。
あの光を信じて、情熱のままに描いちゃったんですぅぅぅw。

この手にびくとりぃ。






↓ちょっと修正してみた

→続きを読む

web拍手 by FC2

JAE NAKED HERO

高岩さんをはじめとしたJAEのかっこいい方々の特写写真集『JAE NAKED HERO』
いよいよamazonで予約出来るようになりました!
ああ…どうしよう。21日にイベントで購入出来るのなら、1日でも早く見たいし。
でも買える保証はないし。
…そうだ、21日が過ぎてからポチればいいじゃない。うふふふふ。

画像は<No Image>ですけど、せっかくなのでリンク張ってみましたー!
表紙画像は今すぐJAE staff blogへGO!
なんだか皆さん、髪型がえらい事になってます…。髪の毛がふわっふわ…。一体どんな写真が…。永徳さんがまるでネットの上のコムくn(ry 
…一抹の不安も感じますが、とりあえず21日の物販の情報もUPされています。

JAE NAKED HEROJAE NAKED HERO
(2010/02/26)
ジャパンアクションエンタープライズ おーちようこ

商品詳細を見る


web拍手 by FC2

Believe ~君は君のままで~

高岩さん→次郎さん→高岩さんと次郎さん→押川さんとおぐらさん→押川さん→おぐらさん→永瀬さん→永徳さん→全員…でどうでしょう!!歌ってる順番。自信ないですが。高岩さんとおぐらさんはなんとなくわかるんだけどなァ。…なんて言ってて違ってたりして。押川さんからあとはコーラスが入ったり、他の方(永瀬さんって噂も…)のお声が重なっているような。
サビは全員なのでしょうが、「傷つく時も」が永徳さんで、「キスするときも」が永瀬さん…かな?聞き分けが難しい…。


何回も聞いているうちに、B面(昭和〇年の生まれなもんでつい…。)の『Believe ~君は君のままで~』も「ああ、いいな」と思えてきました。ゲンキン。恋愛物に免疫がないもので、ちょっと歌詞が照れるのは変わらないんですが。(キスって単語だけで十分こっぱずかしい。)
優しい歌声に癒されます。この曲のPVがなくてよかった…と本気でホッとしています。

ところで『限界Revolution』、オリコンでシングルデイリーランキングで初登場27位に入ってますね。すごいじゃないですか!素敵な曲ですしね、男臭さが物凄くかっこいいですしね。もっと上位に行ったら、J-MENで歌番組…なんて事にもなるんでしょうか。
もしそうなったら…ちょっとフクザツですけど。

そうですね…「君は君のままで素敵さ!」…という事でしょうか。

それから、もう一つのサプライズ。
『JAE NAKED HERO』の詳細情報も出ました!
◆http://www.ohtabooks.com/continue/blog/2010/02/16215514.shtml

『俺達参上!』の舞台メイキング写真や、そうそうたる面々…白倉伸一郎さん、倉田てつをさん、萩野崇さん、鈴村健一さん、関俊彦さん、三木眞一郎さん、宮崎剛さん、田崎竜太さんなどのメッセージコメントも寄せられているようです。高岩さん達のお写真も楽しみですが、やはりロングインタビューやコメントなどの読み物が気になります。

160ページ!結構なボリュームですね!そして定価が1500円!!全国の書店には2月27日頃に並ぶそうなのですが、イベント会場でも先行販売されるようで。一刻も早く手にしたい…という方は多いだろうなァ…。21日に買えたらいいんだけど。
バーゲンには行った事がないので、人垣に突入できるかどうか…自信がないです(ノ_;)十年祭はの時は弾き出されてしまいましたし、先日のバレンタインデー商戦まっただ中のチョコレート売り場では、すっかり『急性この世アレルギー』になってましたし。あれは地獄じゃった…。

きっと当日の物販は、混乱の無いようにスタッフの方が頑張ってくださると思うんですが。
ま、当日買えなくとも、一週間待てばいいんですけどね…。うん。

楽しみ…楽しみって、写真集どころじゃないじゃない。
イベントは明々後日ですよ、あああああああああどうしよぉぉぉぉ!!

【追記】
昨日から延々見続けていて気付いたんですけど、皆さんの衣装がですね、お二人ずつ3組のグループになってますね。高岩さんとおぐらさんはネクタイと頭を包むタイプの帽子もしくはバンダナ。永徳さんと押川さんは、ハットとベスト、そしてノーネクタイ。次郎さんと永瀬さんは、インナーがTシャツもしくはノースリーブで帽子なし。
3人対3人になる時は違うパターンの服装がそれぞれお一人ずつ入るようにチーム分けされてますね。

もうそんな事どうでもいいくらい、一日何時間観てるんだ、私。一人暮らしだったら食べる間も寝る間も惜しんで見続けるかもしんない。牡丹灯籠か。

さてと…また観ようかな~っと。

web拍手 by FC2

限界Revolution!

届きましたー!
実は午前中に届いていたんですけど、今までずっとDVDをループ再生しておりました。
高岩さん達に歌は求めていない…とか言っといて、実際に目にしちゃったらもう。
ゲンキンな子でどーもすみません。

まだお手元に届いていない方などもいらっしゃるでしょうから、内容に触れる様な書き方は止めようと思うんですが…一体どんな風になっているのかと、見るのが怖いな~と思ってましたけど。
いやもう全然OKです、ワタクシ的には。

むか~しのJACの頃の某3人組ユニットのようにアイドルアイドルしていたらどうしよう…と思ってましたが、随分と(当然と言えば当然なんですが)男くさい映像でホッとしました。
あえて例えるなら一世風靡セピア…のようなイメージかな。ちょっと違うけど。
そらそうですよね…皆さんアラサー・アラフォーのおじ様方が集まって、いまさらアイドルなんて、そっちの方が不自然ですわ。

『限界Revolution!』覚えやすくて私は好きですね~。テンポも良くて。一回聞いただけで印象に残るフレーズが、2~3か所ありました。かっこいいですね。
イベントで生で聴くのが楽しみです。
B面(笑)は…バラードですかー。綺麗な曲ですが、歌詞が面映ゆい…。ムズムズしちゃう。
なんか照れます。

散々ご自分たちで「ダンスは苦手」とおっしゃってましたが、なかなかどうして、カッコ良かったですよ。皆さん、運動神経が素晴らしいですしね、それにとっても器用なんだな~と感心しました。結局、「やれ!」と言われたら、何が何でもやらなきゃならない厳しい現場ですから、すぐに対応できるように身体が出来ているんでしょうか?

やっぱり畳んだ方がいいかな…。という事で、こっから先は、私の個人的な感想です。
ちょっと内容に触れているかも…。
手元に届くまで楽しみにしていたい…という方は、念の為、この先ご遠慮ください。

→続きを読む

web拍手 by FC2

仮面ライダーW 第22話 『還ってきたT/死なない男』

「竜。いつから気づいていたの?」
「フィリップが君の右足の怪我を指摘した時だ。」

九条綾の問いに、照井竜は冷ややかに答えた。
I see…綾は頷き、それでも阿久津に復讐をする事を見逃してくれた…と竜を見つめた。竜もまた、愛する者を殺され復讐を果たしたい相手がいる。彼は綾にとって唯一の理解者なのかもしれない。
海に逃げた阿久津に手を下し、綾の復讐劇は幕を下ろした…はずだった。しかし。

「俺にメモリを渡せ。もう復讐は終わった。これ以上罪を重ねるな!」

竜の言葉に、綾は首を振った。

「No!まだ渡せないわ。今わかったの。
 溝口を死に追いやった本当の敵は…まだ他にいるという事が…!」

本当の敵は、ガイアメモリをこの街にばらまく組織…綾はガイアメモリの力を使って、さらに復讐を続けると宣言した。「そうか…」竜は静かに呟き、エンジンブレードを握り締めると、意を決したように彼女に斬りかかった。

「なら、仕方ない!!」

(翔太郎)が慌てて竜の後を追い、サイクロンメタルにチェンジして、綾に向かって振り下ろされようとしていたアクセルのブレードをシャフトで止めた。
またブチ切れやがって。変身解除した人間を攻撃したらどうなると思っているんだ…と必死にアクセルを抑えるに、アクセルは叫ぶ。彼女の為だ…と。

「翔太郎!彼女がいない!」

フィリップの声に二人が振り向くと、トライセラトップスのガイアメモリを持ったまま、綾は忽然と姿を消していた。変身を解いた照井に翔太郎が詰め寄る。

「答えろ照井!一体何考えてやがる!!」
「俺に質問するな…!」

竜は低い声で凄み、最初にあった時のような冷たく激しい目で翔太郎を睨みつけると、背を向けて行ってしまった。

「…あ"あ"ww!ったく!!」


→続きを読む

web拍手 by FC2

忘れられない人

世間ではバンクーバー・オリンピックが盛り上がっておりますね。実は冬季五輪は昔から結構好きだったりする。子供の頃からよく見ていたのはジャンプとフィギュアスケートでした。

特にフィギュアスケートのシングルは好きですね、今でも。今年は男女合わせて6人もの選手が出場なので今から楽しみです。女子の優雅な演技も好きですが、やっぱり男子のダイナミックな演技は見ていてココロオドルというか。

実は忘れられない選手がいるんです。
1998年長野オリンピック、男子シングルのフランス代表のフィリップ・キャンデロロ。
彼の演技が、あのダルタニアンが今でも忘れられないです。彼は銅メダルだったんですが、金や銀の選手よりもはるかに強烈な印象を残してくれました。テレビでフィギュアの競技会の映像を見るたびに彼のダルタニアンを思い出してしまう…。あの高揚感と感動を求めて男子フィギュア…というとついテレビに見入ってしまうんですが、未だにあれ以上の興奮と感動は見つけられずにいます。

彼の抒情性豊かでチャーミングな演技は、見ているとスケーティングの技術とか規定とか得点とか、そんなものがどうでもよくなってくるんですよね。オリンピックなのに。キャンディロロの表現の世界を観ていられる事が至福でした。そう考えると、競技会の選手というよりもエンターテイメント…プロスケーター向きの選手だったのかも。事実、その後プロスケーターに転向したようですしね。その後の彼を知りませんが。

バンクーバー・オリンピック中継を見ていて、ふとまたフィリップ・キャンディロロを思い出し、あのダルタニアンを見たくなり動画サイトを探したら出てきましたよ。嬉しくなって何回も観ています。

◆1998年 長野五輪 男子フィギュアシングル フィリップ・キャンディロロ『ダルタニアン』
http://www.youtube.com/watch?v=ahDcFzjvhN0&feature=related

この後のエキシビションでは、実際に剣を持って演技したり、宙返りしたり。まー本当に最高のエンターティナーでした。彼はイタリア系のフランス人なのだそうで、なんだか妙に納得。

べ…べつに髭を生やしているから惹かれたとか、そんなんじゃないですよ!
そんな…別に…髭が素敵だったからとか…そんなんじゃ…ヒゲ、好きだけどさ…

web拍手 by FC2

天装戦隊ゴセイジャー 始まりましたね。

そう言えば私の新しいPCは地デジチューナー搭載で、録画予約が出来るので先週からSHTを登録してあるんだっけ…という事を、ゴセイジャーがはじまった直後に思いだし、慌ててPC起動してケーブル繋いだのですが間に合わず、やむなく手動で録画ボタンをポチとしたので、OPだけ撮れませんでした。
本編は無事撮れてよかったよかった。
来週は忘れずにセットしなきゃ。習慣が身に沁みつくまで、張り紙しとこうかな。

日曜朝は起きたらPC起動!

そんなわけでバタバタしていてOPはゆっくり見れなかったのですが、内容には差し支えないですね。ちらりと見たクレジット、ゴセイジャーの5人の中の方々は、あちこちで見て知っておりましたが、悪者の方が、モンス・ドレイク=日下さん・流星のデレプタ=次郎さん・彗星のブレドラン=清家さん。大物揃いでワクワクします!勝てねぇ…この方たちにはかなわねぇ…って感じです。本当に宇宙くらい虐滅しそうなメンツ。次郎さんの悪役、好きなので燃えます。

中の人と言えば、wikiを見たら、ゴセイブルーのスーツアクターが福沢さんと伊藤慎となっていたんですが、今回の放送の中で伊藤さんのゴセイブルーがどこかに?

シンケンジャーレビューの最後にチラと書いたんですが、戦隊のレビューは書かないつもりです。
シンケンジャーは私のツボにドハマりしましたので書いたんですが、週2本の長文レビューは、なかなかプレッシャーでしたので、ゴセイジャーからはご勘弁願おうと。
その代り、短めですが感想は書けるときには書こうかな(←逃げ腰)


→続きを読む

web拍手 by FC2

めがね男子とイベント

昨夜遅くに 更新されたJAE staff blogを見て、すっかり気が動転したまま寝てしまったノラですおはよーございます…いや、もう昼近いですね。ご飯ならブランチの時間です。つか、気が付いたらもうお昼過ぎてました。
私の中の時計が…狂っている…。電池替えなきゃ。

いよいよFEB.21イベントに向けてのカウントダウンが始まりまして、前回はトリを務めた高岩さんがトップバッターでご登場です。いきなりだもの。こちらにも準備と言う物が。
ブログをされていた時にはじめて高岩さんのお書きになる文章を拝見して、その時から思ったんですけど、まったりのほほんとしていて、読んでいて和むというかなんというか…優しい文章ですよね。

ほんわかとほのぼのと読んでいて、最後にえらい目に遭いましたけど。
アップとカメラ目線はいけません。ダメです、本当に弱いんです。
スクロールしていって、お写真見たとたんに固まりました。動悸が止まらない。
これはもしかして…恋?(←違う)それとも更年期…(←否めない)

全身の毛穴が開くわ、動悸が治まらないわ、手が震えるわ、目は冴えて眠れなくなるわで。
ちょ~っと昨夜は使い物にならなくなっておりました。

→続きを読む

web拍手 by FC2

握手してきた!

『侍戦隊シンケンジャーショー 第4弾 モヂカラ集結!!最終決戦之幕』、昨日見てきました!
役者公演だし、祝日…という事で、えらいごった返しておりました。いつもこんななのかな。
今回で2回目なんですけどね、シンケンジャーショー。

前に行った時と同様、ロビーに陣太鼓が鳴り響き、殿が御出座されましてね。入場するお客さんと握手してくれます。「東京ドームシティーで僕と握手!!」ってやつですね。開場と同時にすぐには入ってしまわずに、脇の方から殿の写真を撮っている人がたくさん居るんですよね。私も人垣の隙間から何枚か撮ってきましたよ。

前回はカメラが上手く使えなくて、残念な写真しか取れなかったんですけど、人間好きな物の為なら、結構学習するもんですね。今回は結構うまく撮れたんじゃなかろうか。自画自賛。

◆殿のおな~り~               ◆殿とちっちゃい千明が握手
殿(壱) 殿(弐)

◆殿のアップ                  ◆こちらを見て手を振ってくれた瞬間。 
殿(参) 殿(四)

…撮れたっていってもこの程度ですか。自分的には上出来です!よくやった、私。


→続きを読む

web拍手 by FC2

殿とゆかいな侍たち

…に会いに行ってきます!

Gロッソの役者公演のチケットを譲っていただけたので(^^)
シンケンジャーは終幕を迎えてしまいましたけど、6月にはオリジナルストーリーでDVDも出るし、まだまだ終わらないですね。

生の丈瑠たちに会えるのも楽しみですが、聞くところによると、シンケングリーンに入ってらっしゃるのが渡辺智隆さんで、今回の公演で渡辺さんのきりもみ落下が見られるという事で、それが物凄く楽しみ♪目に焼き付けてきます。

web拍手 by FC2

さあ、私の罪を数えてみようか。

もともと波があったんですが、ここ数週間はどうも気持ちが浮上しなくて。今回は結構長引いてます。原因はなんとなくわかっているから、そこを何とかすれば、元気になれるんだけど。

ちょっとうっとうしい事を独りごちてますので、畳みますが、サラッとスルーしといてください。
それでも書くのは、懺悔の意味もあるかもしれない…。
教会の告解室で神父様に罪を告白するような…。

無宗教ですけどね、私。

→続きを読む

web拍手 by FC2

仮面ライダーW 第21話 『還ってきたT/女には向かないメロディ』

人気のない薄暗いビルの谷間で、二つの影がゆっくりと歩み寄る。

「今月分のリストだ。」

トレンチコートを着た男から書類の入った封筒を受け取り、黒スーツに白いスカーフの金田さんが…男が、札束で分厚く膨らんだ封筒を差し出した。互いが相手に渡された封筒の中身を確かめる。

「そこまでだ!氷室刑事!!」

二人に銃口を向け、照井竜が叫ぶ。隣にはへっぴり腰の真倉刑事の姿もある。

「超常犯罪捜査課の照井だ。」
「真倉だぁ!!」

警察か…黒服の男はさして慌てる様子もなく、村岡さn…氷室は両手を広げて抵抗の意思がないことを示して見せた。
ガイアメモリ流通業者に、警察内部の情報を流す内通者がいるという情報を掴み、竜は密かに氷室をマークしていたのだ。取引の現場を押さえられて言い逃れのできない状況に追い込まれた氷室は、傍らに立て掛けてあった鉄材を薙ぎ払い、身をひるがえして逃走を始めた。黒服の男がズイと前に出る。とたんにバラバラと数人の黒服たちが竜と真倉を取り囲んだ。彼らは一斉にガイアメモリを取り出すと、マスカレード・ドーパントに変身した。

金田さんの表情がりりしくてかっこいいです~…じゃなくて、マスカレード・ドーパントはコネクターがみんな首なんですねー。気のせいか生体コネクターが見えなかったんですけど。悪の戦闘員って久々だからなんか楽しいですね。JAEファン的に。あ、あの方がいる、あ、この方もいる!…みたいな。

突然、怪人軍団に囲まれて怯え動揺する真倉刑事は、足元に転がってきた鉄パイプに足を取られてひっくり返り、後頭部を強打して昏倒した。

「これで心おきなく…暴れられる。」

だらしなく伸びた真倉にちらりと視線を送り、竜はアクセルドライバーを取り出した。(なんか、ふつーに「変身」ってゆった!)仮面ライダーアクセルに変身した竜は、襲いかかるマスカレード・ドーパントを叩きのめす。



竜達の前から逃げおおせ、ホッとしたように汗を拭った氷室は、近づいてくる口笛に顔を強張らせた。

「この口笛…まさか…!」

不安げにあたりを見回す氷室の前に、1体のドーパントが姿を現した。

「久しぶりだな…氷室。」
「樋口か…?いや…お前…お前死んだはずじゃ…!!」



小うるさく群がる雑魚との戦いにさっさと決着をつけて、一刻も早く氷室を追いたいアクセルは、エンジンブレードにエンジンメモリを挿入し、マキシマムドライブを発動した。暗闇に輝く鮮やかな”A”!

「絶望がお前たちのゴールだ。」

マスカレード達は、一瞬で爆炎を上げて消えた。
雑魚を片づけ、アクセルは直ちに氷室を追う。しかし、アクセルが見た物は、謎のドーパントが放つ力によって跡形もなく消し飛ぶ氷室の最期の瞬間だった。

「まずは…一人。」

満足そうに呟くドーパント。口封じに消したのか?油断なくエンジンブレードを構えるアクセルに、そのドーパントは興味なさげに「どけ。貴様に用はない。」と言った。

「あいにく、こっちにはある!」

アクセルはドーパントに躍りかかった!しかし、そいつの出鱈目なパワーで壁まで吹っ飛ばされ、アクセルが体勢を立て直した時には、ドーパントの姿は消えていた。



せっかく追い詰めた氷室をドーパントに殺られ、しかもそのドーパントも取り逃がしてしまった。竜は変身を解き、昏倒している真倉の所に戻った。「おい…」真倉の頬を叩いて目を覚まさせようとする竜を、背後から銃口が狙う。

「ぅあ!!うしろーーっ!!」

目を覚ました真倉が、それに気付いて叫ぶ。その時銃声が轟き、マスカレードは胸を撃ち抜かれてゆっくりと崩れ落ちた。一体だれが…?!倒れたマスカレードの後方から一人の女が姿を現し、竜と真倉に警察手帳を示して「九条あや」と名乗った。

「本日付で、風都署超常犯罪捜査課に配属されました。
 Nice to meet you! 」



私は見ていなかったのでわからなかったのですが、旦那が「デカイエローだ!」と言ってました。
今回で、数年ぶりに刑事デカに返り咲いたわけですね(笑)

それにしても、今回の、芝居しているその後ろの方々が気になってしょうがない(笑)
冒頭からして「あ!!金田さんと村岡さんが、悪い事してる!!」とはしゃいで息子に怒られました(ノω;`)
だってさ…クスン。


→続きを読む

web拍手 by FC2

侍戦隊シンケンジャー 最終幕 『侍戦隊永遠』

遂に決戦の火ぶたが切って落とされた。

ドウコク率いる外道衆との戦いに決着をつけるため、切り札を引っ提げ、満を持して登場した真の志葉家一八代目当主、志葉薫。しかし渾身のモヂカラを込めた封印の文字も、半人半外道の薄皮太夫の身体を取り込んだドウコクに跳ね返され封印することは叶わず、万策は尽きた。それでも。

薫の養子となり、正式な志葉家一九代目当主となった丈瑠を旗頭に、侍たちは思いを一つにして起ち上がった。

封印できないのであれば、力づくで倒すしかない。
どうあっての外道衆を倒す!負ければこの世は終わる!

命を捨てる気など更々ない。絶対に勝つ。
強い覚悟と決意を胸に、侍戦隊シンケンジャーは、人の世を埋め尽くす外道衆のただ中へと斬り込んでいく!


三途の川の氾濫とともにこの世に乗り出した六門船の舳先に、敵の御大将・血祭ドウコクとその参謀・骨のシタリの姿がある。結界は破られた。三途の川の水は隙間という隙間から溢れだし、人の世は外道衆で埋め尽くされた。薄皮太夫のおかげでドウコクは水切れの心配もなくなり、封印の文字の脅威も消えた。牙を抜かれて、小うるさいシンケンジャーどもも、さぞや意気消沈し絶望してい

→続きを読む

web拍手 by FC2

やっぱり出ますか。

明日、遂にシンケンジャーが最終幕を迎えます。

思えば1年前。マスクのデザインを見て「ないわww」と思ったのがまるで嘘のようですね。
まさかこんなにシンケンジャーの世界に入り込んでしまうとは思いもよらず。
登場人物も一人残らず、正義は正義なりに、外道は外道なりに本当に魅力的だし、何より子供番組とは思えないしっかりとした設定と展開に魅了された1年でした。また台詞回しがいいんですよね。粋でリズムが心地いい。

…明日の最終幕が終わったら、もう次回はないんですよね。新番組は新番組で、竹内さん初レッドとか、蜂須賀さんがピンクの戦士とか、いろいろと中の人的には楽しみなのですけどね。それはそれとして。
もっと彼らを見ていたかったです。

…なんて思っていたら、出るじゃないですか。特別幕

帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕 特別限定版 (初回生産限定) [DVD]帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕 特別限定版 (初回生産限定) [DVD]
(2010/06/21)
松坂桃李相葉弘樹

商品詳細を見る


発売は6月21日になってますね。
出演は6人のシンケンジャーと彦馬さん、ゲストキャラの銀志郎役にマイケル富岡さん。
完全オリジナルストーリーのようですが、なんだか殿達がコスプレ姿も披露しているようです(笑)
詳細を見る限り特典映像も楽しそうなんですが、なんといっても見逃せないのが、初回限定版封入特典。

侍戦隊シンケンジャー超全集(約90ページ)

わお!豪華ですねー!内容はわかりませんが、90ページってそこそこのボリュームです。

監督はどなたなのか、脚本は小林さんが担当されたのか、詳細が書かれていないので、情報が待たれますが。
まさか某ライダーのように、DVDのつもりで作ったのにスクリーンにかかる事になった…なんてことにはならないと思うんですが、(もう発売日も決まっているし)嬉しいですね。また6月に殿達に会えるかと思うと。


ところで…まだVS観れてません...orz
いつ行けるかなぁ…。 web拍手 by FC2

侍戦隊シンケンジャー 第48幕 『最後大決戦』 其の弐

薄皮太夫はドウコクの腕の中で消えていった。

かつて茉子が垣間見た、人であった時の太夫…花魁薄雪は、自分を裏切った男を狂おしいまでに憎み、それでもなお愛し、決して満たされぬ思いと身を焦がす情念の炎に焼かれて、男を道連れに外道に堕ちた。
あの女とは死んでも結ばせぬ。たとえ外道と蔑まれても。
その太夫が。

あれほど執着した新佐の三味を自ら斬らせて手放し、ドウコクの腕の中で穏やかに微笑み逝ってしまった。

「薄皮…太夫…。」

身を固くして因縁の相手の最期を見届けた茉子が、その名を呟いた。
他のシンケンメンバーたちも、言葉もなくじっと見守っていることしか出来ない。
太夫が光に滲んでドウコクの中へと溶け入ると、ドウコクのひび割れた身体が元に戻った。

「おおおおおおおおおお!!!!」

ドウコクの長く尾を引く雄叫びは、太夫への弔いの咆哮か。もしかしたら、ドウコクは深く悲しんでいたのかもしれない。それがなんという感情なのかも知れずに。

→続きを読む

web拍手 by FC2

ミステリーアドベンチャーのような。

地デジアンテナの工事だったんです、今日。
お昼くらいに伺いますと朝電話があって、時間通りに工事が始まったのはいいんですが。

もう大変。分配機が見つからないの。

この家は中古で買ったものだから、TV端子が古くて、アンテナ立てただけじゃ画面がゲシュタルト崩壊…違う、画面がモザイクのように乱れて上手く受信できなかったんですよ。
なので家中のTV端子を新しい物に取り換えないとだめなのだと言われて、そこまでは良かったんですけどね。よくわからないんですが、「分配機を取り換えればいい」みたいな話になって。

「天井裏に入れるところはありますか。」って。

急に言われても、この家建てたのは前の持ち主さんだし、そこから息子と偶々遊びに来ていた息子の友人も巻き込んで、家を買った時にもらった見取り図をひっぱり出してきたり、家中の天井を叩きまくったりしたわけです。天井への入り口を探して。

そして遂に!天井への扉…もとい、屋根裏に入れる入り口を見つけたんですが、こwれwがw、天井板が、下から押し上げると簡単に開くんだけど、そこから斜めにしてもずらしても、なんとしても外れない。
工事の人が隙間から懐中電灯で照らしてみると、暗闇の中に分配機が!!

ところが、手が届かないんですよ。私は直接見ていないんですが、天井裏は狭く、ほふく前進しても身体が入らず、分配機の所まで行きつけないというのですよ。

何このミステリーアドベンチャーのような、立ちはだかる壁の数々。
もしかして、どこかにパスワードを入力するとか、秘密のカギが隠されているとか、キーワードを集めて謎を解くとか、アイテムを集めて祭壇に捧げると分配機に通じる扉が開くとか、あ、それとも秘境の村を訪ねて長老に会い神託を聞けとか…。

結局、多少費用がかさむけども各部屋の端子を取り替えましたけどね。
結局すったもんだで4時間くらい大騒ぎしてました。精算が終わった時はもう薄暗くなってましたし。

工事の方には本当に大変な思いをしていただいて、時間も取らせてしまって、その上5つ取り換えた端子のうち、2つ分をサービスにしますと、値引きまでしていただいて。
HOT缶コーヒー1本じゃ申し訳ないですけど、帰りがけにお渡しして、。彼は帰っていたわけですが。

まさかこんなに手間取るとは、誰も想いもしない展開でした。


…古の神のなんか…みたいな謎のアイテムが見つかったら楽しかったのに。
隠し扉とか。
web拍手 by FC2

リレーコラムJ-MEN 参上!

えーと。
これは一体?Web限定コラム?
第1回?ということは、これからあの方もこの方もコラムを書かれるということなのかな?

◆アニカンコラム
http://www.anican.jp/column/j-men_relay/default.aspx

第1回目は永徳さんです。お写真がとってもかっこいいです!
2月17日リリースの『限界Revolution』のジャケット写真もありますね。多分、このCDのプロモーション企画なのでしょうが、CDリリースの告知や意気込みだけではなく、永徳さんが今はまってらっしゃるモノとか、仮面ライダーアクセルを演じる上で永徳さんが感じた”やりがい”についても語られてますね。
それからFEB.21のイベントの告知も。

なんかとっても不思議だし、とっても失礼なんですけど、永徳さんの文章を黙読してるとなぜか語尾を強調して読んでしまう…。「永徳です。」「…演じさせていただいてます。」みたいな。
意識してる訳じゃないんですけどね、文章に永徳さんの素直な一生懸命さが滲みだしてるんですよね、きっと。脳内で自然と永徳さんのお声に変換されて再生されるんです(笑)

さて、次回は永瀬さんがご登場のようです。

次回…といっても第1回目がいつUPされたものかもわからず、第2回目がいつUPされるのか、全く分からないんですけどね。お気に入りに登録してマメにチェックしなくっちゃ!

web拍手 by FC2

侍戦隊シンケンジャー 第48幕 『最後大決戦』 其の壱 太夫の最期

もうね、今日中にレビューが間に合わないのと、冒頭の太夫の最期の部分だけで、どんだけ書くんだ私。みたいな事になってしまったので、レビューをわけてUPすることにしました。
ドウコクと太夫の艶っぽいやり取り、これって絶対に日曜日朝7時半からの子供番組じゃないよね。ほとんど深夜にやってる任侠映画みたいだよね。ね。


 

 「戻ったぜ。太夫」

 「ドウコク…!」

喘ぐように名を呼んで、太夫はドウコクの足元に崩れ落ちた。

 「てめぇが三味線手放すとはなァ。最後の音色…聴いたぜ。
  だが…昔みてぇな腹に沁みる音じゃなかった。ちっとも響いてこねぇ…。」

 「ふ…あれが本当の三味だよ…ドウコク。わちきは…初めて上手く弾けた…。
  これほど気が晴れたのは…数百年ぶりだ…。」

苦しい息の下で満足したように微笑んで、薄皮太夫がゆらりと立ちあがる。
その細腰をグイと抱き寄せ、ドウコクは低く呟いた。

「もう、俺が欲しかったてめぇじゃねぇな…。」

「昔の様には…弾けん。二度とな。」

そう言ってドウコクを見上げる太夫の顔は、穏やかに笑っているように見える。
愛しい男に裏切られ、情念の火を放って外道に堕ちた。道連れに三味へと変えた新佐はその内で嘆き悲しみ呻き続けて、どれほど胸に搔き抱こうとも決して太夫の男にはならなんだ。その狂おしいまでの情念と未練、そして満たされぬ心が、外道・薄皮太夫を形作っていたのだろうに。
腕の中で満たされたように微笑む太夫を見つめ、ドウコクは静かに囁いた。

「だったら…終わるか?」

「ああ…それもいいな…」

太夫はドウコクの胸にそっと顔をうずめた。
腰にまわしたドウコクの腕に力が込められ、太夫の身体がパキパキと軋む。薄れゆく意識の中で、太夫はずっと傍らに置いていたススコダマを、そっと離した。

「じゃあな、太夫。」

ドウコクが最後に強く抱き締めると、太夫の身体は光に包まれ溶けるように消えた。あとに残った内掛けが、ドウコクの肩からするりと滑り落ちた。


→続きを読む

web拍手 by FC2

仮面ライダーW 第19話 『Iが止まらない/仮面ライダーの流儀』

片平真紀子に振り下ろされたエンジンブレードは、メタルシャフトに止められた。
「貴様だけは生かしておかん!」真紀子に対して異様なまでの憎悪を燃やす照井竜=アクセルは、怒りの矛先を、攻撃を邪魔し真紀子を逃がしたに向けた。

「奴は俺のすべてを奪った”ダブリュー”のメモリの持ち主だぞ!!

「ダブリューのメモリとはなんだ…?」
「俺に質問するなぁぁ!!!」

激昂したアクセルは憤懣をすべてにぶつける様に、がむしゃらにエンジンブレードで打ちかかってきた。も必死に防御するが、激しい突きに吹っ飛ばされて地に転がる。
負傷して変身も解けてしまった翔太郎は、それでも必死に立ち上がり、同じ仮面ライダーとしてアクセルに問うた。

「あんた…仮面ライダーになるんじゃないのか?!
 罪を憎んでも、人は憎まない。
 この風都の人々が仮面ライダーに望んでいるのは…そういう心だ。」

「甘い…甘ったるいことを言うな!!」

照井竜の心の中に渦巻く憎しみは深く、翔太郎が言う仮面ライダーの流儀は彼にとってはただの”きれい事”でしかないのか。わなわなと堅く握りしめた拳を見つめ、アクセルは再び翔太郎にエンジンブレードを振り上げた。

「いい加減にしてよ!竜君!!」

亜樹子が刃の前に飛び出して翔太郎をかばう。まっすぐにアクセルを見つめる亜樹子の瞳を前にして、彼は我に返った。そうだ。翔太郎は関係ない。今ここでこの男を攻撃しても、それはただの暴力だ。
竜はブレードを下ろして変身を解いた。しかし。

「この街は腐っている。だから人も腐るんだ! 俺はこの街が大っ嫌いだ!!

暗く燃える憎しみの炎を瞳に宿し、照井竜は翔太郎を睨みつけてそう言い捨てると背中を向けて去って行った。
なんという憎悪。翔太郎は一瞬気圧けおされて言葉を失った。奴は、この風都を愛し守るためにこの街に来たわけではない。それどころか街も人も憎んでいる。
照井の片平真紀子に対する異常な憎悪…彼がこの街に来た理由は彼女に対する私怨を晴らすためのみなのか。
そんなものは正義ではない。

「照井竜ゥゥ!!」

翔太郎は傷ついた身体を引きずって竜を追おうとして、崩れ落ちた。



今回はしょっぱなから緊迫の場面です。
過去、照井竜の身に何が起こったのか。今回は竜のビギンズナイトが明らかに。

緊迫の冒頭なんですが、「俺に質問するなー!!」とブッ飛ばされた翔太郎。あ~あ、質問したのはフィリップなのに、翔太郎がボコボコにされちゃったよー、みたいな(笑) なんだか貧乏くじキャラが定着しつつありますね、翔太郎。

昨日発売されたヒロマの高岩さんと永徳さんの対談を読んでから、改めてvsアクセルのバトルをみると、また格別に面白いですね。本当は高岩さんたちはそういう裏側の事情に抜きに、画面から伝わる内因表現とか気迫とか、物語の中のキャラクターの立ち位置とか関わりとか、そういうものを見て感じて欲しいと思ってらっしゃるのでしょうけど、スーツの中の方々のファンとしては、表側からも、裏側からも作品を楽しみたい。なんてな。

それにつけても、OPの足首。何回見ても慣れない…(////

→続きを読む

web拍手 by FC2
今日の誕生石
ほねほね時計
FC2カウンター
ノラのつぶやき
最新記事
最新コメント
イラスト置き場
ご自由にお持ちいただいて結構ですが、公の場での無断使用、転用はご遠慮くださいませ。使用したい場合は、一言お声かけください。よろしくお願いいたします。
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Page Select
TOTAL Pages 2
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  09  08  07  06  05  04  03  01  11  02  07  03  02  08  07  01  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
プロフィール

路地裏のノラ

Author:路地裏のノラ
高岩成二さんのファンです。
仮面ライダー大好きです。
来世は絶対男に生まれ変わってJAEに入って、仮面ライダーを目指します。

検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。